久米元一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久米 元一(くめ げんいち、1902年12月20日[1] - 1979年2月23日[2])は、児童文学作家。旧筆名に久米舷一[3]。息子にやはり児童文学者の久米穣

東京生まれ[4]。1920年、高千穂高等商業学校中退[5]

1923年頃より童話雑誌「金の星」の懸賞童話に応募し、たびたび入選。1924年、金の星社に入社するが、1926年退社し、以後執筆に専念。戦後は冒険、推理小説を主体とした少年少女小説を執筆。

著書に「歌えぬうぐいす」「魔女の洞窟」「恐怖の仮面」「くまたろう」など。日本児童文芸家協会顧問をつとめた。

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より