こちら葛飾区亀有公園前派出所 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こちら葛飾区亀有公園前派出所 > こちら葛飾区亀有公園前派出所 (テレビドラマ)
こちら葛飾区亀有公園前派出所
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日19:56 - 20:54(58分)
放送期間 2009年8月1日 - 9月26日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 英勉
坪井敏雄
原作 秋本治
脚本 マギー
プロデューサー 瀬戸口克陽
高橋正尚
出演者 香取慎吾SMAP
香里奈
速水もこみち
伊武雅刀
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送
オープニング 両さんこちら葛飾区亀有公園前派出所
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は75分スペシャル(19:56 - 21:09)。
最終回は2時間スペシャル(18:55 - 20:54)。
テンプレートを表示

こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、秋本治の同名の漫画作品を原作とした日本のテレビドラマ

TBS系列2009年8月1日から9月26日まで毎週土曜日19:56 - 20:54[1]JST)に放送された。主演は香取慎吾[2]

概要[編集]

香取慎吾のTBSドラマ主演は『いちばん大切なひと』以来12年ぶり[3]。土曜20時台の連続ドラマでは、2008年4月期に放送された『ROOKIES』以来、週刊少年ジャンプ原作のドラマ化である。

当初、原作者の秋本治から「両津はラサールで」としたがラサールは「実年齢とキャラクターの年齢差がある」ため辞退(両津の父・銀次役での再オファーは快諾)[4]。ドラマ放送開始日と同日の2009年8月1日から、タイアップ商品としてコッペパンの「こっちぱん!?」(黒みつ&マーガリン)が山崎製パンより全国で発売された。

2010年2月10日にDVD版が発売。2011年8月6日に劇場版『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜[5]』が公開された。

キャスト[編集]

亀有公園前派出所
亀有商店街の住人
商店街の会長。通称「ご隠居」。
八百屋。通称「クマさん」。
魚屋。通称「ハチ公」。
派出所の近所に住む小学生
両津勘吉の両親

スタッフ[編集]

主題歌、挿入歌[編集]

こちら葛飾区亀有公園前派出所」(ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 - 小西康陽、歌 - 両さん

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2009年8月01日 笑って泣ける伝説の名作遂にドラマ化!!
両さんが日本を明るくします
英勉 12.2%
第2話 2009年8月08日 昭和タイムスリップ!! 運命の恋と別れ 11.3%
第3話 2009年8月15日 イケメン幽霊の悲しい秘密成仏(秘)作戦 坪井敏雄 07.6%
第4話 2009年8月29日 すれ違う父娘…人情結婚式で涙の再会 05.9%
第5話 2009年9月05日 恋の三角関係!! 麗子はワシの宝物だ!! 英勉 06.5%
第6話 2009年9月12日 両さんと中川が入れかわっちゃった!? 武藤淳 07.6%
第7話 2009年9月19日 2重人格!? 純情白バイ警官珍デート!! 坪井敏雄 07.9%
最終話 2009年9月26日 さよなら両さん!!
読者が選ぶ “泣ける” エピソード不動のNo.1
20年の時を越えて思い出の校庭で再会した
2人の涙と友情と約束のタイムカプセル
英勉 11.8%
平均視聴率 9.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

劇場版[編集]

こちら葛飾区亀有公園前派出所
THE MOVIE
〜勝どき橋を封鎖せよ!〜
監督 川村泰祐
脚本 森下佳子
高橋麻紀
十川誠志
製作 山田康裕
瀬戸口克陽
石丸彰彦
高橋正尚
福島聡司
製作総指揮 濱名一哉
飯島三智
出演者 香取慎吾
香里奈
速水もこみち
深田恭子
谷原章介
沢村一樹
夏八木勲
平田満
柴田理恵
ラサール石井
伊武雅刀
音楽 菅野祐悟
主題歌 両さん(香取慎吾)
三百六十五歩のマーチ
撮影 唐沢悟
編集 松尾浩
製作会社 TBSテレビ
配給 松竹
公開 日本の旗 2011年8月6日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 8億1700万円[7]
テンプレートを表示

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ ザ・ムービー 〜かちどきばしをふうさせよ!〜)のタイトルで映画化。2011年8月6日松竹系劇場で日本公開された。

概要[編集]

「こち亀」の連載開始35周年を記念して製作。出演者・制作スタッフもドラマ版とほぼ共通するが、両津の幼なじみの女性役に深田恭子、犯人役に谷原章介平田満、警視正役に沢村一樹、警察庁長官役に夏八木勲が、映画版のキャストに加わる。映画の内容はコメディの要素に加え、シリアスでなおかつサスペンスハードボイルド的要素も加えたストーリーとなっている。タイトルロゴはフジテレビ刑事ドラマ踊る大捜査線』(1997年)に準拠した物[8]を使用し、映画のタイトルも同作の劇場版第2作『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年)から捩った物である。キャッチコピーは「両さんが日本の元気を守る!」。

丸の内ピカデリー3他全国277スクリーンで公開され、2011年8月6、7日の初日2日間で興収9868万1550円、動員8万3146人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第7位となった[9]東京放送ホールディングス発表の興行収入は8.17億円、動員は73万人[7]。同作のテレビ放映は地上波での放送は未だ無かったが、2015年3月29日の19:00 - 20:54にTBS系で地上波初放送された。

あらすじ

行動が破天荒な亀有公園前派出所配属の警察官・両津勘吉(香取慎吾)はある日、小学生時代の幼なじみで旅芸人として日本中を旅している沢村桃子(深田恭子)と再会を果たす。桃子はシングルマザーで、小学生の長女ユイ(川島鈴遥)と二人で暮らしている。そんな中、ユイが何者かに誘拐され、両津たちは事件解決のためにあらゆる手段を尽くす。

キャスト(映画)[編集]

主要人物は#キャストを参照。

スタッフ(映画)[編集]

主題歌[編集]

ソフト化[編集]

2012年2月8日発売。Blu-rayとDVDでリリース。発売元はTBS、販売元はTCエンタテインメント。Blu-ray版にはカスタマイズメニュー機能(8種類)を搭載。

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜 通常版(1枚組)
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜 豪華版(2枚組)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
    • 特製アウターケース付きデジパック仕様

映像ソフト[編集]

こちら葛飾区亀有公園前派出所 DVD-BOX
2010年2月10日にTCエンタテインメントより発売。特典映像として、生放送ナビ&メイキング集、香取慎吾1ショットインタビュー、秘蔵打ち上げVTR、ゲスト インタビュー集、ゲスト クランクアップ集、「こち亀」思い出の写真館、「こち亀」ミニチュアセット紹介、ノンクレジットタイトルバック、宣伝SPOT集が入っている

その他[編集]

  • 本作で両津役を演じた香取は、アニメ版(2000年10月1日放送分)に慎吾ママとして出演経験がある。また第2話で慎吾ママのセリフである「おっはー」を口にするシーンがある。
  • 元々両津役にはアニメ版と舞台版でも両津を演じたラサール石井がオファーされていたが、ラサール自身が辞退したため香取が起用されることになった[10]。ラサールはドラマ版では両津の父・銀次役で出演している。
  • 前番組『MR.BRAIN』最終話では、「同じSMAPが主演であったこと」「本番組の宣伝」などの理由で、香取が登場している。また、本番組の最終回では木村・獅童・平泉などの『MR.BRAIN』のレギュラーが登場している。ただし、どちらとも、別の役での登場であり2つの作品が同じ世界観にあるわけではない。ただし本番組の最終回の終盤で香取演じる両津が『MR.BRAIN』のタイトルを話すシーンがあった。
  • 第1話は通常より15分枠拡大の21:08までの放送。また土曜21時枠の『日立 世界・ふしぎ発見!』が改編期・年末年始以外での、土曜20時枠の時間枠拡大による休止となった。
  • 第2話以降の冒頭(2分30秒)は生放送で、両津(香取慎吾)が中継先(第2話は葛飾区青戸盆踊り会場、第3話は川崎市中原区某所、第4話は千葉県船橋市の某所、第5話は横浜市のホテルモントレ横浜の結婚式会場、第6話は江戸川区の某幼稚園、第7話は池袋のニッテイライフ、第8話は葛飾区の亀有香取神社)から主題歌を歌った。
  • 亀有香取神社は第1回でもロケ現場(神主が神輿レースのスタート合図である法螺貝を吹いていた)となっているほか、原作にも何度か登場している[11]
  • 最終回は2時間スペシャルを放送し、エンディングでも両津が主題歌を歌った。エンディングの歌の部分は両国国技館で「こち亀」主題歌CDの初版出荷分に封入されていた応募用ハガキで抽選によって選ばれた観客を集めて撮影された。
  • TBS、北海道放送チューリップテレビ新潟放送中部日本放送は最終回が18:55 - 20:54に放送された(18:55 - 19:00は『もうすぐこちら葛飾区亀有公園前派出所!』が放送されるためフライングスタート扱いとなる)。それ以外の最終回が放送される地域は19:00 - 20:54に放送された。
  • 2009年12月31日NHKで放送された『第60回NHK紅白歌合戦』の企画「こども紅白歌合戦」では、審査員として香取慎吾が両津に扮して登場した。また、2011年8月14日に同じくNHKで放送された『MUSIC JAPAN』の「なつやすみ☆こどもスペシャル」回にも香取扮する両津がゲスト出演した[12]
  • 2011年夏公開の映画のため、2011年1月下旬 - 2月中旬頃まで亀有公園内に作中の派出所を模したセットを設置し、撮影を行っていた。
  • 2011年、フジテレビで放送された「FNS27時間テレビ めちゃ2デジッてるッ! 笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃ〜ん!!」での矢部浩之の100kmマラソンにおいて、TBSの夏サカスで矢部が給水をしている時に香取扮する両津が乱入。ちゃっかり、夏サカスのこち亀のブースや劇場版の宣伝をした[13]
  • 「香取慎吾の両津」は作者の秋本治に「1巻1話の頃の両津に似ている」と評されている(ぴったんこカンカンより)。

脚注[編集]

  1. ^ 初回は75分スペシャル(19:56 - 21:09)。最終回は2時間スペシャル(18:55 - 20:54)。
  2. ^ 過去にフジテレビでのアニメ版にて「慎吾ママ」役で出演したことがある
  3. ^ それに、半年前にやっていたテレビ朝日<2009>黒部の太陽以来である『いちばん大切なひと』で香取とW主演を務めた観月ありさは本作の3話でスペシャルゲストとして登場した。
  4. ^ ラサール石井が明かした「ドラマ『こち亀』の両津勘吉役でない理由」。”. ナリナリドットコム (2009年6月20日). 2011年8月9日閲覧。
  5. ^ タイトルは『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』のパロディ。
  6. ^ 約1年前に『ROOKIES』にも出演しているため、伊武は土8ドラマ枠において同作に続き週刊少年ジャンプ原作のドラマ作品に関わることとなる。
  7. ^ a b 平成24年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結) (PDF)”. 東京放送ホールディングス. p. 4 (2011年11月4日). 2012年5月26日閲覧。
  8. ^ 本家の「踊る(改行)大捜査線」ロゴが「こち亀」になっている。
  9. ^ 「仮面ライダーオーズ」首位強奪。「こち亀」は7位デビュー映画.com 2011年8月8日
  10. ^ ラサール石井が明かした「ドラマ『こち亀』の両津勘吉役でない理由」。” (日本語). livedoorニュース (2009年6月20日). 2016年10月5日閲覧。
  11. ^ 香取神社の両さん(亀有香取神社)
  12. ^ 同回には、実写映画『忍たま乱太郎』の加藤清史郎扮する乱太郎もゲスト出演しており、両津と乱太郎の実写共演となった。
  13. ^ フジテレビはテレビアニメの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の製作局である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


TBS系列 土曜8時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
MR.BRAIN
(2009.5.23 - 2009.7.11)
こちら葛飾区亀有公園前派出所
(2009.8.1 - 2009.9.26)
小公女セイラ
(2009.10.17 - 2009.12.19)