片岡仁左衛門 (12代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十二代目 片岡かたおか 仁左衛門にざえもん
Nizaemon Kataoka XII.jpg
屋号 松嶋屋
定紋 七ツ割丸に二引 Nanatsu-wari Maru ni Ni-hiki inverted.svg
生年月日 1882年9月9日
没年月日 (1946-03-15) 1946年3月15日(63歳没)
本名 片岡東吉
襲名歴 1. 片岡東吉
2. 二代目片岡土之助
3. 四代目片岡我童
4. 十二代目片岡仁左衛門
出身地 東京府浅草区今戸
十代目片岡仁左衛門(養父)
小町とし子
十三代目片岡我童
二代目市村吉五郎
六代目片岡芦燕
当たり役
『朝顔日記』の深雪
『琴責』の阿古屋
『頼朝の死』の源頼家

十二代目 片岡 仁左衛門(かたおか にざえもん、1882年明治15年)9月9日 - 1946年昭和21年)3月16日)は、日本の歌舞伎役者八代目片岡仁左衛門の娘の子で、十代目片岡仁左衛門の養子。本名は片岡 東吉(かたおか とうきち)。東京今戸出身[1]

人物[編集]

1885年(明治18年)東京・千歳座(現在の明治座)で本名の片岡東吉で初舞台を踏み、その後二代目片岡土之助を経て1901年(明治34年)四代目片岡我童襲名[2]

1936年(昭和11年)、東京・歌舞伎座『馬切』の織田信孝で十二代目片岡仁左衛門を襲名[2]。この当時、東京歌舞伎では女形が不足していたため、関西歌舞伎の仁左衛門も招きを受け、十五代目市村羽左衛門の相方を多く務めた。当り役に『生写朝顔話』(朝顔日記)の深雪、『壇浦兜軍記・琴責』の阿古屋などがある。『義賢最期』は十二代目が復活させ、片岡孝夫(十五代目片岡仁左衛門)が演じて以来、人気狂言となった[3]

1940年(昭和15年)、同年に引退した元日活女優小町とし子と結婚。

長男は13代目片岡我當、次男は2代市村吉五郎、三男は6代片岡芦燕

戦後まもない1946年(昭和21年)3月16日、東京の自宅で夫人のとし子・四男・女中二人とともに、住み込みの門人によって薪割り用ので殺害された(片岡仁左衛門一家殺害事件)。

芸風[編集]

立役女形の双方をつとめた。奈河彰輔は「姿、特に眼が美しく、やや含みがちの口跡ながら調子も良く、娘方、二枚目の範囲での芸域は広く、阿古屋、朝顔の深雪、お染、櫻時雨の吉野太夫、そして立役では、伊左衛門、松平長七郎、躄勝五郎「鮨屋」の弥助などの当り役では、他の追随を許さなかった。鷹揚な品位は独特のもので、新歌舞伎でも「頼朝の死」の頼家は高く評価されている。反面、どことなく冷たさと暗さのある芸風であったが、六世梅幸没後の十五世羽左衛門の相手役の位置に坐ってから、明るさが舞台に出るようになった。三千歳、十六夜、お富など、江戸前の役々をこなし、玲瓏とした色気を見せたが、誠実な生世話物の味が出にくかったのは、やはり性格的な冷たさによるものであろうか」[2]と評している。

当たり[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 片岡仁左衛門 (12代目) 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク 2018年7月30日閲覧。
  2. ^ a b c 十二世片岡仁左衛門|歌舞伎美人” (日本語). 歌舞伎美人. 2020年5月27日閲覧。
  3. ^ 源平布引滝~義賢最期・実盛物語 | 歌舞伎演目案内 – Kabuki Play Guide –”. dev-enmokudb.co-site.jp. 2020年5月27日閲覧。

関連項目[編集]