片岡仁左衛門一家殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
片岡仁左衛門一家殺害事件
場所 東京都渋谷区千駄ケ谷
日付 1946年3月
原因 怨恨
武器
死亡者 十二代目片岡仁左衛門
小町とし子他3名
犯人 飯田利明
容疑者 殺人
動機 怨恨
対処 無期懲役
テンプレートを表示

片岡仁左衛門一家殺害事件(かたおかにざえもん いっか さつがい じけん)は、1946年(昭和21年)3月に発生した殺人事件である。

概要[編集]

1946年3月16日東京都渋谷区千駄ケ谷で歌舞伎役者・十二代目片岡仁左衛門一家5人が殺害されているのが見つかる。殺されたのは、片岡仁左衛門(当時65歳)、その妻で元日活女優の小町とし子(当時26歳)、四男(当時2歳)、女中2人(当時12歳と当時69歳)である。5人とも頭を薪割り用ので殴られていた。特にとし子は頭部をめった打ちにされていた。

捜査線上に浮かんだのは、殺害された女中(当時12歳)の兄・飯田利明(当時22歳)で、事件直後から行方が分からなくなっていた。捜査本部は飯田を指名手配。3月30日、逃亡先の宮城県川渡温泉で飯田は逮捕された[1]

捜査によって、飯田は仁左衛門宅に座付見習作家として住み込みで働いていたが、戦後間もない当時の食料事情の悪さなどから配給米を不当に搾取され、1日2食(合計米1合3勺程度)しか与えられていなかったことと、とし子との諍いや、事件直前に仁左衛門が男を「座付き作家としてセンスがない」などと罵倒したことが犯行の動機になったと伝えられている[2]

また、飯田は薪を使った炊き出しをさせられていたのに対し、夫妻は電気コンロを使って蓄えた米をたくさん食べていた。さらに事件前日にはこれまで渡していた配給米をメリケン粉に変えるととし子から告げられたうえ、夫妻と口論になって仁左衛門から「今夜原稿を書いたら出て行け!」と怒鳴られた。そしてせっかく出した原稿も「これでも作家か!」と罵倒され、憤激を抱えたまま飯田は床に就いた。その翌日の早朝便所に行った後、薪割り用の斧につまずいた後で5人を殺害したという[3]。そして飯田は台所にあった米飯とザラメを食べ、国民服に着替えたうえ家にあった現金を盗んで現場から逃走した。

飯田はそれまでに精神障害の既往はなかったが、取り調べで事件当時から逃走に至るまでの記憶が欠落していることが明らかとなったため東京大学医学部精神科教授の内村祐之による精神鑑定が行われた。鑑定結果は、激しい情動のため一時的な意識障害をおこしていたことを示唆するものであった。一方内村とは別に精神鑑定を行った菊池甚一は、少なくとも2人目以降の殺人については一時的に精神病状態であったと結論づけた。

1947年10月22日、飯田は無期懲役の判決を受けた。求刑は死刑であり、5人を残虐な手段で殺害しており、責任能力が認められれば死刑相当の事件であった。この刑について、一般には精神鑑定により心神耗弱状態だったと認定されたためとの説が流布されているが、実際の判決では全ての行為について責任能力を肯定すべきであるとしており、内村、菊池いずれの鑑定も採用されていないし、刑法39条の適用もしていない。それにも係わらず死刑判決にならなかったのは、低栄養や片岡家における葛藤、犯行前夜からの紛争、不眠等の理由で、飯田の感情が著しく興奮して安定を失っていたことを考慮したものとのことである。

飯田のその後については現在も明らかにされていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『近代歌舞伎年表京都篇』国立劇場著、八木書店, 2005, P254
  2. ^ 『発見!意外に知らない昭和史: 誰かに話したくなるあの日の出来事194』歴史雑学探偵団、東京書店、2007, p55
  3. ^ 片岡仁左衛門一家殺害事件、事件録1945→1979