ドナ・リード・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
番組ホステス・主演を担当したドナ・リード

ドナ・リード・ショー』(原題:The Donna Reed Show)は、1958年から1966年までアメリカ合衆国アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニーで放送されていたテレビドラマである。主演は番組タイトルにもなっているドナ・リードで、彼女が演じる主婦ドナ・ストーンを中心とする4人家族の情景を描いたホームコメディ作品となっている。

登場人物[編集]

ストーン家[編集]

1958年出演当時のメインキャスト。左上から順にドナ・リード、 カール・ベッツ、シェリー・フェブレー、ポール・ピーターセン
パティ・ピーターセン(前方)とドナ・リード(後方)
ドナ・ストーン
演:ドナ・リード / 吹き替え:富永美沙子
上流中産階級の主婦。18歳の時にアレックスと結婚した。
アレックス・ストーン
演:カール・ベッツ
ドナの夫である小児科医。ドナとはツインベッドで一緒に寝る。
ジェフ・ストーン
演:ポール・ピーターセン
ドナとアレックスの息子。
メアリー・ストーン
演:シェリー・フェブレー
ドナとアレックスの娘で、ジェフの2歳上の姉。ピアノの演奏が上手い。大学に進学するために家を出る。
トリシャ
演:パティ・ピーターセン
家を出たメアリーと入れ替わりに、ストーン家に養子に来た6歳の少女。

準レギュラー[編集]

デイヴ・ケルシー
演:ボブ・クレイン
ミッジ・ケルシー
演:アン・マックリー

ゲスト[編集]

この作品にはたびたびセレブリティがゲスト出演していた。野球選手のドン・ドライスデールウィリー・メイズのように、複数回登場するゲストもいた。

日本での放送[編集]

日本でも『うちのママは世界一』(うちのママはせかいいち)と題し、1959年3月から1960年8月までフジテレビで、1961年5月から1963年8月までラジオ東京テレビ → 東京放送(現・TBSテレビ)とTBS系列局で放送されていた。

TBSでは味の素の一社提供で放送され、テーマソングも歌詞に「お椀のマーク味の素」を入れた独自の曲(歌:楠トシエ)に差し替えられていた。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 日曜 20:00 - 20:30 (フジテレビ、1959年3月 - 1959年6月)
  • 月曜 20:00 - 20:30 (フジテレビ、1959年7月 - 1960年8月)
  • 火曜 19:00 - 19:30 (KRT → TBS、1961年5月 - 1963年8月)

外部リンク[編集]

フジテレビ 日曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
-
【開局前】
うちのママは世界一
(1959年3月 - 1959年6月)
フジテレビ 月曜20:00枠
うちのママは世界一
(1959年7月 - 1960年8月)
ゆかいなボゾ
(1960年8月22日 - 1960年10月31日)
KRT → TBS系列 火曜19:00枠
【本番組から味の素一社提供枠】
ダイラケ二等兵
(1961年1月3日 - 1961年3月7日)
【月曜21:15枠へ移動】

ロートものまねコンクール
【つなぎ番組】
うちのママは世界一
(1961年5月 - 1963年8月)
キャプテン・ゼロ
(1963年8月27日 - 1963年12月17日)