平沢貞通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平沢貞通

平沢 貞通(ひらさわ さだみち、1892年明治25年)2月18日 - 1987年昭和62年)5月10日)は、日本テンペラ画家北海道小樽市出身[1]東京府生まれ)。雅号大暲(たいしょう)、後に光彩(こうさい)[2]

戦後の混乱期に発生した大量毒殺事件である帝銀事件犯人として逮捕され、死刑が確定する。だが刑の執行も釈放もされないまま、逮捕から死までの39年間を獄中で過ごした。

来歴・生涯[編集]

大正期に石井柏亭が撮影した平沢の肖像。

1911年、日本水彩画研究所に入所。1912年、旧制札幌中学校を経て[3]、同小樽中学校卒業。1913年、日本水彩画会結成に石井柏亭磯部忠一らとともに参画。1919年、第1回帝展に出品。1921年、第9回光風会展で今村奨励賞を受賞。1930年、日本水彩画家会委員に就任。

実力派の画家としての地位を確立していたが、1948年1月26日帝国銀行(後の三井銀行。現在の三井住友銀行椎名町支店で男が行員らに毒物を飲ませ12人を死亡させた事件(帝銀事件)の犯人として同年8月21日、突如警視庁に逮捕された。類似事件で使用された名刺を受け取っていたが持っていなかったこと(平沢は財布ごとスリにあったと主張)、過去に銀行相手の詐欺事件を4回起こしていたり、出所不明の現金を持っていたのが決め手ともいわれる。この現金については松本清張らが、当時画家として名が売れていた者としては不名誉な副業(春画作成など)で得たものと推理している。

平沢は取調べで自白をしたが、公判で無実を主張。しかし、裁判では1955年に死刑が確定した。平沢は、虚言癖や記憶障害や判断力低下をもたらすコルサコフ症候群狂犬病予防接種副作用)にかかっており、過去の銀行詐欺事件や帝銀事件の自白もコルサコフ症候群による虚言ではないかと指摘する意見がある。

平沢の自白以外に決め手となる物証が乏しいことや、捜査当初、旧陸軍関係者が犯人として推測されたことなどもあって、平沢を真犯人とした確定判決に疑問を持つ人も少なくなく、「平沢貞通氏を救う会」が結成されたほか、自民党大野伴睦日本社会党田英夫[4]をはじめとする超党派の国会議員のほか、作家の松本清張といった文化人や法曹関係者らが、死刑の執行停止や再審恩赦の救援活動を展開した。こうした動きや平沢の高齢を配慮して、歴代の法務大臣も死刑の執行を見送ったことから、平沢が処刑されることはなかった。

平沢は、死刑が確定してから1カ月半後の1955年6月の第1次請求以来計17回(平沢の死後に養子らが行ったものを加えれば計19回)に及ぶ再審請求を行ったものの、いずれも棄却された。恩赦出願も1962年から5回行ったが、法務省に設置された中央更生保護審査会はいずれも「恩赦不相当」の議決をしている。また、死刑が確定してから30年が経過した1985年には「死刑の時効が成立する」として、身柄の釈放を求める人身保護請求の裁判を起こしたが、「拘置中の死刑囚には時効は進行しない」として棄却された。その直後平沢は、「心神喪失に準ずる扱いをすべきだ」と死刑の執行停止を求めたが、法務省は拒否の回答をした。重体に陥った後の1987年3月末には、「死刑執行という目的を失った拘置は違法だ」として、釈放を求める人身保護請求の裁判を改めて起こしている[5]

長年宮城刑務所収監されていたが、その後高齢のため体調を崩し、1987年5月10日に八王子医療刑務所肺炎を患い獄中で病死した。95歳没。39年間に渡る獄中生活は1万4142日を数え、確定死刑囚としての収監期間32年は当時の世界最長記録であった。

エピソード[編集]

  • 「救う会」の事務局長を務めた森川哲郎の長男武彦は、平沢が獄死しても再審請求を続けるため、後に平沢の養子に入った[6]。平沢獄死後も「救う会」の活動を続けていたが、2013年10月1日、自宅で死亡していたところを知人と警視庁杉並警察署署員によって発見された。知人が武彦と数週間連絡が取れなかったため杉並警察署に相談していた。事件性はなく、9月中に病死したものと見られる[7]
  • 収監中の1967年10月13日第2次佐藤内閣法務大臣を勤めていた田中伊三次は、島秋人を含む23人分の死刑執行命令書に署名[8][9]したが、この中で平沢の名を見付けた際、「これ(平沢)は冤罪だろ」として執行対象から外している。
  • 平沢は入獄後光彩(こうさい)と雅号を変え、獄中の画家として1300点を超える作品を描いた。宮城刑務所時代は特別にアトリエを与えられて画作に取り組み、支援者の手により国内外でしばしば個展を開いていた。絵の材料は支援者らが差し入れていたが、画用紙は神田の文房堂のものをと、注文をつけていた[2]
  • 八王子医療刑務所に移ってからは、老衰白内障による視力障害などのため、ほとんど絵筆をとらなかった。養子の武彦らが面会するたびに「無実だから早く出たい。小樽の両親の墓参りをしたい」などと語り、好きな日本酒を味わうのを楽しみにしていたという[5]
  • 平沢の釈放後に備えて、「救う会」では東京都杉並区今川マンションの一室を用意していた。そこには後に平沢の遺体が安置された[5]

著書[編集]

画集
  • 『帝銀事件・平沢貞通画集 下獄9700日のいかり』平沢貞通氏を救う会 1975
  • 『痛恨の画布 平沢貞通・獄中画と書簡集』平沢貞通画集刊行会 1982
  • 『祈りの画集 獄中37年、生と死のはざまより』平沢武彦編著(ダイナミックセラーズ)1985
  • 『平沢貞通画集』(アオイコーポレーション)1992
著書
  • 『帝銀死刑囚 老てんぺら画家の獄中記』縄野純三編 現代社 1959
  • 『遺書 帝銀事件 わが亡きあとに人権は甦えれ』森川哲郎解説(現代史出版会)1979
  • 『われ、死すとも瞑目せず 平沢貞通獄中記』平沢武彦編(毎日新聞社)1988

平沢貞通を演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ、2004年
  2. ^ a b 「平沢貞通、燃えつきた執念 最後まで『シャバで一杯』」 朝日新聞1987年5月11日朝刊
  3. ^ 「われ、死すとも瞑目せず」、203頁。
  4. ^ 田は共同通信社の記者時代に帝銀事件を手がけていた。
  5. ^ a b c 「帝銀事件の平沢貞通死亡 95歳死刑囚、獄中に39年」 朝日新聞1987年5月11日朝刊
  6. ^ 「(ひと)平沢武彦さん 獄死した平沢貞通の養子」 朝日新聞1987年5月22日朝刊
  7. ^ 帝銀事件・平沢元死刑囚の養子?死亡 東京の自宅で朝日新聞デジタル 2013年10月2日
  8. ^ 勢藤修三『死刑の考現学』三省堂、1983年
  9. ^ 俵孝太郎『政治家の風景』学習研究社、1994年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]