野生のエルザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

野生のエルザ』(やせいのエルザ、原題:Born Free)は、ジョイ・アダムソンによる実在のライオンを記録したノンフィクション作品。ベストセラーとなったのち、映画化・テレビドラマ化された。邦訳書は藤原英司による『野生のエルザ ライオンを育てた母の記録』で、1962年文藝春秋新社から刊行された。

ストーリー[編集]

1956年、ケニアの狩猟監視官であるジョージ・アダムソンは、人食い事件で雌雄のライオンを射殺し、その子供である三頭の赤ん坊を家に連れ帰った。ジョージの妻ジョイは、前例のない子ライオンの人工保育を成功させ、三頭はアダムソン家で育っていった。しかし、野生の生活を知らないライオンは檻の中で生きるしかない。ジョイは泣く泣く二頭をオランダの動物園に送ったが、一番小さいエルザだけはどうしても手放すことができなかった。

成長したエルザは近くの現地人の村で騒ぎを起こし、放し飼いを禁じられた。ジョージには、狩猟監視官に定められた一年間の長期休暇で英国に帰る日も近づいていた。動物園ならエルザは安全に暮らせると、ジョイを諭すジョージ。しかしジョイは、エルザを野生に返すという驚くべき決意を口にした。

三か月の猶予を得たジョイ達はサバンナにキャンプを張り、エルザに狩りを教えるための訓練を開始した。しかし、前代未聞の試みはなかなか上手く行かず、衰弱したエルザは重い病気を患った。日数も残り少なくなり、諦めかけた頃、ついにエルザは獲物を倒し、野生のライオンの群れに迎え入れられた。

その後、長期休暇に入ったジョイとジョージは、早めに日程を切り上げてケニアに戻り、エルザと別れた自然保護区を訪れた。エルザの姿を確認できないまま最終日を迎え、諦めてキャンプを畳もうとした時、三頭の子ライオンを連れたエルザが元気な姿を見せた。以前と変わらずジョイ達に甘えるエルザは、野生と人間界の懸け橋となったのだった。

映画[編集]

野生のエルザ
Born Free
監督 ジェームズ・ヒル
トム・マッゴーワン
脚本 ジェラルド・L・C・コプリー
原作 ジョイ・アダムソン
製作 サム・ジャッフェ
ポール・ラディン
製作総指揮 カール・フォアマン
出演者 ヴァージニア・マッケンナ
ビル・トラヴァース
音楽 ジョン・バリー
主題歌 マット・モンロー "Born Free"
撮影 ケネス・タルボット
編集 ドン・ディーコン
配給 コロンビア映画
公開 イギリスの旗 1966年5月14日[1]
日本の旗 1966年3月15日[2]
上映時間 95分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 永遠のエルザ
テンプレートを表示

映画版『野生のエルザ』は、1966年公開のイギリス映画である。1971年には、スタッフとキャストを一新した続編『永遠のエルザ』(原題:LIVING FREE)が公開された。

日本では、まず1972年1月3日にTBSの『月曜ロードショー』でテレビ初放送された。その後、1975年11月2日にNETテレビ(現・テレビ朝日)の『日曜洋画劇場』で放送された。

映画版キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TBS版 NETテレビ版
ジョイ・アダムソン ヴァージニア・マッケンナ英語版 馬渕晴子 二階堂有希子
ジョージ・アダムソン ビル・トラヴァース英語版 井上孝雄 柳生博
ケンドル ジェフリー・キーン英語版 吉沢久嘉 北村弘一
ジェームズ ロバート・S・ヤング 嶋俊介 仲木隆司
ヌル ピーター・ルコイエ 安田隆 上田敏也
ワトソン ジェフリー・ベスト 西桂太 国坂伸
その他 加藤治中川まり子佐久間あい野沢マキ

アダムソン夫妻を演じたマッケンナとトラヴァース、TBS版の吹き替えを担当した馬渕と井上、NETテレビ版の吹き替えを担当した二階堂と柳生は私生活でも夫婦である。

映画版スタッフ[編集]

日本語吹き替え版スタッフ[編集]

受賞とノミネート[編集]

東映まんがまつり[編集]

本作は、1975年7月26日公開の『東映まんがまつり』でもダイジェスト版で上映された。

同時上映作は『ちびっ子レミと名犬カピより 家なき子[注 2]、『グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突』、『宇宙円盤大戦争』、『がんばれ!!ロボコン ゆかいな仲間』、『秘密戦隊ゴレンジャー』、『仮面ライダーストロンガー』の計6本[3]

テレビドラマ[編集]

テレビドラマ版『野生のエルザ』は、1974年にアメリカで放送されていた全13回の連続シリーズである。

日本では、1975年1月6日から同年3月31日までフジテレビ系列局で毎週月曜 20:00 - 20:55 (日本標準時)に放送。

テレビドラマ版キャスト[編集]

テレビドラマ版スタッフ[編集]

フジテレビ系列 月曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
ジャンボクイズ100対100
(1974年10月7日 - 1974年12月30日)
野生のエルザ
(1975年1月6日 - 1975年3月31日)
命がけの青春 ザ・ルーキーズ
(1975年4月7日 - 1975年9月29日)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 映画『マダガスカル』でも使われている。
  2. ^ 1970年3月公開の『ちびっ子レミと名犬カピ』の改題短縮リバイバル版。

出典[編集]

  1. ^ Release dates for Born Free”. インターネット・ムービー・データベース. 2012年3月31日閲覧。
  2. ^ 野生のエルザ”. キネマ旬報. 2012年3月31日閲覧。
  3. ^ 松野本和弘 『東映動画アーカイブス にっぽんアニメの原点』 ワールドフォトプレス2010年、144頁。ISBN 978-4-8465-2795-2

外部リンク[編集]