腰痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

腰痛(ようつう)とは、に痛み、炎症などを感じる状態を指す一般的な語句。

世界における腰痛[編集]

国・地域によって、行政や学会の方針、文化や生活習慣が異なっても、腰痛の罹患率は比較的一定である。世界保健機構WHOの文書は、次のように述べている。「腰痛の罹患率や有病率は、世界の至る所でほぼ一定である。腰痛は、世界中で、休業する原因の筆頭である」[1]

欧州[編集]

腰痛の原因は姿勢にあるとの1976年のナッケムソンの指摘以降、欧州では就労中・家事労働中などの予防が行われている。

2004年の欧州委員会の腰痛診療ガイドラインによれば、ヨーロッパにおける腰痛の生涯罹患率は84%で、有病率は23%である[2]

米国[編集]

米国においても、多くの患者の腰痛は、原因を特定できない非特異的腰痛である。この点に関して、ナッケムソンは明確に学会の問題点を指摘している。米国では、腰痛により、1年間に日本円にして1000億円以上が失われていると計算されている[3]

日本[編集]

日本においても、腰痛が有訴率第一位(もっとも多い症状)であり、日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験している。多くの人々は腰痛を訴えているが、画像診断で異常が認められない場合も多い。異常が認められる場合でも、それが腰痛の原因でないこともあり、腰痛患者の8割は原因が特定されていない(非特異的腰痛)。

腰痛の種類[編集]

腰痛全体に占める非特異的腰痛の割合(厚生労働省による)


腰痛のうち、骨折、感染症、がん、変性疾患など、原因のはっきりしているものは15%ほどであり、残りの85%ほどは、原因のはっきりしない非特異的腰痛である[4][3]。画像検査で異常所見が認められても、それが腰痛の原因であるとは限らない。

特異的腰痛[編集]

特異的腰痛の場合は、各疾患ごとに、それぞれの特異的な治療を必要とする[5]。例えば腰椎の圧迫骨折では、骨折箇所を一定期間固定し、鎮痛剤を投与し、基盤にある骨粗しょう症を治療する必要がある。手術が必要な場合もある。


なお、一般的に言えば、病歴聴取と体の診察により、可能性のある特異的疾患を排除することができるので、画像診断などのお金のかかる検査は、慢性化した場合や治療に抵抗する場合に後日行うまで、通常は、差し控えておくべきである[5]

主な病名 状態 症状 検査 主な原因
MRI レントゲン
急性腰痛症
ぎっくり腰
筋肉痛、腰椎捻挫  腰痛 確定できない 老化
作業姿勢
重量物を運搬
激しい運動など
腰部椎間板症 椎間板の変形 長時間立つとつらい 必要
椎間板ヘルニア 椎間板が変形により突出 痛みの増大 痛み
しびれ
排泄障害
(重度の場合)
確定 下肢伸展挙上検査
腰部脊柱管狭窄症 椎間板突出による
脊椎脊柱管の変形
起床時も痛い 痛み
しびれ
麻痺
間欠跛行
排泄障害
(重度の場合)
確定 ミエログラフィー
変形性脊椎 椎骨間隙が狭小化。骨棘
骨粗鬆症 骨が薄くなる 骨量測定 高齢、閉経
腰椎
圧迫骨折
骨折 新旧 楔(くさび)形の変形 核医学的検査 骨粗鬆症
感染性脊椎 感染 棘突起叩打痛 発熱 体温測定 免疫低下、手術
糖尿病、高齢
心因性脊椎 神経症
心身症
不安
ストレス
腫瘍 良性腫瘍悪性腫瘍
(早期の専門医受診が必要)
痛みの増大
安静時も痛み
痛み
しびれ
四肢の麻痺
(重度の場合)
腫瘍

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄は、老人には非常にありふれており、画像診断でほとんどの老人には認められるが、たいていの場合には、それは腰痛の原因ではない[6]。それは、しばしば手術を行う根拠にされるが、その手術が成功して最終的に腰痛が軽快することはまれである[6]


痛みには、筋肉由来の緊張性腰痛と、鈍い痛みを伴う慢性の腰痛がある。

緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)[編集]

筋肉などに過度なストレスが掛かることで、筋肉が緊張することで引き起こされる腰痛である。過度なストレスを強いられると、交感神経は常に優勢になり活発化し緊張を強いられ、余計な他の筋肉などにも力が入る。すると崩れたバランスを調節しようと腰の筋肉に負担が大きくなり、腰痛が発生する。

慢性腰痛[編集]

腰痛が、3ヶ月以上継続する場合、慢性腰痛という。不安やストレスなどの心因性因子の関与が大きい。急性腰痛から慢性腰痛への移行は、しばしばイアトロジェニックである[7]

その他[編集]

緊急性の高い腰痛としては、致死性の高い腹部大動脈瘤大動脈解離、場合によっては致死性になる腎梗塞急性膵炎排尿排便が困難になることもある馬尾症候群などが挙げられる。

注意を要する腰痛としては、化膿性脊椎炎結核性脊椎炎硬膜外膿瘍椎間板炎などの脊椎感染症や、多発性骨髄腫やがんの骨転移などの悪性腫瘍の骨病変などがある。

非特異的腰痛を来たしやすい要因[編集]

  • 精神的要因(職場への不満、不安、ストレス、抑うつ)[3]
  • 肥満(BMI高値)
  • 妊娠後期(出産にて腰痛は軽快する)
  • 年齢(35歳から55歳)
  • 腰に負担のかかる職業(重量物の運搬、介護職、職業運転手)
  • 運動不足[8]

左右の脚長差は、あまり腰痛の原因にならない。腰痛の男女差は大きくない。

原因[編集]

欧州におけるガイドライン[9]によれば、腰痛は、疾患ではなく、症状である。腰痛の原因は、腰部に負担のかかる動作による腰椎・椎間板・神経などの障害、腫瘍などの特異的疾患による障害、の2つである。

腰部に負担のかかる動作による脊椎・腰椎・神経などの障害[編集]

1976年3月、整形外科ナッケムソンは、腰痛の原因を腰部に負担のかかる動作と解明した[10]

1999年、Wilkeらは、更に細かく約30通りの動作について数値を計測、ナッケムソンの研究を補足する形で追認した[11]

姿勢 !第3/第4腰椎の間の負荷
(ナッケムソンによる[10][12])
!第4/第5腰椎の間の負荷
(Wilkeらによる[11])
備考
寝ている あお向け 25 20 20分程横になると軽減する
毎日8時間横になると軽減する
横向き 75 25
立つ 直立 100(基準値) 100(基準値)
腰から前屈 150 220 この姿勢での長時間の作業は避けるべき
座る 背もたれにリラックスして座る 50 安楽椅子・リクライニング椅子で軽減する
直立 140 90
腰から前屈 180 160
立って20kgの物を持つ 直立し、ひざを伸ばす 220(*1) この姿勢での長時間の作業は避けるべき
腰から前屈し、ひざを曲げる 340
腰から前屈し、ひざを伸ばす 375(*2) 460(*3)
(腰部にかかる負荷の例) 立って20kgの物を持つ 265kg(*2) 172(*1)~316kg(*3) 体重・装備など重量計40kgの場合
360kg(*2) 236(*1)~428kg(*3) 体重・装備など重量計60kgの場合
455kg(*2) 300(*1)~540kg(*3) 体重・装備など重量計80kgの場合

腰部に負担がかかる動作の回避の遅れ[編集]

ナッケムソンは、2つの残された課題に警鐘を鳴らした。

予防
整形外科医の学会などで、整形外科医などに対して、腰部に負担のかかる動作をさせないよう知識を広め予防を働きかける啓蒙活動を求めた。
労働災害制度の抜け道を塞ぐこと
学会と政府などに対して、腰痛を「前の職場で抱えた永久に続く持病」「永久に労働災害保険の支払い対象としない」とする「古い労災保険制度」を温存せず、社会保障制度の抜け道を作らないよう方針転換を強く促した。日本政府は、「腰痛の業務上外の認定基準の検討に関する専門家会議」による議論の結果、1976年10月に腰痛の原因は業務上の作業および姿勢と制度的に認定し、必要な場合は専門医の意見を優先するとし、同一箇所への再発も労災の対象として認定している(業務上腰痛の認定基準等について)。

痛みの悪循環[編集]

ひとたび痛みが出現すると、その痛みは、図のような仕組みで悪循環に陥って慢性化することがある。

痛みの悪循環

診断[編集]

レッド・フラッグ(危険な徴候)[編集]

(出典は英語版Wikipedia「腰痛」)

レッド・フラッグは、重篤な疾患がある可能性を示す警告サインである
レッド・フラッグ[13] 可能性のある疾患[14]
がんの既往 がん
原因不明の体重減少
膀胱や消化管がコントロール困難 馬尾症候群
筋力のかなりの低下、感覚障害
臀部の感覚消失 (サドル麻痺)
年齢に比べてかなりの外傷 骨折
慢性的なステロイドの使用
骨粗しょう症
過去の腰部手術の部位に激しい痛み 感染
発熱
尿路感染
免疫抑制
静脈内への薬物投与

レッド・フラッグと呼ばれる徴候がある場合、重篤な疾患があるかもしれないのでさらに検査を行うことが必要である。重篤な疾患があれば、直ちに治療が必要だったり、特別の治療を必要とする可能性がある。[15][16]しかし、レッド・フラッグの徴候があるからといって、必ず重篤な疾患があるというわけではない。重篤な疾患がある可能性があるというだけで、[17][18]レッドフラッグを持つたいていの人は、大きな問題を持っていない。[14][19] もし、レッド・フラッグの徴候が全く無いのであれば、症状出現後4週間以内に、画像診断検査を行ったり、臨床検査を行うことは、有用でないことが示されている。[15]

多くのレッド・フラッグの有用性は、エビデンスによれば、あまり支持されない。[20] 骨折を見つけるための最も良い手がかりは、高齢の年齢、ステロイドの使用、皮膚に跡を残すようなかなりの外傷などである。[20] がんを見つけるための最も良い手がかりは、その人の病歴である。[20]

他の原因を除外できたのであれば、非特異的な腰痛を持つ人は、通常は、原因をはっきり特定すること無く、対症的に治療される。[14][19] 抑うつや薬物濫用など、診断を複雑にする要因を明らかにする努力や、保険の支払いに関する議論は、役に立つ可能性がある。[15]


日本のガイドラインでは、次の状態を危険信号としている。

  • 発症年齢が20歳未満、または50歳以上
  • 時間や活動性に関係の無い腰痛
  • 胸部痛
  • がん、ステロイド治療、HIV感染の既往
  • 栄養不良
  • 体重減少
  • 広範囲に及ぶ神経症状
  • 構築性脊柱変形(円背など)
  • 発熱

各国のガイドラインが共通して推奨する事項[編集]

  • 診断的トリアージを行うこと(非特異的腰痛、神経根症候群、その他の重症疾患を鑑別すること)[21]
  • レッド・フラッグを用いて、重症疾患をスクリーニングすること
  • 神経学的なスクリーニングのために、診察を行うこと(下肢伸展挙上検査を含む)
  • もし改善しないのなら、精神的な要因を考慮すること(イエロー・フラッグ)
  • 非特異的腰痛に対して、ルーチンの画像検査は必要ないこと

検査[編集]

下肢伸展挙上検査は、椎間板に由来する腰痛を診断することができる。この検査で陽性の場合は、MRIのような画像診断を行えば、腰痛に関係する椎間板の詳細を明らかにすることができる。(図は、L4-L5の椎間板ヘルニアを示している) 下肢伸展挙上検査は、椎間板に由来する腰痛を診断することができる。この検査で陽性の場合は、MRIのような画像診断を行えば、腰痛に関係する椎間板の詳細を明らかにすることができる。(図は、L4-L5の椎間板ヘルニアを示している)
下肢伸展挙上検査は、椎間板に由来する腰痛を診断することができる。この検査で陽性の場合は、MRIのような画像診断を行えば、腰痛に関係する椎間板の詳細を明らかにすることができる。(図は、L4-L5の椎間板ヘルニアを示している)

レッド・フラッグの症状がある場合や、改善しない神経学的な症状が続く場合や、悪化する痛みがある場合には、画像検査を行うのが望ましい。[15] 特に、がんや感染や馬尾症候群が疑われる場合には、早期にMRIまたはCTの検査を行うことが推奨される。[15] 椎間板の疾患を見つけるのには、CTよりMRIの方がやや優れている。脊柱管狭窄症を診断するには、両者ともに有用である。[15] また2、3の身体的な検査が有用である。[15] 椎間板ヘルニアでは、たいてい下肢伸展挙上検査が陽性となる。[15]


腰部椎間板造影検査は、高度な腰痛が持続する場合に、痛みの原因となる椎間板を見つけるのに有用であろう。[22] 同様に、神経ブロックのような治療的手技が、痛みの場所を突き止める目的で使用されることがある。[15] このように、椎間関節注射、変形硬膜外注射、仙腸関節注射を、診断的な検査として使用することを支持するいくつかのエビデンスがある。[15] その他の身体的検査、例えば側彎症の身体検査、筋力低下の検査、神経反射の減弱の検査などは、ほとんど使用されない。[15]


腰痛の訴えは、人が医療機関を訪れる最も多い理由のうちの一つである。[23][24] 多くの場合、痛みは、2、3週間しか続かずに、ひとりでに消えるように見える。[25] 医学学会のアドバイスによれば、もし、現病歴と診察所見が、腰痛の原因となる特定の疾患の存在を示唆しないのならば、エックス線写真やCT検査やMRI検査は不要である。[24] 患者さんは、CTやMRIによる画像検査を望むこともあるが、[26][27]レッドフラッグの症状が無いのであれば、そうした検査は不必要である.[23][25]ルーチンの画像検査は、コストがかかり、症状を改善させる効果の無い外科手術を受ける可能性が強くなり、 [28][29]浴びる放射線が体に悪影響を及ぼす。[28] 痛みの原因を特定できるのは、画像診断の1%以下に過ぎない。[23] 画像検査は、害の無い異常を見つけて、必要のない別の検査をさらに受けるように患者さんを仕向け、患者さんを不安にする。[23]しかし、そうは言うものの、米国のメディケアの統計によれば、1994年から2006年までに、腰部MRI検査の件数は、300%以上、増加した。[30]

非特異的腰痛の治療[編集]

活動障害の場合[編集]

安静・投薬・コルセット等の対症療法が一般的である。また、鍼灸[31]柔道整復も治療法として一般に広く認知されている。

安静
安静は必ずしも有効な治療法とはいえない[32]。急性腰痛に対して痛みに応じて活動性を維持することは、ベッド上安静よりも疼痛を軽減し、機能を回復させるのに有効である[32]
職業性腰痛に対しても、痛みに応じて活動性を維持することは、より早い痛みの改善につながり、休業期間の短縮とその後の再発予防にも効果的である[32]
運動
痛みと平行して運動を行う。脳から末梢へ下行性の抑制が働く。運動により痛み自体が改善する。運動には抑うつ作用もある。運動には、ストレッチ(関節可動域訓練)、筋肉トレーニング(筋力増強訓練)、正しい姿勢保持がある。腰痛では、腹筋と背筋を鍛える。運動の効果は、全ての腰痛ガイドラインで最も高いエビデンスがある。
教育
教育(情報提供)も重要である。「体の活動性を維持し、運動を行い、あまり休まずに、仕事を続けるように」とアドバイスを受けると、腰痛の予後は改善する[33]
ぎっくり腰のような姿勢に起因する急な激しい痛み
対処法として、最初に患部を冷やすことが肝心である。これは他の急性筋肉疾患でも同様だが、冷やすことで炎症の亢進を抑えて疾患の拡大(腫れ・疼痛)を出来るだけ小さくするための処置であるので、可能な限り早く冷やした方が治療効果も高く痛みも少ない。急性期を過ぎた後は、今度は出来るだけゆっくりと温めて血流を良くすると筋の復帰も早い。腹圧を上げる為のコルセット着用も効果的である。下肢の痺れ・感覚鈍麻・歩行困難等が顕れるような場合は、椎間板ヘルニア等の恐れもある為に病院の診察が必要である。
寒冷療法
寒冷療法は、日本では、広く行われている。痛みを伝える神経は、冷やされて機能低下が起こり、痛みをあまり伝えなくなる。また冷却により炎症反応が押さえ込まれと、局所の浮腫が改善し、浮腫による神経圧迫が改善し、当面の痛みは減る。しかし、急性腰痛は、原因不明ではあっても、元来はself-limited で予後の良い疾患である。炎症反応などは正常の防衛反応であり、そうした正常の修復過程を妨害しない方が良い場合がある。寒冷により、血管は収縮し、血流は低下し、虚血を引き起こし、体の組織は正常の機能が果たせなくなる。そして、さらに痛み物質が放出される。寒冷障害により、急性腰痛は、遷延して悪化し、慢性腰痛となる。下記のように、アメリカの腰痛ガイドラインは、腰痛に対して、寒冷療法を推奨していない。
支持療法(コルセット、腰ベルト)
世界保健機構WHOの腰痛イニシアティブは、次のように述べている。「コルセットを長期に使用すると、骨粗鬆症を出現させ、腹部の筋肉を弱体化させる。痛みを我慢できるようになったら、直ちにコルセットを外さなければならない」。英国国立医療技術評価機構NICEは、次のように述べている。「(腰の支持器具が)、非特異的腰痛の治療に役立つというエビデンスはほとんど無いので、英国国民保健サービスNHSの治療として提供されるべきでない」。ヨーロッパ委員会は、腰の支持器具を、非特異的腰痛の治療に用いることを、推奨していない。また下記のように、米国のガイドラインも推奨していない。
整形外科による治療
備考
運動療法 体操水泳ジョギング散歩マッケンジー法 痛みが激しい時は運動してはいけない
装具療法 腰痛ベルト、コルセットなど 常時使用し続けると、筋肉が弱まり悪化するので、必要な時のみ
薬物療法 消炎鎮痛剤、アセトアミノフェンなど 痛み止めは長期間服用し続けると効果が薄まるので、必要な時のみ。(通常は12日以下にすべき)[6]
弱オピオイドを長期に服用すると依存性を生じる[32]
理学療法 関節可動域訓練、筋力増強訓練、温熱療法など 理学療法士が個々の疾病にあわせて治療を行う
マッサージ療法 指圧など 整骨院などでも受けられる(要あんまマッサージ指圧師資格)
手術 椎間板切除術、レーザー減圧手術、など 手術しても、腰痛が消えるとは限らない。
数ヶ月から数年程度で再発し、再手術となる人もいる
薬物治療
腰痛の治療として、薬が有効な場合の薬物治療がある。腰痛が最初に起こった時の患者さんの望みは、痛みが完全に無くなることである。しかし、慢性腰痛の場合には、治療の目標は、痛みをコントロールして機能を可能な限り回復させることに変わる。
痛みへの薬物治療は、いくばくかの効果があるに過ぎないので、薬への期待は、現実に直面して、満足度が下がる場合がある。[34] 
通常、最初に推奨されるのは、アセトアミノフェンや非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDである。たいていの人には、それで充分である。アセトアミノフェンは、標準的な使用量では、非常に安全である。しかし、過量に使用すると、肝障害を引き起こし、極端な過量では、死亡することもある。[34] 非ステロイド消炎鎮痛剤は、急性腰痛に対して、アセトアミノフェンより、もう少し効果があるが、より大きな副作用の危険性がある。例えば、腎不全、胃潰瘍、心疾患などを起こす恐れがある。この理由から、非ステロイド消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に推奨する薬剤となっており、アセトアミノフェンでは効かない場合に限って投与される。非ステロイド消炎鎮痛剤には、いくつかの種類がある。効果を考える時に、COX-2阻害薬の方が、非ステロイド消炎鎮痛剤の内のその他の薬よりも良いとするエビデンスは全く無い。[34] 安全性の観点から、ナプロキセンが良いかもしれない。[35] ナプロキセンは、例えば消化性潰瘍や血小板減少症のある人などには適さない。2015年のある研究は、アセトアミノフェンには効果が無いと述べている。[36] 筋弛緩薬は有効かもしれない。[34]
痛みが充分に引かない場合には、モルヒネのようなオピオイドの短期間の使用が有効かもしれない。[37] 日本では弱オピオイドが使われる。オピオイドを使用すると、依存症になるリスクがあり、また、他の薬剤と負の相互作用があるかもしれない。また、めまい、吐き気、便秘などの副作用が起きるリスクが大きい。オピオイドは、急性の重篤な痛みが多くのトラブルを起こす場合に、短期間だけ使用するのが適切であろう。[34] 専門家の集団は、慢性腰痛に対して、オピオイドを漫然と長期間使用すべきでないとアドバイスしている。 [34][38]
慢性腰痛を持つ年長の人々に、糖尿病や胃病変や心疾患など、非ステロイド消炎鎮痛剤を使用すると大きいリスクが伴う場合に、オピオイドが使われるかもしれない。また、神経病的な痛みがある人の内の特定の人々に、オピオイドは役に立つかもしれない[39]
抗うつ剤は、抑うつ症状のある慢性腰痛の患者さんに効果があるかもしれない。しかし、副作用の危険がある。 抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性腰痛に対して時々使用されるが、これらは、坐骨神経痛を改善させるかもしれないが、不十分なエビデンスしかない。[34] ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰痛には適していない。[14][34] 椎間関節への注射や、椎間板へのステロイド注射は、慢性的な非神経根性疼痛には効果が無いが、それらは、坐骨神経の疼痛には考慮されるかもしれない。[40] 硬膜外へのステロイド注射は、坐骨神経痛に対して、わずかな、ごく短期間の改善をもたらすが、長期的な利点は無い。[41] それらは、副作用を伴う危険がある。 [42]
ペインクリニックによる神経ブロック
例えば椎間関節注射については、次の通りである。硬膜外注射やトリガーポイント注射についても、同様である。
  • WHO: 椎間関節への注射は、鎮痛や機能改善の点で効果が認められない。椎間関節への注射は、感染、出血、神経損傷、化学的髄膜炎の原因となる。エックス線透視下で行えば、放射線被爆がおきる。[43]
  • European Committee: 非特異的腰痛に対して、椎間関節腔にステロイドを注入することや、椎間関節の神経ブロックを行うことを、我々は推奨できない。[44]
    • 椎間関節に由来する疼痛の有病率は、8%から94%まで、サンプルサイズや著者の信念によって変化する。
    • 椎間神経ブロックには、非常に大きいプラセーボ効果がある。
    • 効く仕組みが不明である。ステロイドの消炎作用かもしれないし、関節腔に液体を入れる効果かもしれないし、関節包に穴を開ける効果かもしれない。
  • NICE: (英国の)国民健康サービスNHSでは、次のような治療を受けてはならない。なぜなら、次のような治療は、非特異的な腰痛の治療に役に立つというエビデンスがほとんど無いからである。(このリストの中に「背中への注射」という項目あり)[45]
  • エールリック教授: ステロイドまたは麻酔薬を注入する様々な注射は、せいぜいプラセーボ効果しかなく、やめるべきである[46]
  • 日本ペインクリニック学会: 椎間関節注射は、効果がありエビデンスもある[47]
手術
椎間板ヘルニアが、足に放散する強い痛みを引き起こし、あるいは足を衰弱させ、あるいは膀胱のトラブルを引き起こし、あるいは膀胱のコントロールを困難にするようなら、手術は有用かもしれない。[48] また、脊柱管狭窄症のある人には、手術は有用かもしれない。[49] もし、これらの問題が無いのなら、手術を受けることによって利益を得られる明瞭なエビデンスは無い。[48] 椎間板切除術(足の痛みを起こす椎間板を部分的に切除すること)は、非手術治療に比べて早く痛みの除去をもたらすことができる。[48] 椎間板切除術は、1年後には、より良い結果をもたらすことができるが、4年後、10年後には、非手術療法との差は無くなる。[48]
より侵襲度の低いマイクロ椎間板切除術は、通常の椎間板切除術と比較して、同じような結果をもたらすだけである。[48] その他の状況では、たいていの場合、手術を推奨すべきようなエビデンスは無い。[48] 椎間板の変性疾患に対する手術の長期的な効果は、不明瞭である。[48] 侵襲のより少ない外科的な治療は、回復までの時間を短縮するが、効果についてのエビデンスは、不充分である。[48]
脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰に限局した痛みを持つ人に対して行われる。この手術を支持するエビデンスがある。この手術の効果は、熱心な身体的治療を行うのと同じくらいであり、非外科的治療を少しだけ行うより多少良いくらいである。[49]
脊椎融合手術は、脊椎すべり症の人が、保存的治療を受けても改善しなかったような場合に考慮されるが、[48] この手術を受けて良い結果を得た人はごく少ない。[49]
脊椎を融合させる手術の術式が、数多く提案されているが、他より優れているというエビデンスのある術式は無い。[50] 脊椎を融合させる間は、脊椎を固定する器具を脊椎に装着する。この処置はリスクを高めるが、痛みや機能低下には、何の効果ももたらさない。[30]
鍼灸による治療
腰痛は肩こりと並び、鍼灸治療により著効を表すことがある。腰部の腎兪穴大腸兪穴志室穴などの施術のほか、膝の後ろにある委中穴の鍼や、足の照海穴、さらに体調を整える目的で、背部や腹部の経穴を用い腰痛を緩和する代替医療である。諸外国の腰痛診療ガイドラインは、慢性腰痛について、鍼の効果を認めている。WHOも認めている。健康保険による鍼灸治療が可能であるが、保険治療は地域によっては医師の同意書を必要とする。
整骨院による治療
温熱治療、マッサージなどの民間療法、代替医療。但し、痛みの原因は腫瘍であるなどの至急手術が必要な場合もあるので、最初は整形外科の受診が望ましい。なお、整骨院で保険治療が可能なのは外傷による打撲・捻挫・挫傷・骨折・脱臼の5つの疾病のみである。
漢方薬による治療
痛みの原因は腫瘍であるなどの至急手術が必要な場合もあるので、レントゲン検査のため、最初は整形外科を受診すべき。

感染症腫瘍の場合[編集]

脊椎脊髄専門医の早期受診が望ましい。長期間放置すると、手遅れとなり回復困難となることもある。


腰痛のある時の体の管理[編集]

(出典は、英語版Wikipedia「腰痛」)

体の一般的な活動度を上げることが推奨される。ただし、それを急性腰痛の痛みや障害に対して行った場合には、明瞭な効果は認められない。[51][52]急性の腰痛に対しては、歩くことが、低度ないし中等度の質のエビデンスで推奨される。[53] マッケンジー法による治療は、再発性の急性腰痛には、いくぶん効果があるが、短期的な効果は認められない。[14] 温熱療法を、急性腰痛や亜急性腰痛に使用するエビデンスは、多少はあるかもしれないが、[54]温熱療法や寒冷療法を、慢性腰痛に使用するエビデンスは、ほとんど無い。[55] 背バンドが、労働の病欠日数を減らすという弱いエビデンスがあるが、背バンドが、疼痛を減らすというエビデンスは無い。[56] 超音波や衝撃波による治療は、効果が無いので、推奨できない。[57][58]


運動療法は、慢性腰痛の痛みを減らし、機能を回復させる上で効果がある。[56] 運動療法は、運動プログラムを完了させた6ヵ月後の腰痛再発率を減らし、[59]長期的な機能の改善をもたらす。[55] ある特定の運動プログラムが、他の運動プログラムより優れているというエビデンスは無い。[60] アレキサンダー法は、慢性腰痛に有用である。[61] ヨガも有用である可能性がある。[62] 経皮的な神経刺激は、慢性腰痛に対しては、効果が認められない。[63] 腰痛の治療として、靴の中に中敷を入れることは、効果がはっきりしない。[64] あまり侵襲のない末梢神経刺激は、他の療法では効果がない慢性腰痛には有用かもしれないが、エビデンスは不明瞭であり、また、足へ放散する痛みには効果が無い。[65]

腰痛の保存的治療[編集]

米国の腰痛診療ガイドラインは、非特異的腰痛に対して、次のような保存的治療を推奨している[66]

米国ガイドラインによる保存的治療

腰痛の予後[編集]

全般的に言えば、急性腰痛の予後は良好である。痛みと機能障害は、たいてい、最初の6週以内に大幅に改善する。完全に回復する人は、全体の40%から90%に上る。[67]大半の人では、1年後の時点で、痛みと機能障害のレベルは、少ない~最小限である。6週間経っても症状のある人では、回復は次第に遅くなり、1年が経過しても、回復はわずかである。急性腰痛が起きた後の長期的な予後を左右する要因は、苦痛の度合い、以前の腰痛の経験、仕事の満足度である。[67]うつ病、仕事を失った不幸などの精神的な問題があると、腰痛は長引くことがある。[34]


最初の腰痛が起きた後で、半数以上の人では、腰痛の再発が起きる。[68]再発した腰痛においても、短期的な予後は良好である。最初の6週間は大きく改善するが、それ以後の回復はわずかである。慢性腰痛のある人は、1年後にも、中等度の痛みと機能障害を持ち続けることが多い。[67] 腰痛による長期的な機能障害を持つようになるリスクが高いのは、腰痛とうまく付き合うことが下手な人や、体を動かすことを恐れる人(1年後の時点で、2.5倍も多く機能障害を持つ[69])や、機能的な障害のある人や、全般的な健康度が低い人や、痛みに精神的・心理的な要素がある人(Waddell徴候)である。[69]


日本のガイドライン「外来診療」によれば、次の通りである。

  • 神経学的に異常所見が無く、画像所見に異常がなければ、3日から1週間程度で腰痛は軽快する[70]
  • 1~2週間で軽快しない場合は、原因検索が必要で、再検査が必要となる。
  • なるべく日常生活を続け、早期に職場に復帰した方が、腰痛は遷延化しにくい[70]


米国ハーバード大学のLandon 教授は次のように述べている。「非特異的腰痛では、大半の場合に3ヶ月以内に痛みは自然に収まる。画像検査や薬物注入や手術を行っても、長期予後は少しも変わらない。それらは、腰で起きていることに、ほとんど影響を与えない。それどころか事態を悪化させている可能性がある」[71]


世界保健機構WHOの「腰痛イニシアティブ」は、次のように述べている[5]。 「非特異的腰痛では、大多数のケースでは、症状は2、3週間以内に終息する。どのような治療を行っても、あるいは全く行わなくても、腰痛は自然に治まる。しかし、ひとたび腰痛が慢性化すると、効果のある治療法は、ほとんど無くなる。それで、腰痛の慢性化を防ぐことが、治療の主な目的となる。運動プログラムは、腰痛のある期間を短くし、生活の質を向上させる。ステロイドは、経口でも非経口でも硬膜外注入でも、使用する利点は無い。椎間関節への薬物注入は、ほとんど役に立たない」

予防[編集]

運動による腰痛予防法[編集]

運動療法は腰痛の発症予防に有効である[72]。職業性腰痛では、腰痛発症後も活動性の維持や仕事内容の変更などでなるべく早く復職することにより、腰痛の遷延や身体障害の発生が予防され、病休の長期化を防ぐ[72]

上記で書いたように筋肉が原因の緊張製腰痛に対しては、腰の筋肉である腹筋と背筋を鍛えることにより予防を見込める。 長時間同じ姿勢で過ごす事の多い人は、運動や体操で腰痛予防を心掛けることが望ましい。 運動不足(腹筋が弱すぎ、腹筋に比べて背筋が弱い)、過度の運動(腰椎分離症になる恐れ)は回避する。

体の前屈
これは背筋とスネの裏側の筋肉のストレッチになる。できる範囲での前屈で良いが、膝は曲げないこと。
背筋の訓練
両手で両膝を抱え、できるだけ胸に引き付ける。足先を開いたほうが楽にできるはず。引き付けは無理のない範囲で。
腹筋訓練
上半身を起こす運動だが膝を曲げて行うのがポイント。足先を固定しても構わない。腰痛のある人は頭を持ち上げるだけにする。
背筋の強化運動
うつ伏せから上半身を起こして胸を反らせる。既に腰痛のある人は頭を持ち上げるだけにする。
腰痛予防となる生活習慣の例 腰痛の起きやすい生活習慣の例
姿勢に注意 前かがみを避ける 作業姿勢を工夫 前かがみ、中腰、前傾姿勢
同じ姿勢を長く続けない 屈伸などその場でできる軽い運動をする 毎日2~3時間車を運転するなど、同じ姿勢を長く続ける
良い姿勢 両足を揃えて椅子に座る(椅子の高さを足がつく高さにする、背もたれに座布団クッションを置く)、いつも同じ側でかばんを持たない 脚を組んで椅子に座るなど、姿勢が悪い
疲れをためない 規則正しい生活 定時退社、家へまっすぐ帰る 残業などで、疲れをためる
朝食はしっかり 暖かいものを栄養バランス良く 朝食抜き、朝食が少ない、油もの・生野菜・果物
運動は適度に 軽い運動 激しい運動などで、疲れをためる
適切な大きさの靴 足に合わない靴を無理をして履いている
寝具 敷布団は固すぎず、やわらかすぎないもの 腰が沈み込む寝具
十分な睡眠 規則正しい睡眠 睡眠不足
体を冷やさない 空気を冷やさない 適度な空調 きつすぎる冷房
暖かい食事 暖かいものを栄養バランス良く 油もの・生野菜・果物
太陽光 日光浴
入浴 風呂に肩まで入ってゆっくり体を温める 半身浴
寝具(冬) 湯たんぽ 電器毛布をつけたまま寝る
衣類(冬) 吸湿発熱性のある新素材、ウールマフラー、ハイネック、ズボン スカート、きつい肌着

労災(通勤・職場で発症)[編集]

腰痛は雇用の継続や再就職の困難をもたらす原因となる可能性が高く、収入の途絶など社会生活を営む上での重大な障害となる可能性が高い。また身体障害に関する社会福祉政策の対象として認定されるに至らないケースが大半であり、労働災害保険の認定がこの場合非常に重要となる。

在職中の通院の重要性
在職中に一度でも診療を受けた実績がなければ労災・障害年金は申請が難しいので、どんなにつらくても当日中あるいは在職中に、整形外科の労災指定病院で診断を受ける必要がある。但し、職場での発症当日に職場から救急車で緊急入院した場合でも、労災と認定されていないケースがある。
継続的な通院の重要性
労災申請には、会社の証明だけでなく、医師の証明も不可欠である。
職場の環境
労働災害として労災申請する場合、労働基準監督局へ写真を持参して認められたケースもあるので、現場の写真を撮る。
職場の同僚
前任者や同じような業務を行う周囲の人々が労災申請して認められている場合は、比較的スムーズに承認される。

通院費・療養期間の保障などについて労災申請する場合[編集]

労働災害参照。時効に注意。

障害が残って障害年金を申請する場合[編集]

障害年金は、退職後も、症状が固まり次第申請可能。時効に注意。

損害賠償請求訴訟[編集]

損害賠償請求訴訟の場合、雇用者側の不法行為を裁判において立証する必要がある。判例あり(大阪地方裁判所 昭和49年(ワ)第879号)。時効に注意。

重いものを扱う労働(建築現場・工場倉庫空港港湾物流関連など)は、腰痛による労働災害が発生する危険性が非常に高い。このため、腰痛を原因とした正社員の休職・退職にかかるコストを回避しようと、期間工派遣社員委託社員・パート・アルバイトなどの非正規労働者が重量物をあつかう業務へ投入されることが多い。この場合、安全でない業務の当然の結果として生じた腰痛にかかるコストも削減しようと、確信犯的に労災申請の妨害がされることもあり問題となっているが、このような場合は民事訴訟で業務上の腰痛であるとの認定を受けることで労災が承認される可能性がある。

リストラ目的や労働組合活動への制裁的人事としてこのような重労働を任命された場合、そもそも現業活動には十分な訓練や修練・熟練・肉体的素養・年齢などの条件が求められる事が多いにも関わらず本来必要な業務命令を逸脱した配置転換の場合は、パワーハラスメント不当労働行為に該当する可能性がある。

生活保護[編集]

労災申請したが労働基準監督署の確認作業に時間がかかる・労災申請したが認定されないなど、生活に困った場合は、居住地からの立ち退きを要求される前に、速やかに管轄の役所にて生活保護申請すべきである。生活保護制度には、治療費・交通費・医療器具代などが支払われる医療扶助制度がある。生活保護申請においては、仕事を探す意欲があることやボランティアが一緒であることなどが、効果的な場合もある。

腰痛の疫学[編集]

腰痛が1日以上続いて活動が制限されたというのは、よくある訴えである。[73] 世界的には、約40%の人が、一生のうちで一度は腰痛になるのであるが、[73]先進国では約80%の人が一度は腰痛になる。[74] また、どの時点でも、9%から12%の人は、腰痛の症状を持っている。また、23.2%の人は、過去1ヶ月間に一度は腰痛があった。[73][75] 腰痛が始まるのは、しばしば20歳から40歳である。[14]加齢するに従って、腰痛を持つ人の数は増加し、40歳から80歳では、腰痛は、ありふれた症状となる。[73]


男性と女性とで、どちらが腰痛を持つ率が高いかについては、明瞭ではない。[73][75] 2012年のある研究では、男性の有病率が9.6%であったのに対して、女性の有病率は8.7%であった。[75]2012年の別の研究では、女性の有病率の方が、男性の有病率よりも高かったが、その研究者は、女性の有病率が高かった理由について、骨粗しょう症による腰痛、生理痛や妊娠による腰痛、女性の方が腰痛を訴えやすいことなどと考えた。[73] 妊娠中に70%の女性は、腰痛を訴える。妊娠している期間が長くなるほど、腰痛の有病率は高くなる。[76] 現在の喫煙者、特に思春期の喫煙者は、禁煙した人より、腰痛の有病率は高い。また、禁煙した人は、タバコを全く吸わない人より有病率は高い。[77]

腰痛の歴史[編集]

ハーベー・クッシング、1920年代

人類は、銅器時代以来、腰痛と共にあった。外科の論文として最古のものは、紀元前1500年ごろのもので、Edwin Smith Papyrusが、脊椎捻挫を診断するための検査について述べている。ヒポクラテス(紀元前460年-同370年)は、最初に坐骨神経痛や腰痛という言葉を使った。また、2世紀の中ごろから終盤にかけて活躍したガレンは、腰痛の概念についてやや詳しく記載した。人類の最初の千年の終わりごろまでは、医者は、背中の手術を試みることは無く、注意深く観察して待つように患者に勧めた。中世を通じて、実地医家は、腰痛は精神から生じるものと考えて医療を行った。[78]


20世紀の初めには、医者は、腰痛が神経の炎症や神経のダメージによって生じると考えた。[78] その当時の医学論文には、神経炎や神経痛という言葉がよく出てくる。[79]しかし20世紀の終わりごろには、腰痛がそのようにして起きるという考えを支持する人は少なくなった。[79] 20世紀の初めに、アメリカの脳神経外科医のハーベー・クッシングは、腰痛の外科的治療が世間に受容されることに貢献した。[48] 1920年代から1930年代にかけて、腰痛の原因について、新しい考え方が現れた。医師たちは、神経系と精神的要因の組み合わせによって腰痛が生じるという考えを提案した。例えば、神経の弱さ(神経衰弱)や女性のヒステリーである。[78] 筋肉のリウマチ(現在は結合組織炎と呼ばれる)も、論文中に出てくる頻度が増した。[79]


エックス線写真のような新しい技術により、医師は診断のための新しい手段を手に入れた。エックス線写真は、あるケースでは、椎間板が腰痛の原因となることを明らかにした。1938年に整形外科医のJoseph S. Barrは、椎間板が関与する坐骨神経痛が、手術により改善したことを報告した。[79] この研究報告によって、1940年代には、腰痛の椎間板モデルが、支配的となり、[78] CTやMRIなどの新しい画像診断の援助を受けて、1980年代の文献の主流となった。[79] その後、椎間板のトラブルは腰痛の原因としては比較的まれであることが研究により明らかとなり、椎間板についての議論は下火となった。その時以来、医者は、多くのケースでは、腰痛の原因は特定されないことに気が付くようになり、また、多くの場合には、治療の有無に関わらず、6週から12週以内に、痛みは治まることに気が付くようになった。[78]

腰痛と社会[編集]

腰痛は、大きな経済的なコストをもたらす。アメリカ合衆国では、腰痛は、成人が最も多く訴える痛みであり、最も多くの欠勤をもたらす症状であり、救急治療室における筋肉や骨格に関する最も多い訴えである。[80] ある研究によれば、1998年には、腰痛により1年間にかかったコストは、900億ドル(9兆円)であったと計算されており、個人のうち5%の人は、コストの多く(75%)を自己負担している。[80] 1990年から2001年の間に、米国における脊椎融合手術については、手術適応に変化は無く、効果が大きいとする新しい証拠も無いのに、手術の件数は、2倍以上に増加した。[30] さらに、米国では、欠勤日数全体の40%は腰痛によるものであり、収入の減少や労働生産性の低下という形でコストを負担している。[81] 腰痛は、カナダ、英国、オランダ、スウェーデンでは、米国やドイツよりも、労働力のより大きな損失を引き起こしている。[81]


労働障害の結果としての急性腰痛を経験した労働者は、雇用主からエックス線写真を撮るように言われるかもしれない。[82] 他の場合と同じように、レッドフラッグが無いのなら、検査は適応ではない。[82] 法的責任についての雇用主の関心は、医学的適応とは異なる。医学的適応が無いのなら、検査を正当化すべきではない。[82] 医療提供者が指示しない検査を受けるように患者に仕向けるような法的根拠はあってはならない。[82]

脚注[編集]

  1. ^ Low Back Pain Bulletin of the World Health Organization 2003, 81 (9)
  2. ^ European Guidelines p11
  3. ^ a b c Back Ground Paper, Low Back Pain W.H.O.文書 2013年
  4. ^ 腰痛対策   厚生労働省
  5. ^ a b c Low Back Pain Initiative 世界保健機構WHO、1999年、Conclusion(P81-83)
  6. ^ a b c Low Back Pain WHO文書 2003年
  7. ^ Back Pain George E. Ehrlich J Rheumatology 2003;30 Suppl 67:26-31
  8. ^ MedlinePlus Low Back Pain -chronic
  9. ^ European guidelines for the management of chronic non-specific low back pain (Report). European Cooperation in Science and Technology. http://www.backpaineurope.org/web/files/WG2_Guidelines.pdf. 
  10. ^ a b Nachemson (1976). "The lumbar spine an orthopedic challenge". Spine 1: 59–71. NAID 10020592612. 
  11. ^ a b Wilke HJ, Neef P, Caimi M, Hoogland T, Claes LE (April 1999). "New in vivo measurements of pressures in the intervertebral disc in daily life". Spine 24 (8): 755–62. PMID 10222525. 
  12. ^ Neumann,DonaldA.; 平田総一郎; 嶋田智明 『筋骨格系のキネシオロジー』 医歯薬出版、2005年ISBN 9784263212875 
  13. ^ Davis PC, Wippold II FJ, Cornelius RS, et al. (2011). American College of Radiology ACR Appropriateness Criteria ? Low Back Pain. 
  14. ^ a b c d e f Casazza, BA (15 February 2012). "Diagnosis and treatment of acute low back pain". American family physician 85 (4): 343?50. PMID 22335313. 
  15. ^ a b c d e f g h i j k Manusov EG (September 2012). "Evaluation and diagnosis of low back pain". Prim. Care 39 (3): 471?9. doi:10.1016/j.pop.2012.06.003. PMID 22958556. 
  16. ^ North American Spine Society (February 2013), “Five Things Physicians and Patients Should Question”, Choosing Wisely: an initiative of the ABIM Foundation (North American Spine Society), http://www.choosingwisely.org/doctor-patient-lists/north-american-spine-society/ 2013年3月25日閲覧。 , which cites*Chou, R; Qaseem, A; Snow, V; Casey, D; Cross JT, Jr; Shekelle, P; Owens, DK; Clinical Efficacy Assessment Subcommittee of the American College of, Physicians; American College of, Physicians; American Pain Society Low Back Pain Guidelines, Panel (Oct 2, 2007). "Diagnosis and treatment of low back pain: a joint clinical practice guideline from the American College of Physicians and the American Pain Society.". Annals of internal medicine 147 (7): 478?91. doi:10.7326/0003-4819-147-7-200710020-00006. PMID 17909209. 
    • Forseen, SE; Corey, AS (Oct 2012). "Clinical decision support and acute low back pain: evidence-based order sets.". Journal of the American College of Radiology : JACR 9 (10): 704?712.e4. doi:10.1016/j.jacr.2012.02.014. PMID 23025864. 
  17. ^ Williams CM, Henschke N, Maher CG, et al. (2013). "Red flags to screen for vertebral fracture in patients presenting with low-back pain". Cochrane Database of Systematic Reviews 1: CD008643. doi:10.1002/14651858.CD008643.pub2. PMID 23440831. 
  18. ^ Henschke N, Maher CG, Ostelo RW, de Vet HC, Macaskill P, Irwig L (2013). "Red flags to screen for malignancy in patients with low-back pain". Cochrane Database of Systematic Reviews 2: CD008686. doi:10.1002/14651858.CD008686.pub2. PMID 23450586. 
  19. ^ a b Koes, BW; van Tulder, M; Lin, CW; Macedo, LG; McAuley, J; Maher, C (December 2010). "An updated overview of clinical guidelines for the management of non-specific low back pain in primary care.". European Spine Journal 19 (12): 2075?94. doi:10.1007/s00586-010-1502-y. PMID 20602122. 
  20. ^ a b c Downie, A.; Williams, C. M.; Henschke, N.; Hancock, M. J.; Ostelo, R. W. J. G.; de Vet, H. C. W.; Macaskill, P.; Irwig, L.; van Tulder, M. W.; Koes, B. W.; Maher, C. G. (11 December 2013). "Red flags to screen for malignancy and fracture in patients with low back pain: systematic review". BMJ 347 (dec11 1): f7095?f7095. doi:10.1136/bmj.f7095. PMID 24335669. 
  21. ^ 各国のガイドラインの比較 Eur Spine J. 2010 Dec; 19(12):2075-2094
  22. ^ Manchikanti L, Glaser SE, Wolfer L, Derby R, Cohen SP (2009). "Systematic review of lumbar discography as a diagnostic test for chronic low back pain". Pain Physician 12 (3): 541–59. PMID 19461822. 
  23. ^ a b c d Use of imaging studies for low back pain: percentage of members with a primary diagnosis of low back pain who did not have an imaging study (plain x-ray, MRI, CT scan) within 28 days of the diagnosis. Agency for Healthcare Research and Quality. 2013. Retrieved 11 June 2013. 
  24. ^ a b American Academy of Family Physicians, “Ten Things Physicians and Patients Should Question”, Choosing Wisely: an initiative of the ABIM Foundation (American Academy of Family Physicians), http://www.choosingwisely.org/doctor-patient-lists/american-academy-of-family-physicians/ 2012年9月5日閲覧。 
  25. ^ a b American College of Physicians, “Five Things Physicians and Patients Should Question”, Choosing Wisely: an initiative of the ABIM Foundation (American College of Physicians), http://www.choosingwisely.org/doctor-patient-lists/american-college-of-physicians/ 2013年9月5日閲覧。 
  26. ^ Chou, R; Fu, R; Carrino, JA; Deyo, RA (7 February 2009). "Imaging strategies for low-back pain: systematic review and meta-analysis.". Lancet 373 (9662): 463–72. doi:10.1016/S0140-6736(09)60172-0. PMID 19200918. 
  27. ^ Crownover BK, Bepko JL (April 2013). "Appropriate and safe use of diagnostic imaging". Am Fam Physician 87 (7): 494–501. PMID 23547591. 
  28. ^ a b Chou, R; Qaseem, A, Owens, DK, Shekelle, P, Clinical Guidelines Committee of the American College of, Physicians (1 February 2011). "Diagnostic imaging for low back pain: advice for high-value health care from the American College of Physicians". Annals of Internal Medicine 154 (3): 181–9. doi:10.1059/0003-4819-154-3-201102010-00008. PMID 21282698. 
  29. ^ Flynn TW, Smith B, Chou R (November 2011). "Appropriate use of diagnostic imaging in low back pain: a reminder that unnecessary imaging may do as much harm as good". J Orthop Sports Phys Ther 41 (11): 838–46. doi:10.2519/jospt.2011.3618. PMID 21642763. 
  30. ^ a b c Deyo, RA; Mirza, SK; Turner, JA; Martin, BI (2009). "Overtreating Chronic Back Pain: Time to Back Off?". Journal of the American Board of Family Medicine : JABFM 22 (1): 62–8. doi:10.3122/jabfm.2009.01.080102. PMC 2729142. PMID 19124635. 
  31. ^ WHOにおける鍼灸の適応疾患
  32. ^ a b c d 日本のガイドライン
  33. ^ management of low back pain Spine 2001 Dec 1;26(23):2535-42
  34. ^ a b c d e f g h i Miller SM (September 2012). "Low back pain: pharmacologic management". Prim. Care 39 (3): 499–510. doi:10.1016/j.pop.2012.06.005. PMID 22958559. 
  35. ^ Coxib and traditional NSAID Trialists' (CNT), Collaboration; Bhala, N; Emberson, J; Merhi, A; Abramson, S; Arber, N; Baron, JA; Bombardier, C; Cannon, C; Farkouh, ME; FitzGerald, GA; Goss, P; Halls, H; Hawk, E; Hawkey, C; Hennekens, C; Hochberg, M; Holland, LE; Kearney, PM; Laine, L; Lanas, A; Lance, P; Laupacis, A; Oates, J; Patrono, C; Schnitzer, TJ; Solomon, S; Tugwell, P; Wilson, K; Wittes, J; Baigent, C (Aug 31, 2013). "Vascular and upper gastrointestinal effects of non-steroidal anti-inflammatory drugs: meta-analyses of individual participant data from randomised trials.". Lancet 382 (9894): 769–79. doi:10.1016/S0140-6736(13)60900-9. PMC 3778977. PMID 23726390. 
  36. ^ Machado, GC; Maher, CG; Ferreira, PH; Pinheiro, MB; Lin, CW; Day, RO; McLachlan, AJ; Ferreira, ML (31 March 2015). "Efficacy and safety of paracetamol for spinal pain and osteoarthritis: systematic review and meta-analysis of randomised placebo controlled trials.". BMJ (Clinical research ed.) 350: h1225. PMID 25828856. 
  37. ^ Chaparro, LE; Furlan, AD; Deshpande, A; Mailis-Gagnon, A; Atlas, S; Turk, DC (Apr 1, 2014). "Opioids compared with placebo or other treatments for chronic low back pain: an update of the Cochrane Review.". Spine 39 (7): 556–63. doi:10.1097/BRS.0000000000000249. PMID 24480962. 
  38. ^ Franklin, G. M. (29 September 2014). "Opioids for chronic noncancer pain: A position paper of the American Academy of Neurology". Neurology 83 (14): 1277–1284. doi:10.1212/WNL.0000000000000839. 
  39. ^ de Leon-Casasola OA (March 2013). "Opioids for chronic pain: new evidence, new strategies, safe prescribing". Am. J. Med. 126 (3 Suppl 1): S3–11. doi:10.1016/j.amjmed.2012.11.011. PMID 23414718. 
  40. ^ Chou R, Loeser JD, Owens DK, Rosenquist RW, Atlas SJ, Baisden J, Carragee EJ, Grabois M, Murphy DR, Resnick DK, Stanos SP, Shaffer WO, Wall EM; American Pain Society Low Back Pain Guideline Panel (2009). "Interventional therapies, surgery, and interdisciplinary rehabilitation for low back pain: An evidence-based clinical practice guideline from the American Pain Society". Spine 34 (10): 1066–77. doi:10.1097/BRS.0b013e3181a1390d. PMID 19363457. 
  41. ^ Pinto, RZ; Maher, CG; Ferreira, ML; Hancock, M; Oliveira, VC; McLachlan, AJ; Koes, B; Ferreira, PH (18 December 2012). "Epidural corticosteroid injections in the management of sciatica: a systematic review and meta-analysis.". Annals of Internal Medicine 157 (12): 865–77. doi:10.7326/0003-4819-157-12-201212180-00564. PMID 23362516. 
  42. ^ Epidural Corticosteroid Injection: Drug Safety Communication - Risk of Rare But Serious Neurologic Problems”. FDA (2014年4月23日). 2014年4月24日閲覧。
  43. ^ Low back pain initiative WHO p26
  44. ^ European Guidelines for the Management of Chronic Non-specific Low Back Pain European Committee (p158-p177)
  45. ^ National Institute for Health and Clinical Excellence 英国国立医療技術評価機構
  46. ^ Back Pain
  47. ^ 痛み治療ガイドライン(p19)
  48. ^ a b c d e f g h i j Manusov, EG (September 2012). "Surgical treatment of low back pain.". Primary care 39 (3): 525–31. doi:10.1016/j.pop.2012.06.010. PMID 22958562. 
  49. ^ a b c Chou R, Baisden J, Carragee EJ, Resnick DK, Shaffer WO, Loeser JD (May 2009). "Surgery for low back pain: a review of the evidence for an American Pain Society Clinical Practice Guideline". Spine 34 (10): 1094–109. doi:10.1097/BRS.0b013e3181a105fc. PMID 19363455. 
  50. ^ Lee, CS; Hwang, CJ; Lee, DH; Kim, YT; Lee, HS (March 2011). "Fusion rates of instrumented lumbar spinal arthrodesis according to surgical approach: a systematic review of randomized trials.". Clinics in orthopedic surgery 3 (1): 39–47. doi:10.4055/cios.2011.3.1.39. PMC 3042168. PMID 21369477. 
  51. ^ Choi BK, Verbeek JH, Tam WW, Jiang JY (2010). "Exercises for prevention of recurrences of low-back pain". In Choi, Brian KL. Cochrane Database of Systematic Reviews (1): CD006555. doi:10.1002/14651858.CD006555.pub2. PMID 20091596. 
  52. ^ Hendrick P, Milosavljevic S, Hale L, et al. (March 2011). "The relationship between physical activity and low back pain outcomes: a systematic review of observational studies". Eur Spine J 20 (3): 464?74. doi:10.1007/s00586-010-1616-2. PMC 3048226. PMID 21053026. 
  53. ^ Hendrick P, Te Wake AM, Tikkisetty AS, Wulff L, Yap C, Milosavljevic S (October 2010). "The effectiveness of walking as an intervention for low back pain: a systematic review". Eur Spine J 19 (10): 1613?20. doi:10.1007/s00586-010-1412-z. PMC 2989236. PMID 20414688. 
  54. ^ French, SD.; Cameron, M.; Walker, BF.; Reggars, JW.; Esterman, AJ. (2006). "Superficial heat or cold for low back pain.". Cochrane Database of Systematic Reviews (1): CD004750. doi:10.1002/14651858.CD004750.pub2. PMID 16437495. 
  55. ^ a b van Middelkoop M, Rubinstein SM, Kuijpers T, Verhagen AP, Ostelo R, Koes BW, van Tulder MW (2011). "A systematic review on the effectiveness of physical and rehabilitation interventions for chronic non-specific low back pain". Eur Spine J 20 (1): 19?39. doi:10.1007/s00586-010-1518-3. PMC 3036018. PMID 20640863. 
  56. ^ a b Guild DG (September 2012). "Mechanical therapy for low back pain". Prim. Care 39 (3): 511?6. doi:10.1016/j.pop.2012.06.006. PMID 22958560. 
  57. ^ Seco J, Kovacs FM, Urrutia G (October 2011). "The efficacy, safety, effectiveness, and cost-effectiveness of ultrasound and shock wave therapies for low back pain: a systematic review". Spine J 11 (10): 966?77. doi:10.1016/j.spinee.2011.02.002. PMID 21482199. 
  58. ^ Ebadi, S.; Henschke, N.; Nakhostin Ansari, N.; Fallah, E.; van Tulder, MW. (2014). "Therapeutic ultrasound for chronic low-back pain.". Cochrane Database Syst Rev 3: CD009169. doi:10.1002/14651858.CD009169.pub2. PMID 24627326. 
  59. ^ Smith C, Grimmer-Somers K. (2010). "The treatment effect of exercise programmes for chronic low back pain". J Eval Clin Pract 16 (3): 484?91. doi:10.1111/j.1365-2753.2009.01174.x. PMID 20438611. 
  60. ^ van Middelkoop M, Rubinstein SM, Verhagen AP, Ostelo RW, Koes BW, van Tulder MW (2010). "Exercise therapy for chronic nonspecific low-back pain". Best Pract Res Clin Rheumatol 24 (2): 193?204. doi:10.1016/j.berh.2010.01.002. PMID 20227641. 
  61. ^ Woodman, JP; Moore, NR (January 2012). "Evidence for the effectiveness of Alexander Technique lessons in medical and health-related conditions: a systematic review.". International journal of clinical practice 66 (1): 98?112. doi:10.1111/j.1742-1241.2011.02817.x. PMID 22171910. 
  62. ^ Posadzki, P; Ernst, E (September 2011). "Yoga for low back pain: a systematic review of randomized clinical trials.". Clinical rheumatology 30 (9): 1257?62. doi:10.1007/s10067-011-1764-8. PMID 21590293. 
  63. ^ Dubinsky, R. M.; Miyasaki, J. (2009). "Assessment: Efficacy of transcutaneous electric nerve stimulation in the treatment of pain in neurologic disorders (an evidence-based review): Report of the Therapeutics and Technology Assessment Subcommittee of the American Academy of Neurology". Neurology 74 (2): 173?6. doi:10.1212/WNL.0b013e3181c918fc. PMID 20042705. 
  64. ^ Sahar T, Cohen MJ, Uval-Ne'eman V, et al. (April 2009). "Insoles for prevention and treatment of back pain: a systematic review within the framework of the Cochrane Collaboration Back Review Group". Spine 34 (9): 924?33. doi:10.1097/BRS.0b013e31819f29be. PMID 19359999. 
  65. ^ Nizard J, Raoul S, Nguyen JP, Lefaucheur JP (October 2012). "Invasive stimulation therapies for the treatment of refractory pain". Discov Med 14 (77): 237?46. PMID 23114579. 
  66. ^ 米国の腰痛診療ガイドライン 米国疼痛協会
  67. ^ a b c Menezes Costa Lda, C; Maher, CG; Hancock, MJ; McAuley, JH; Herbert, RD; Costa, LO (7 August 2012). "The prognosis of acute and persistent low-back pain: a meta-analysis.". CMAJ : Canadian Medical Association journal = journal de l'Association medicale canadienne 184 (11): E613–24. doi:10.1503/cmaj.111271. PMC 3414626. PMID 22586331. 
  68. ^ Stanton, TR; Latimer, J; Maher, CG; Hancock, MJ (April 2010). "How do we define the condition 'recurrent low back pain'? A systematic review.". European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 19 (4): 533–9. doi:10.1007/s00586-009-1214-3. PMID 19921522. 
  69. ^ a b Chou, R; Shekelle, P (2010). "Will this patient develop persistent disabling low back pain?". JAMA: the Journal of the American Medical Association 303 (13): 1295–302. doi:10.1001/jama.2010.344. PMID 20371789. 
  70. ^ a b ガイドライン外来診療 日経メディカル
  71. ^ 腰痛は過剰に診断され過剰に治療される ハーバード大学のハーバード健康ブログ、2013年7月31日
  72. ^ a b 日本のガイドライン、予防
  73. ^ a b c d e f Hoy D, Bain C, Williams G, et al. (June 2012). "A systematic review of the global prevalence of low back pain". Arthritis Rheum. 64 (6): 2028–37. doi:10.1002/art.34347. PMID 22231424. 
  74. ^ Vinod Malhotra; Yao, Fun-Sun F.; Fontes, Manuel da Costa (2011). Yao and Artusio's Anesthesiology: Problem-Oriented Patient Management. Hagerstwon, MD: Lippincott Williams & Wilkins. pp. Chapter 49. ISBN 1-4511-0265-8. http://books.google.ca/books?id=qOhuwkoN15MC&pg=PT1390. 
  75. ^ a b c Vos, T (15 December 2012). "Years lived with disability (YLDs) for 1160 sequelae of 289 diseases and injuries 1990–2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2010.". Lancet 380 (9859): 2163–96. doi:10.1016/S0140-6736(12)61729-2. PMID 23245607. 
  76. ^ Cunningham, F (2009). Williams Obstetrics (23 ed.). McGraw Hill Professional. p. 210. ISBN 9780071702850. http://books.google.ca/books?id=PYO2RUc4sQMC&q. 
  77. ^ Shiri R, Karppinen J, Leino-Arjas P, Solovieva S, Viikari-Juntura E (January 2010). "The association between smoking and low back pain: a meta-analysis". Am. J. Med. 123 (1): 87.e7–35. doi:10.1016/j.amjmed.2009.05.028. PMID 20102998. 
  78. ^ a b c d e Maharty DC (September 2012). "The history of lower back pain: a look "back" through the centuries". Prim. Care 39 (3): 463–70. doi:10.1016/j.pop.2012.06.002. PMID 22958555. 
  79. ^ a b c d e Lutz GK, Butzlaff M, Schultz-Venrath U (August 2003). "Looking back on back pain: trial and error of diagnoses in the 20th century". Spine 28 (16): 1899–905. doi:10.1097/01.BRS.0000083365.41261.CF. PMID 12923482. 
  80. ^ a b Borczuk, Pierre (July 2013). "An Evidence-Based Approach to the Evaluation and Treatment of Low Back Pin in the Emergency Department". Emergency Medicine Practice 15 (7). 
  81. ^ a b Manchikanti L, Singh V, Datta S, Cohen SP, Hirsch JA, ASIPP (2009). "Comprehensive review of epidemiology, scope, and impact of spinal pain". Pain Physician 12 (4): E35–70. PMID 19668291. 
  82. ^ a b c d American College of Occupational and Environmental Medicine (February 2014), “Five Things Physicians and Patients Should Question”, : an initiative of the ABIM Foundation (American College of Occupational and Environmental Medicine), http://www.choosingwisely.org/doctor-patient-lists/american-college-of-occupational-and-environmental-medicine/ 2014年2月24日閲覧。 , which cites
    • Talmage, J; Belcourt, R; Galper, J; et al. (2011). “Low back disorders”. In Kurt T. Hegmann. Occupational medicine practice guidelines : evaluation and management of common health problems and functional recovery in workers (3rd ed.). Elk Grove Village, IL: American College of Occupational and Environmental Medicine. pp. 336, 373, 376-377. ISBN 978-0615452272. 

参考文献[編集]