岩淵慶造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩淵 慶造(いわぶち けいぞう、1942年1月18日 - )は、日本イラストレーターSFミステリ児童文学等の挿絵で知られる。

経歴[編集]

青森県弘前市出身。子供の頃から絵に親しみ、中学・高校では美術部に所属した。1962年に上京し、亜細亜大学商学部へ入学。1966年に卒業した。

その後一時はフリーの商業デザイナーとして働くが、イラストレーターへの転身を目論み、早川書房にイラストを持ち込む。はじめ『ミステリマガジン』編集長の各務三郎に会うが、彼から『SFマガジン』編集長・南山宏のほうへ廻され、そこでイラストレーターとしての初仕事を得る(『SFマガジン』1967年8月号で、掲載された小説レイ・ブラッドベリ「火と霜」および眉村卓「Expo'87」の挿絵を描いた)。

以降も『SFマガジン』および『ミステリマガジン』の挿絵・表紙絵を描いた。またマレイ・ラインスター『青い世界の怪物』(1970年)など、初期のハヤカワ文庫SFのイラストを手がけた。量的に最も多いのは児童書の仕事で、日本の作品では山本真理子『広島の姉妹』(岩崎少年文庫、1973年)、翻訳ものでは岩崎書店版『名探偵シャーロック・ホームズ』シリーズ(1988年 - 2000年)、オー・ヘンリー『賢者のおくりもの』(講談社青い鳥文庫、1990年)などのイラストがある。

イラストを担当した単行本[編集]

ここに挙げたものはごく一部である。

参考資料[編集]