名犬ラッシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

名犬ラッシー』(めいけんラッシー、英語: Lassie)は、小説『名犬ラッシー 家路』(原題:Lassie Come-Home)を原作とする作品シリーズのタイトル、およびその主人公であるメスのコリー犬の名前である。"Lassie" とは、英語で「お嬢さん・少女」を意味する愛称的な言葉である。

ラッシーは映画テレビドラマテレビアニメなどの主人公になり、世界中で最も有名な犬の1頭となった。

オリジナル・ストーリー[編集]

ラフコリー(ラッシーはこの種類の犬)

ラッシーは、元来はイギリス系アメリカ人作家のエリック・ナイト (Eric Knight 1897-1943) が創造し、1938年のサタデー・イブニング・ポスト紙上に掲載した短編作品『名犬ラッシー 家路』の主人公である。この短編は、1940年に小説として単行本化された。

ナイトのオリジナルの話では、英国ヨークシャーに住む幼い少年が、類い希な美しさと気高さを持ったラフ・コリーを所有していたが、少年の一家が経済的な困窮に直面し、やむを得ずにラッシーを金持ちの貴族に売却した。少年と犬は別離を悲しみ、わけても[要説明]新しい所有者がラッシーを何百マイルも先の自分の領地があるスコットランドへ連れていったため、悲しみはさらに募った。しかし、ラッシーはコリーの持つ本能と勇気で逃げだし、小説はラッシーが故郷へと、彼女の愛する少年のいる土地へと、家路を辿る苦難の旅を描いている。

右の写真はラフコリーで、毛足の長い豊かな毛が特徴。ラッシーは、設定ではこの種類のコリーである。映画でラッシーを演じたのは、「パル (Pal)」 とその子孫たちである。

映画[編集]

映画のラッシー(フロリダ州

1943年に映画『名犬ラッシー 家路』が製作・公開された。この作品を皮切りに映画やテレビドラマなどが多数製作され、ラッシーは最も有名な犬の名前となり、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに顕彰される3頭の犬の1頭となった。あとの2頭は、名犬リンチンチンと名犬ストロングハート

名犬ラッシー・シリーズ[編集]

ラフ・コリー犬のパルがメインの犬を演じた作品郡。(リメイクをのぞく)

1943年:『名犬ラッシー 家路英語: Lassie Come Home)』
パルがラッシーを演じた最初の作品。ナイトの原作に忠実な内容であるが、タイトルにはハイフンが無い。
1945年:『名犬ラッシー/ラッシーの息子英語: Son of Lassie)』
上記の続編。パルがラッシーの子の雄犬「ラッディー」を演じる。ラッシーは別の犬が演じた。
1946年:『名犬ラッシー/ラッシーの勇気英語: Courage of Lassie)』
エリザベス・テイラー主演。テイラーは、1943年の映画「家路」にも出演している。原題・邦題ともに「ラッシー」とあるが、パルは本作には「ビル」という役名で出演している。
1948年:『ラッシーの主英語: Hills of Home (film))』
別名『故郷の丘』"Danger in the Hills" または "Master of Lassie"
1949年:『山荘物語英語: The Sun Comes Up)』
監督:リチャード・ソープ。交通事故で子供を亡くした孤独な声楽家と孤児との交流を描く人間ドラマ。
1949年:『ラッシーの試練英語: Challenge to Lassie)』
実在の犬「グレーフライアーズ・ボビー」の話をラッシーものとして映画化。
1951年:『名犬ラッシー 彩られた丘英語: The Painted Hills)』
監督:ハロルド・クレス。アレキサンダー・ハルの小説「彩られた丘」をラッシーものとして映画化。
2005年:『名犬ラッシー (2005年の映画)英語: Lassie (2005 film))』
1943年版のリメイク。日本では2006年12月23日に公開。
  • 主題歌(2005年の映画)

TVドラマ再編集映画[編集]

1954年から1973年まで続いていたアメリカのテレビドラマから抜粋して映画化した作品。

1963年:『名犬ラッシーの大冒険
シーズン9のエピソード「The Journey」を再編集およびカラーライズした作品。
1967年:『名犬ラッシー/ラッシーの“クーガーはともだち”
シーズン14のエピソード「Cry of the Wild」、「The Guardian」、「Starfire」を一つにした作品。
1967年:『名犬ラッシー/宇宙は近いぞ、ラッシー!
シーズン14のエピソード「The Lonely One」、「The Searchers」、「Countdown」を一つにした作品。
1968年:『名犬ラッシー/ラッシーの“愛こそすべて”
シーズン14のエピソード「Hanford's Point part1-3」を一つにした作品。
1972年:『名犬ラッシー/ラッシー、森を探検!英語: NEEKA)』
1978年:『名犬ラッシー/ロッキーを越えて英語: LASSIE: THE NEW BEGINNING)』
別題『ラッシー2』

そのほかの映画[編集]

1978年:『名犬ラッシー/走れ愛と冒険の3000キロ!英語: The Magic of Lassie)』
日本では1979年7月7日に公開。その時の邦題は『ラッシー』。また、他の作品と区別するために『ラッシーの魔法』と呼ばれる場合もある。
1994年:『名犬ラッシー (1994年の映画)英語: Lassie (1994 film))』
『ボクの名犬ラッシー』という邦題もある。

テレビドラマ[編集]

1954年に最初のテレビドラマシリーズ『名犬ラッシー』が、アメリカ合衆国で放送された[1]。その後もたびたび新シリーズが作られ続け、同国やカナダで放送されていた[2]

名犬ラッシー (1954年のTVシリーズ)[編集]

名犬ラッシー (1954年のTVシリーズ)英語: Lassie (1954 TV series)) 』
1954年-1973年もの間続き、シーズン19まであった人気番組。
名犬ラッシーの大冒険」「名犬ラッシー/ラッシーの“クーガーはともだち”」「名犬ラッシー/宇宙は近いぞ、ラッシー!」 「名犬ラッシー/ラッシーの“愛こそすべて”」等がエピソードを抜粋して映画化されている。
『名犬ラッシー』→『新・名犬ラッシー(TBS版)』
1957年11月3日からKRテレビ → TBSで(系列局も含む)、丸見屋 → ミツワ石鹸の一社提供で放送された。
1965年8月7日からはタイトルを「新・名犬ラッシー」とあらためて放送していた。ハウス食品工業(現・ハウス食品)の一社提供。
  • 主題歌(「新」TBS版)
    • 「すすめ!ラッシー」
      作詞:高杉直也 / 作曲:冨田勲 / 歌:杉並児童合唱団
  • 放送時間(TBS版)
    • 日曜 18:15 - 18:45 (1957年11月3日 - 1958年3月30日)
    • 日曜 18:00 - 18:30 (1958年4月6日 - 1958年4月27日)
    • 日曜 20:30 - 21:00 (1958年5月4日 - 1958年7月27日)
    • 土曜 20:00 - 20:30 (1958年8月2日 - 1959年10月3日)
    • 土曜 19:30 - 20:00 (1959年10月10日 - 1964年3月) - 朝日放送では火曜19:30枠で放送。
  • 放送時間(「新」TBS版)
    • 土曜 19:30 - 20:00 (1965年8月7日 - 1966年4月23日) - 朝日放送では火曜19:30枠で放送。
『新・名犬ラッシー(フジテレビ版)』
1975年1月6日からフジテレビ(系列局も含む)でエミー賞を受賞した1955・1956年のものを放送していた。
  • 主題歌(フジテレビ版)
    • 前期オープニングテーマ「名犬ラッシー」
      作詞:山上路夫 / 作曲:山下毅雄
    • 前期エンディングテーマ「帰ろうラッシー」
      作詞:山上路夫 / 作曲:山下毅雄
    • 後期オープニングテーマ「Oh Yah!ラッシー」
      作詞:山元護久 / 作曲:越部信義 / 歌:野口正見
    • 後期エンディングテーマ「やりずらいんだよ」
      作詞:山元護久 / 作曲:越部信義 / 歌:岡本茉利

*前期のテーマ曲は、歌手がフィンガー5になることに決まっていてレコードも発売されたが、レコード会社の契約関係によって番組では使われず、麻生よう子などが歌ったものに差し替えられた。なお、麻生バージョンの主題歌はレコード化されていない。

  • 放送時間(フジテレビ版)
    • 月曜 19:00 - 19:30 (1975年1月6日 - 1976年3月29日)

名犬ラッシー (1989年のTVシリーズ)[編集]

名犬ラッシー (1989年のTVシリーズ)英語: The New Lassie)』

1990年1月14日からNHK BS2で放送。

名犬ラッシー (1997年のTVシリーズ)[編集]

名犬ラッシー (1997年のTVシリーズ)英語: Lassie (1997 TV series))』

1999年6月10日からNHK教育テレビの「海外少年少女ドラマ」枠で放送された[3]
  • 放送時間(NHK教育テレビ版)
    • 木曜 18:45 - 19:09 (1999年6月10日 - 1999年12月2日)
KRテレビ 日曜18:15枠
前番組 番組名 次番組
名犬ラッシー
(1957年11月3日 - 1958年3月30日)
名犬ラッシー
(1958年4月6日 - 1958年4月27日)
※18:00 - 18:30
やりくりアパート
(1958年4月6日 - 1960年2月28日)
※18:30 - 19:00
KRテレビ 日曜18:00枠
週間スポーツ
※18:00 - 18:15
名犬ラッシー
(1957年11月3日 - 1958年3月30日)
※18:15 - 18:45
名犬ラッシー
(1958年4月6日 - 1958年4月27日)
連続テレビ映画 月光仮面(第2部)
(1958年5月25日 - 1958年10月12日)
KRテレビ 日曜20:30枠
名犬ラッシー
(1958年5月4日 - 1958年7月27日)
KRテレビ 土曜20:00枠
ブレーブ・イーグル英語版
(1958年2月1日 - 1958年7月26日)
名犬ラッシー
(1958年8月2日 - 1959年10月3日)
若君日本晴れ
(1959年10月10日 - 1960年4月30日)
※土曜19:30枠から移動
KRテレビ → TBS系列 土曜19:30枠
(本番組からミツワ石鹸一社提供枠)
朝日放送を除く
若君日本晴れ
(1958年6月21日 - 1959年10月3日)
※土曜20:00枠へ移動
名犬ラッシー
(1959年10月10日 - 1964年3月)
ミツワデラックスクイズ ショー・ダウン
(1964年4月4日 - 1964年10月24日)
TBS系列 土曜19:30枠
ハウス食品工業一社提供枠)
※朝日放送を除く
青春をぶっつけろ!
(1965年2月6日 - 1965年7月31日)
新・名犬ラッシー
(1965年8月7日 - 1966年4月23日)
とってもシアワセ
(1966年4月30日 - 1967年3月25日)
フジテレビ系列 月曜19:00枠
ゼロテスター 地球を守れ!
(1974年7月1日 - 1974年12月30日)
名犬ラッシー
(1975年1月6日 - 1976年3月29日)
ハッピーマンデー あつまれ!ドレミッコ
(1976年4月5日 - 1976年6月28日)
NHK教育テレビ 木曜18:45枠
ロビンソン一家漂流記
(1999年4月8日 - 1999年6月3日)
名犬ラッシー
(1999年6月10日 - 1999年12月2日)
15の不思議な物語
(1999年12月9日 - 2000年6月29日)

テレビアニメ[編集]

  • 名犬ラッシー

世界名作劇場』(フジテレビ系列)で1996年1月14日から放送された。全26話。

漫画[編集]

  • 名犬ラッシー

藤子不二雄藤本弘)著。 1960年から1961年まで講談社の『たのしい三年生』で連載。『藤子・F・不二雄大全集』の追加刊行された最終巻に収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ Lassie TV show”. TV Series Finale. CraveOnline. 2016年6月14日閲覧。
  2. ^ The New Lassie TV show”. TV Series Finale. CraveOnline. 2016年6月14日閲覧。
  3. ^ 番組表検索結果 | NHKクロニクル”. 日本放送協会. 2016年6月14日閲覧。

外部リンク[編集]