永松健夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永松 健夫
本名 永松 武雄
生誕 1912年明治45年)
日本の旗 日本大分県
死没 1961年昭和36年)
職業 紙芝居作家、絵物語作家
代表作黄金バット
『アトム騎士』
テンプレートを表示

永松 健夫(ながまつ たけお、本名永松 武雄1912年明治45年)3月1日 - 1961年昭和36年)11月17日)は、日本の紙芝居作家、絵物語作家。『黄金バット』の造形を生み出したことで有名。

来歴[編集]

大分県出身。戦前は紙芝居作家として活動し、1930年(昭和5年)、鈴木一郎脚本の紙芝居『黒バット』内で初めて黄金バットの絵を描く。戦後には主に少年雑誌向けの絵物語を執筆。田代寛哉(田代かんや)の妹と結婚する。この結婚で、のちの人形劇団プーク代表曽根喜一(小曽根喜一)の妻で作家の田代巴(田代ともえ)が義理の妹になる[1]1961年(昭和36年)、胃癌で死去。

主な作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 曽根喜一『戦後人形劇風雲録』晩成書房、1998年、p.103-104