小林千登勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こばやし ちとせ
小林 千登勢
本名 山本千登勢
別名義 おっかさん
生年月日 1937年2月13日
没年月日 2003年11月26日(満66歳没)
出生地 大日本帝国の旗 朝鮮京畿道京城府
ジャンル 女優タレント
配偶者 山本耕一
著名な家族 山本麻利央(娘)
主な作品
テレビドラマ
春の坂道
鳩子の海
おしん
教養番組
おはようワイド・土曜の朝に
象印クイズ ヒントでピント
受賞
第13回芸術祭賞奨励賞

小林 千登勢こばやし ちとせ、本名;山本 千登勢<やまもと ちとせ>、1937年2月13日 - 2003年11月26日)は、朝鮮京畿道京城府(現:大韓民国ソウル特別市)生まれの女優。夫は山本耕一。愛称は「おっかさん」。共立女子高等学校卒業。

人物・経歴[ソースを編集]

戦後に福岡県八幡市(現:北九州市八幡東区)に引き揚げ、後に東京へ移る。

高校卒業後、文学座の研究生となり、1958年にNHKと専属契約を結ぶ。清純さの中にどこか哀愁を漂わせた美貌で人気を集め、馬渕晴子冨士眞奈美と合わせて「NHK三人娘」と呼ばれ、テレビ草創期のスターとなった。

1965年、山本と結婚。

1972年、一人娘・麻利央を出産。

フリーとなってからもテレビを中心に活躍し、1976年からは『おはようワイド・土曜の朝に』では3年2ヶ月司会を務め、『象印クイズ ヒントでピント』では14年間レギュラー解答者として出演する。気さくで飾らない人柄から「おっかさん」と親しまれた。

また、引き揚げ体験を題材にしたエッセーや童話も発表するなど、マルチな才能を発揮した。

1997年、疲労を訴え病院で血液検査を受けたところ「骨髄腫」の疑いありと診断(担当医師は夫の山本に「骨髄腫ならば余命5年」と宣告していた)。2000年には「多発性骨髄腫」と小林本人にも正式に診断結果を告知。死の約1年前からは腰痛の悪化に苦しむなど、闘病生活を送りながら芸能活動を続けていたが、2003年11月26日午前0時27分、多発性骨髄腫のため、東京都内の病院で死去。66歳没。

おもな出演作品[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

バラエティ[ソースを編集]

小林は前期~末期にかけて長期間出演し、多彩な博識ぶりと共にひょうきんな一面も見せていた。また司会の土居まさるからは毎回「おっかさん」と呼ばれ、女性軍且つ番組内最大のムードメーカーでもあった。

映画[ソースを編集]

  • 人も歩けば(1960年)
  • 珍品堂主人(1960年)
  • 金づくり無法時代(1961年)
  • 江戸っ子繁昌記(1961年)
  • 寛美の我こそは一等社員(1962年)
  • 無頼無法の徒 さぶ(1964年)
  • 赤い手裏剣(1965年)
  • 孤独の賭け(1965年)
  • 拳銃は俺のパスポート(1967年)
  • 花札渡世(1967年)
  • 無頼 人斬り五郎(1968年)
  • 喜劇ソレが男の生きる道(1970年)

CM[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

  • 『今日とあしたにかけて』日本文華社 文華新書 1977
  • お星さまのレール小林与志画 金の星社 1982 のちフォア文庫 産経児童出版文化賞受賞 
  • 『袖すりあうも嫁姑』主婦と生活社 1985
  • 『夫婦は異なもの妙なもの』主婦と生活社 1988
  • 『とらぬ狸の金算用 お金のマナーで器量が決まる』主婦と生活社 1991
  • 『されど道づれ嫁姑』主婦と生活社 1995

共著編[ソースを編集]

  • 『みとりみとらせみとられて 嫁に姑、小姑軍団』共著 中央法規出版 1986
  • 『嫁のタメ息姑のハギシリ』編 主婦と生活社 1989

外部リンク[ソースを編集]