片岡芦燕 (6代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

六代目 片岡 芦燕(ろくだいめ かたおか ろえん、1926年11月15日 - 2011年12月25日)は歌舞伎役者。屋号松嶋屋。定紋は七つ割丸に二引、替紋は銀杏鶴。本名は片岡 大輔(かたおか だいすけ)。舞踊家としての名取藤間 藤彦(ふじま ふじひこ)。兄に十三代目片岡我童二代目市村吉五郎がいる。

来歴[編集]

十二代目片岡仁左衛門の三男として大阪に生まれる。昭和9年 (1934) 6月、東京歌舞伎座『安中草三』の倅で片岡大輔の本名で初舞台。昭和34年 (1959) 10月歌舞伎座『黒手組曲輪達引』(黒手組の助六)の徳之助、『摂政関白』の僧智円、『半七捕物張』の子分で、六代目片岡芦燕を襲名する。

市川猿之助一座に所属し、『与話情浮名横櫛』(切られ与三)の蝙蝠安、『恋飛脚大和往来・封印切』の治右衛門、『彦山権現誓助剣』(毛谷村)の斧右衛門、『菅原伝授手習鑑・車引』の時平など、時代物世話物の脇役として舞台を引き締めていた。また学究肌で歌舞伎の知識も豊富な博覧強記な人物としても知られた。

2011年12月25日、急性心筋梗塞により逝去[1]。85歳没。

脚註[編集]

  1. ^ 歌舞伎俳優の片岡芦燕さん死去 産経新聞 2011年12月25日閲覧