平塚八兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

平塚 八兵衛(ひらつか はちべえ、1913年大正2年)9月22日 - 1979年昭和54年)10月30日)は、警視庁に在籍した刑事警察官茨城県新治郡土浦町(現:土浦市)出身。警察功労章警察功績章受章。退職時の階級警視

人物[編集]

旧制常総学院中学校卒。卒業後は土浦で農業に従事していたが、ある事件で誤認逮捕され、土浦警察署での取調中に殴る蹴るの暴行を加えられた。平塚はこの暴行の経験に発憤し、警察官になろうと決意して上京、警視庁に入庁する。

平塚は子供の頃から気性は荒いが、頭が良い子供で「ガキ大将」のような子供だった。喧嘩では大人の喧嘩ですら話し合いで説得させるような子供で昔から話術に長けていたり、正義感の強い子供で曲がった事は嫌いだった。平塚は貧しい家庭ながらも家族を大切にする子供で、農作業も進んで行っていた。特に母や姉妹を大事にする子だったらしく、姉が嫁に行く時には「いやだいやだ 僕も一緒に行く」と大泣きしたり、体が弱い妹をいつも気遣って、あちこちを回り農作業を手伝ったお礼のお菓子や食べ物を全て食べずに必ず床に伏せっている妹のために持ち帰った。妹が風邪をこじらせ亡くなった時には、肩を落として火葬されるまでずっと冷たくなった妹と添い寝し、「妹が心配して成仏出来ないだろう」と火葬まで泣かなかったが、焼かれた妹を見ると骨を拾う事すら出来ないほど大泣きしていたという。

1939年(昭和14年)、平塚は鳥居坂警察署(現・麻布警察署)に配置される。当初は外勤(交番勤務)であったが、検挙率が同庁でトップになり、間もなく「花の捜査一課」へ異動する。以後、1943年(昭和18年)から1975年(同50年)3月の退職まで刑事部捜査一課一筋であった。

平塚は「落としの八兵衛」「喧嘩八兵衛」「鬼の八兵衛」「捜査の神様」など数々の異名で知られる敏腕の刑事であった。なお、平塚が在任中に手がけた事件は殺人だけでも124件に上り、後述するような戦後の大事件の捜査でも第一線に立ち続けた。その中でも特に平塚の名を高めたものとしては、犯人に身代金を奪取された後に犯人の声をメディアに大々的に報道されて国民的関心事となる中で迷宮入り寸前になり戦後最大の誘拐事件と言われた吉展ちゃん誘拐殺人事件において、犯人の小原保のアリバイを崩して自供に至らせた粘り強い取り調べがある。またこの小原が死刑を執行される直前に、「私は今度生まれるときは真人間になって生まれてきます。どうか、平塚さんに伝えてください」と言い残した事も有名である。

平塚は三億円事件捜査主任を最後に退職した。三億円事件の公訴時効が成立する9か月前の退職であった。その年に毎日新聞産経新聞に捜査事件のレビューが掲載された。吉展ちゃん事件は両紙とも大きく取り上げたが、帝銀事件下山事件は毎日新聞は短く掲載した。その後事件のコメンテーターとして、テレビや映画『実録三億円事件 時効成立』(1975年 東映)に出演した。また、テレビ時代劇「駆けろ!八百八町」(1977年、NET)には北町奉行役で出演した。

退職から4年後の1979年、平塚は膵臓癌のため没した。享年66。逮捕した被疑者は極刑に処せられた者も多かったが、結局、帝銀事件の死刑囚である平沢貞通より先に鬼籍に入った。

巡査から巡査部長警部補警部警視とすべて無試験で昇任している。平塚はまた、退職までに警視総監賞を94回受賞したのをはじめとして、帝銀事件で警察功労章を、吉展ちゃん誘拐殺人事件で警察功績章をそれぞれ受章している。なお、警察在職中に両章を受章しているのは平塚だけであるという言説が度々なされるが、これは誤りで、それ以前にも両章の受章者[誰?]は存在している。[要出典]数々の難事件を解決するという顕著な功績を残した優秀な刑事であったと評される一方で、帝銀事件のように容疑者に拷問を加え自供をさせていたという指摘もなされている。[要出典][1]当時、警察全体の鑑識の重要性が低かったこともあるが、平塚自身も自分達「捜査一課」こそが事件を解決するという意識の強さが逆に捜査を阻害する形になり、手掛かりを求めて現場を荒らしたことに抗議する鑑識課員に罵声を浴びせたりした。

主な取り扱い事件[編集]

エピソード[編集]

  • 平塚は、刑事について以下のような名言を残している。
    • 「刑事という仕事はゼニカネじゃねえ」
    • 「刑事がホシ(犯人)ではなく、肩のホシ(階級章)を追うようになったらおしまいだ」
    • 「俺たちにはよ、100点か0点かしかねえんだよ。80点とか90点とか、そういう中途半端な点数は、俺たち刑事にはねえんだよ」
    • 「保くん?保くん!」…吉展誘拐事件で犯人に呼びかけた言葉。優しい口調だが、犯罪を芯から許さない平塚の感情が口調に現れている。
  • 退職後、平塚が逮捕した犯人で死刑となった者たちの墓参りに行ったが、このうち吉展ちゃん誘拐殺人事件の犯人である小原保の墓参りに行った際、小原が先祖代々の墓に入れてもらえず、横に小さな盛り土がされただけの所に葬られていた事に愕然とし、盛り土に触れた後に泣き崩れた。

著書[編集]

平塚は1975年の退職後に、三億円事件に関する本を執筆した。

  • 『三億円強奪事件 ホシを追いつづけた七年間の捜査メモ』(勁文社
  • 『三億円事件ホシはこんなやつだ』(みんと)

漫画[編集]

平塚八兵衛捜査記録 ザ・のら犬』原案:平塚八兵衛・劇画:石川球太〈『週刊少年チャンピオン』1975年49号(12月1日号)~1976年15号(4月5日号)〉
 『最後の名刑事』といわれた警視庁刑事・平塚八兵衛の捜査根性を描く実録超大作!!
 平塚八兵衛の班が府中本部に来てこのかたその足と耳で集めた情報と実証をもとに彼らは今ここに昭和四十三年十二月十日の犯人の行動を再現しようと試みていた。すべてウラの取れた(証明できた)事実による再現である。

話数 タイトル サブタイトル 掲載号 月日
第1話 三億円事件発生の1 3億円事件発生す!! 1975年49号 1975年12月1日号
第2話 三億円事件発生の2 モンタージュに疑惑あり!! 50号 12月8日号
第3話 三億円事件発生の3 合同捜査会議 51号 12月15日号
第4話 三億円事件発生の4 ホシは単ボシ三十歳!! 52号 12月22日号
第5話 三億円事件発生の5 犯人(ホシ)はこんなヤロウだ!! 1976年1号 1976年1月1日号
第6話 三億円事件発生の6 時効前夜 2号 1月5日号
話数 タイトル サブタイトル 掲載号 月日
第1話 マコトちゃん事件の1 誘拐 1976年3号 1976年1月12日号
第2話 マコトちゃん事件の2 現金(ゲンナマ)は用意したか!? 4号 1月19日号
第3話 マコトちゃん事件の3 別件逮捕 5・6号 1月26日号
2月2日号
第4話 マコトちゃん事件の4 八兵衛乗り出す 7号 2月9日号
第5話 マコトちゃん事件の5 ジカアタリ 8号 2月16日号
第6話 マコトちゃん事件の6 崩れゆくアリバイ 9号 2月23日号
第7話 マコトちゃん事件の7 ヤツはクロい 10号 3月1日号
第8話 マコトちゃん事件の8 ゆさぶり尋問 11号 3月8日号
第9話 マコトちゃん事件の9 時間ぎれ八兵衛 12号 3月15日号
第10話 マコトちゃん事件の10 ケンカ八兵衛 13号 3月22日号
第11話 マコトちゃん事件の11 オトシの八兵衛 14号 3月29日号
第12話 マコトちゃん事件の12 この世に生きて 15号 4月5日号

平塚八兵衛を演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平塚自身は『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』で、捜査中の内部対立の結果、容疑者を特定した通称「名刺班」は容疑者の取り調べから全員外された、と主張している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]