絵物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

絵物語(えものがたり)とは挿絵の比率が非常に高い小説。あるいは紙芝居を本に移植したもの、もしくは絵本の文章量が増えたもの、漫画の絵と文が分離したものとも言える。これらとのジャンルの境界は極めて曖昧で、同じ作品が連載中に絵物語から漫画へ、あるいはその逆の形式になることも少なくない。

絵物語という言葉は岡本一平の『珍助絵物語』(『良友』、大正6年)や、『小学生全集』の「漫画絵物語」(文藝春秋社、昭和4年)などの使用例があるが、戦争期には検閲に対する印象を良くするため「漫画」でなく「絵物語」を使用した例もある[1]

第二次大戦前後に特に流行し、現在の漫画の原型ともなった[要出典]草双紙(絵双紙)とは流行した時代が異なるだけともいえる[要出典]。ほとんどの場合に絵と文は同じ作家が担当し、挿絵部分にふきだしの描かれたものもあるため、漫画の一種とされることもある。

その発祥は紙芝居作家の山川惣治に雑誌『少年倶楽部』の編集者が「誌上紙芝居」という形式の読み物を提案、一人で読む紙芝居として山川がおおまかなかたちを執筆したものが最初とされている。明確な形で確認出来る最初の作品は1930年代のものである(『少年倶楽部』昭和14年7月号 誌上紙芝居「宣撫の勇士」)。

絵物語作家は、紙芝居作家イラストレーターアニメーター漫画家でもあることが多い。代表的な作家としては、山川惣治小松崎茂が挙げられる。日本の漫画表現の基礎をつくった手塚治虫や、アニメ作家の宮崎駿も絵物語形式の作品を残している。

絵物語の黄金時代は昭和20年代という短い期間ではあったが、昭和30年代に登場する「劇画」に影響を与えたともされる[1]

主な作家と作品[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b 『マンガの昭和史』 武田ランダムハウスジャパン2008年、30頁。ISBN 978-4-270-00383-1

関連項目[ソースを編集]