シンドバッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロック鳥に襲われるシンドバッドの船。

シンドバッドアラビア語: السندبادラテン文字転写: Sindibaad)は『千夜一夜物語(アラビアンナイト)』の中の『船乗りシンドバードの物語』(第290夜 - 第315夜)の主人公である船乗りである。名前はアラビア語で「インドの風」を意味し、インド洋航路の交易網を舞台に活躍したイスラム商人の群像を象徴する人物として命名された。

なお、シンドバッドの物語は、「千夜一夜物語」の中の一つとして世界的に知られるが、「千夜一夜物語」の本来のアラビア語の写本には存在しない物語の一つである。1704年に、アントワーヌ・ガランが、アラビア語の写本からフランス語版を出版して、ヨーロッパに初めて「千夜一夜物語」を紹介した際、アラビア語の写本には存在しない話を加えた。それは、以前から所有していたアラビア語の写本で、シンドバットという商人の冒険物語、すなわち、このシンドバッドの物語である[1][2]

日本語表記では、シンドバッドの他に、シンドバードシンバッドなどと記される場合もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]