春の坂道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
春の坂道
ジャンル ドラマ
放送時間 日曜20:00-20:45(45分)
放送期間 1971年1月3日-12月26日(全52回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
製作総指揮 硲光臣
演出 深町幸男 他
原作 山岡荘八
脚本 杉山義法
出演者 中村錦之助
小林千登勢
長門勇
原田芳雄
松本留美
芥川比呂志
京塚昌子
田村亮
清水綋治
倍賞美津子
土屋嘉男
内田朝雄
加藤嘉
若林豪
島田正吾
高橋英樹
舟木一夫
岸田今日子
中村芝鶴
奈良岡朋子
司葉子
市川海老蔵
山村聰
ナレーター 福島俊夫
オープニング 三善晃
テンプレートを表示

春の坂道』(はるのさかみち)は、1971年1月3日から12月26日まで放送されたNHK大河ドラマ第9作。全52回。初回視聴率19.1%、最高視聴率27.5%、平均視聴率21.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[1]

山岡荘八の書き下ろし小説『春の坂道』(後に『柳生宗矩』と改題)、および小説『徳川家康』を原作として杉山義法が脚色。泰平の世を築くために遠くて険しい「春の坂道」を歩んでいく剣術家・柳生但馬守宗矩の生涯を、家康秀忠家光の徳川三代の時代を背景に、「一紙半銭も私せず」の剣禅一如の精神とともに描いた作品。

概要[編集]

三姉妹』に続く大河ドラマオリジナル企画の第2弾であるが、実際に原作小説が書き下ろされたのは、この『春の坂道』が最初である。

主役の中村錦之助(後・萬屋錦之介)は山岡の指名によるものであり、既に内田吐夢監督の『宮本武蔵』5部作で相当の殺陣を見せていた錦之助は、この作品で尾型伸之介の指導により柳生新陰流を体得している。なお、後に錦之助は「萬屋錦之介」に改名した後も、映画『柳生一族の陰謀』(1978年東映)で同じ役で主演した他、テレビドラマ『柳生新陰流』(1982年、テレビ東京)、『柳生武芸帳[2](1990年 - 1992年、日本テレビ)でも宗矩を演じるなど、宗矩を生涯の当たり役とした。

収録開始にあたって、出演者の中に「大坂の陣で秀頼を死なせたのは家康の責任」という考え方の人間がいたのを山岡が知ったため、出演者を集めて原作の主旨を説明、歴史観などを周知徹底せしめた。

柳生石舟斎の鬼気迫る演技は、芥川比呂志の「石舟斎の死が、芥川比呂志の死につながっても」という意気込みの表れであったともいわれ、村松弥三を演じる長門勇の飄々たる演技とともに話題になった。

キャスト[編集]

太字は現存する最終話に登場

柳生家[編集]

徳川家[編集]

譜代大名[編集]

豊臣家[編集]

豊臣家家臣[編集]

外様大名[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

放送[編集]

特記が無い限りNHKクロニクルのNHK番組表ヒストリーで確認。

通常放送時間[編集]

  • NHK総合テレビジョン:毎週日曜 20時00分 - 20時45分
  • (再放送)NHK総合テレビジョン:毎週土曜 13時25分 - 14時10分[3]

放送日程[編集]

放送回 放送日
第1話 1971年1月3日 大和の蛙 その一
第2話 1971年1月10日 大和の蛙 その二
第3話 1971年1月17日 大和の蛙 その三
第4話 1971年1月24日 寺子屋大納言 その一
第5話 1971年1月31日 寺子屋大納言 その二
第6話 1971年2月7日 寺子屋大納言 その三
第7話 1971年2月14日 寺子屋大納言 その四
第8話 1971年2月21日 孤独太閤 その一
第9話 1971年2月28日 孤独太閤 その二
第10話 1971年3月7日 孤独太閤 その三
第11話 1971年3月14日 孤独太閤 その四
第12話 1971年3月21日 歴史は移る その一
第13話 1971年3月28日 歴史は移る その二
第14話 1971年4月4日 歴史は移る その三
第15話 1971年4月11日 歴史は移る その四
第16話 1971年4月18日 関ヶ原前夜 その一
第17話 1971年4月25日 関ヶ原前夜 その二
第18話 1971年5月2日 人間戦争 その一
第19話 1971年5月9日 人間戦争 その二
第20話 1971年5月16日 人間戦争 その三
第21話 1971年5月23日 人間戦争 その四
第22話 1971年5月30日 柳生の風 その一
第23話 1971年6月6日 柳生の風 その二
第24話 1971年6月13日 柳生の風 その三
第25話 1971年6月20日 次なる坂 その一
第26話 1971年6月27日 次なる坂 その二
第27話 1971年7月4日 大坂の陣 その一
第28話 1971年7月11日 大坂の陣 その二
第29話 1971年7月18日 大坂の陣 その三
第30話 1971年7月25日 人間曼陀羅 その一
第31話 1971年8月1日 人間曼陀羅 その二
第32話 1971年8月8日 人間曼陀羅 その三
第33話 1971年8月15日 人間曼陀羅 その四
第34話 1971年8月22日 人間曼陀羅 その五
第35話 1971年8月29日 元和の星辰 その一
第36話 1971年9月5日 元和の星辰 その二
第37話 1971年9月12日 子の陰、父の陰 その一
第38話 1971年9月19日 子の陰、父の陰 その二
第39話 1971年9月26日 子の陰、父の陰 その三
第40話 1971年10月3日 忠長卿始末 その一
第41話 1971年10月10日 忠長卿始末 その二
第42話 1971年10月17日 寛永武士道 その一
第43話 1971年10月24日 寛永武士道 その二
第44話 1971年10月31日 寛永武士道 その三
第45話 1971年11月7日 寛永武士道 その四
第46話 1971年11月14日 柳生月影抄 その一
第47話 1971年11月21日 柳生月影抄 その二
第48話 1971年11月28日 柳生月影抄 その三
第49話 1971年12月5日 柳生月影抄 その四
第50話 1971年12月12日 かくれんぼ その一
第51話 1971年12月19日 かくれんぼ その二
最終話 1971年12月26日 かくれんぼ その三

総集編[編集]

  • 前編:1971年12月30日 19時20分から21時00分
  • 後編:1971年12月31日 19時20分から20時50分

映像の現存状況[編集]

当時の放送用VTRは機器・テープともに高価だったことに加え、著作権法の縛りで番組の資料保存が制約されていたため、本作含む当時の大河ドラマは、放送後にマスターテープの中身を消去して他の番組制作に使い回していた。他の大河ドラマは、総集編や一部の回のみ保存されていた、というパターンが多いが、本作は総集編含め1話もNHKに保存されていなかった。

NHKではマスターテープが失われた過去の放送番組の収集(制作関係者や一般視聴者らへのビデオテープ提供の呼びかけなど)を進めており[4]、その結果、後にモノクロで録画された最終回「かくれんぼ その三」のVTRがNHKに寄贈され、現在では同話のみNHKアーカイブスで視聴が可能となっている。2017年2月24日には最終回をリマスター化したDVDが発売された。

脚注[編集]

  1. ^ ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
  2. ^ 但し、第2作目の「十兵衛五十人斬り」(1990年10月1日放送)のみ、テレビ版「柳生一族の陰謀」と同じく山村聰が演じた。
  3. ^ 一部放送日時の変更あり
  4. ^ NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
春の坂道