珍品堂主人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

珍品堂主人 』( ちんぴんどうしゅじん )は、中央公論に掲載された井伏鱒二の小説、および1960年豊田四郎監督により製作された日本映画

原作の主人公のモデルは、骨董品鑑定士で、魯山人とともに星岡茶寮を経営していた秦秀雄(のちに目黒の驪山荘、千駄ヶ谷の料理旅館・梅茶屋などを経営)。主人公と蘭々女史との争いは、秦秀雄と魯山人との、星岡茶寮をめぐる争いを基にしている。

概要[編集]

映画[編集]

珍品堂主人
監督 豊田四郎
脚本 八住利雄
原作 井伏鱒二
製作 佐藤一郎
出演者 森繁久彌
淡島千景
柳永二郎
乙羽信子
淡路恵子
有島一郎
音楽 佐藤勝
撮影 玉井正夫
製作会社 東京映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1960年3月13日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]