鈴木寿雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 寿雄
生誕 (1904-01-19) 1904年1月19日
東京府東京市浅草区
死没 (1975-09-15) 1975年9月15日(71歳没)
著名な実績 童画
受賞 第2回小学館児童文化賞

鈴木 寿雄(すずき としお、1904年1月19日 - 1975年9月15日)は、昭和童画画家

東京浅草生まれ。小学校卒業後に丁稚奉公に出たが、川上四郎に影響を受け、赤本児童絵本に挿絵を描き始める。

おもな絵本に「げんこつやまのあかおに」「ごんぎつね」「ふるやのもり」「しおふきうす」「はいくのえほん」等、昔ばなしの挿絵が多数。

兄にベルリンオリンピック銅メダリストの鈴木朱雀、娘に絵本作家の鈴木未央子がいる。

没後、殆どすべての作品は、家族の意志により足立美術館に寄贈され、所蔵されている。