石川球太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川 球太(いしかわ きゅうた、本名:石川 昌和、1940年1月16日[1] - )は、日本漫画家。のち石川球人(いしかわ きゅうと)と改名した。石川輝義石川てるよし)名義による作品もある。長男の龍太郎はミュージシャンの「UTARO」。

来歴[編集]

神奈川県横浜市出身。横浜市磯子区横浜市立磯子小学校に学ぶ。関東学院高等学校を中退し、鈴木光明うしおそうじに師事[1]。『漫画少年』投稿欄の常連入選者で、1955年1月、「珍消防隊」を『漫画少年』に掲載してデビュー(石川輝義名義)。1956年4月、漫映出版から書き下ろし貸本単行本『ななし野ものがたり』を刊行。

1957年永島慎二深井国中城けんたろう杉村篤らと「むさしのプロダクション」を結成。1966年、『週刊少年マガジン』に連載された「牙王」が代表作となる。以降、動物漫画を主に執筆。

作品リスト[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『劇画・マンガ家オール名鑑』p212 徳間書店