甘い結婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
甘い結婚
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1998年1月8日 - 3月19日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 和田行
演出 村上正典
加門幾生
脚本 中谷まゆみ
楠本ひろみ
プロデューサー 稲田秀樹
出演者 木梨憲武
財前直見
テンプレートを表示

甘い結婚』(あまいけっこん)は、1998年1月8日より3月19日まで毎週木曜日22:00 - 22:54に、フジテレビ系列の「木曜劇場」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は木梨憲武財前直見

ストーリー[編集]

中堅出版社で営業課長を務める唯野喜太郎は、多忙のあまり妻や息子を省みる余裕が無く、妻の麻子は、そんな生活に孤独や虚しさを感じ、趣味である小説を執筆することで気を紛らせていた。高校の同窓会に出席し、かつての友人で、やり手の女弁護士として活躍している南を羨んだ麻子は、すれ違いがちな夫婦生活を相談。南から、「幸せなふりをするくらいなら、離婚すればいい。」と言われ、戸惑う。そして、タクシーを拾い、帰宅しようとしたところ、酔っていたため、車にはねられそうになる。

キャスト[編集]

唯野家
立花家
林家
桜木家
その他

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 1998年1月08日 棄てられた夫 中谷まゆみ
楠本ひろみ
村上正典 18.8%
第2話 1998年1月15日 妻へのプロポーズ 楠本ひろみ 加門幾生 15.5%
第3話 1998年1月22日 夫の言い分妻の言い分 村上正典 13.4%
第4話 1998年1月29日 別れの理由を口にするとき
第5話 1998年2月05日 夫の決断・妻への誘惑 12.3%
第6話 1998年2月12日 最後の話し合い 楠本ひろみ 13.9%
第7話 1998年2月19日 さよなら麻子…家族崩壊 11.9%
第8話 1998年2月26日 妻が女に変わる時 加門幾生 15.0%
第9話 1998年3月05日 夫婦の運命を変えた夜 村上正典 13.9%
第10話 1998年3月12日 それぞれの再出発 加門幾生 13.1%
最終話 1998年3月19日 家族崩壊の果てに 16.8%
平均視聴率 14.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
フジテレビ系列 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
イヴ
(1997.10.16 - 1997.12.18)
甘い結婚
(1998.1.8 - 1998.3.19)
お仕事です!
(1998.4.16 - 1998.7.2)