マダガスカル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マダガスカル
Madagascar
監督 エリック・ダーネル
トム・マクグラス
脚本 エリック・ダーネル
トム・マクグラス
マーク・バートン
ビリー・フロリック
製作 ミレイユ・ソレア
音楽 ハンス・ジマー
編集 H・リー・ピーターソン
製作会社 ドリームワークス・アニメーション
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年5月27日
日本の旗 2005年8月13日
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $532,680,671[1]
次作 マダガスカル2
テンプレートを表示

マダガスカル』(Madagascar)は、2005年CGアニメーション映画ドリームワークス・アニメーション作品。ニューヨーク動物園から逃げ出した4頭の動物たちが繰り広げるコメディである。

物語の後半では、従来の擬人化動物ものが敢えて避けていた、肉食動物草食動物の共存がストーリーの焦点となっている。

2008年に続編『マダガスカル2』が製作された。

ストーリー[編集]

ライオンのアレックス、シマウマのマーティ、キリンのメルマン、カバのグロリアは親友同士。ニューヨークにあるセントラル・パーク動物園でそれなりに快適な生活を送っていた。しかし、ある日シマウマのマーティは、野生の世界への憧れから、動物園を脱走してしまう。そしてマーティの脱走を知ったアレックス達も、彼を動物園へ連れ戻そうと、脱走騒ぎを起こしてしまうのだった。結果、脱走は失敗に終わったが、動物達をアフリカケニアの自然へ送り返すことが決まる。そのアフリカ行きの船旅の途中で障害が発生し、4頭が流れ着いた先はアフリカ大陸ではなく、マダガスカルだった。

人間のいないマダガスカルの自然の中で、ニューヨークの生活にすっかり馴染んだ4頭の、新しい生活が始まった。

日本語版[編集]

日本語版の主要な配役には、専門の声優ではなく、俳優コメディアンが起用された。マーティ役の柳沢慎吾は、劇中にアドリブで自分のギャグを使用したことを、インタビューの中で明らかにしている[2]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]