刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』(けいじいちだい ひらつかはちべえのしょうわじけんし)は、佐々木嘉信・著、平塚八兵衛・述による日本ノンフィクション書籍及び、それを原作とした2009年テレビドラマ

概要[編集]

産経新聞社の元編集局調査資料部長・佐々木嘉信が社会部記者時代の1975年、“昭和の名刑事”と称えられた平塚八兵衛に直接インタビューをし、平塚八兵衛が捜査に当たった事件についてまとめた著書。1975年に『刑事一代―平塚八兵衛聞き書き』として刊行、2004年に新潮文庫から文庫化された際に『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』と改題された(ISBN 978-4-10-115171-7) 。本書の中では、帝銀事件下山事件吉展ちゃん誘拐殺人事件三億円事件などについて述べられている。

2009年、テレビ朝日の開局50周年記念ドラマとして渡辺謙主演でテレビドラマ化された。

テレビドラマ[編集]

2009年6月20日21日に二夜連続で放映された。視聴率は第一夜19.4%、第二夜21.6%(ビデオリサーチ関東地区調べ)。ギャラクシー賞2009年6月度月間賞を受賞。

ソフト化はされていない。

キャスト[編集]

主なキャスト[編集]

平塚八兵衛渡辺謙
警視庁捜査一課刑事。
「鬼の八兵衛」「落としの八兵衛」「喧嘩八兵衛」などの異名を持つ個性派刑事。
「刑事(デカ)には100点か0点しかねぇんだ」が口癖。自分の持論を徹頭徹尾曲げない信条から、度々周囲の刑事と衝突するが、上役の加山や尾藤らにもその腕を認められる。
郷里での警察署に勤めていた給仕との諍いから、刑事に袋叩きにあった経験がきっかけで警官になり、十二代目片岡仁左衛門一家殺人事件を皮切りに、刑事として数々の事件捜査に関わる。一度も昇進試験を受けずして、退職時には警視まで上り詰めた叩き上げの刑事である。
岩瀬厚一郎:小泉孝太郎
産政新聞社会部記者。
吉展ちゃん誘拐殺人事件の際に八兵衛宅に張り込み取材を行い、八兵衛と知り合う。八兵衛の回顧録を作るため、吉崎と共に八兵衛宅を訪れる。
吉崎真由:相武紗季
産政新聞カメラマン。
急場しのぎではあったが岩瀬の八兵衛宅取材に同行し、初めは回顧録に乗り気ではなかった八兵衛を「落とす」ことに成功する。父親が元警官で、八兵衛のような刑事になりたいと願っていた。
平塚つね:原田美枝子
八兵衛の妻。
日々過酷な八兵衛の刑事生活を献身的に支える。
帝銀事件編[編集]
事件関係者(容疑者側)[編集]
平沢貞通榎木孝明
帝銀事件容疑者
皇室へ絵を献上するほどの腕前を持つテンペラ画の大家。帝銀椎名町支店に残された名刺と同一の名刺を交換していたため、名刺班の捜査対象となる。小樽の平沢のもとを訪ねてきた岸田・八兵衛に対し、アリバイと名刺をなくした経緯を淀み無く証言した。あまりにはっきりし過ぎている平沢の証言に八兵衛は逆に疑問を抱き、裏付け捜査を開始することとなる。
平沢咲子:木村多江
貞通の長女。
太平洋戦争で夫を亡くし、東京でパートをしながら子供2人を養う。八兵衛・福永に(表向きは別事件の聞き込みとして)父親のことを尋問される。
警察関係者[編集]
岸田為五郎:浅野和之
警視庁捜査一課強盗犯担当 警部補
帝銀事件の名刺班班長。
平沢の捜査を捜査本部から隠密裏に実行することを決断。八兵衛以下の名刺班をバックアップする。旅費差し止め等、捜査本部から数々の妨害を受けるが、自宅を抵当に入れてまで経費を調達。小樽にて平沢の身柄確保・東京移送の逮捕劇に漕ぎ付ける。
モデルは、実際の帝銀事件名刺班班長であった居木井警部補である。
警備員殺人事件[編集]
事件関係者(容疑者側)[編集]
森川剛三:杉本哲太
警備員殺人事件の容疑者。
警備員殺人事件発生時のアリバイがなかったため、容疑者の一人として浮上。事件翌日に同僚の影山が事件現場の状況を詳細に話していたと証言する。
森川八重子:余貴美子
剛三の妻。
警備員殺人事件発生の際は病気で臥せっており、夫の剛三が看病していたとされた。
警察関係者[編集]
加山新蔵:柴田恭兵
警視庁捜査一課主任 警部補(警備員殺人事件)。冒頭の回想シーンでは「元捜査一課 警視」となっている。
八兵衛曰く「生涯頭の上がらない人」で、新米刑事時代の直属上司。八兵衛の師匠的人物でよき理解者。
警備員殺人事件、吉展ちゃん誘拐殺人事件などで捜査指揮を担当。吉展ちゃん誘拐殺人事件の捜査本部解散後志村警察署長に栄転、その際に八兵衛を継続捜査班に推薦する。
その後、退官後も三億円事件の継続捜査に苦慮する八兵衛を陣中見舞いに訪れたりするなどしていた。
石崎隆二:高橋克実
警視庁捜査一課刑事 巡査部長。八兵衛の相棒。
警備員殺人事件から加山の命令で八兵衛とコンビを組む。初めは八兵衛と仲が良くなかったが、捜査が進むとともに良き相棒へと変化する。
吉展ちゃん誘拐殺人事件の捜査あたりから体の変調があったが、意に介さず捜査・取調べを続行。誘拐事件解決後に末期ガンが判明し、警察功績賞受取り後に他界する。
モデルは、実際に吉展ちゃん事件で八兵衛と捜査にあたった石井慶治巡査部長である。
吉展ちゃん誘拐殺人事件編[編集]
事件関係者(容疑者側)[編集]
小原保:萩原聖人
吉展ちゃん誘拐殺人事件の容疑者。
脅迫電話の声が似ているという証言が続出したことから捜査線上に浮上していたが、福島でのアリバイが崩せず、また足が不自由なことから捜査本部は一度は「シロ」と判断した。別の窃盗事件で逮捕され、前橋刑務所へ収監中であった。
警察関係者[編集]
尾藤和則:大杉漣
警視庁捜査一課課長代理 警視
加山の進言を受けて吉展ちゃん誘拐事件にて八兵衛を捜査班に迎え入れる。後に三億円強奪事件にて八兵衛に捜査本部へ加わるよう依頼する。
草間毅彦:山本耕史
警視庁捜査一課四係刑事 警部補。冒頭の回想シーンでは「刑事部参事官」となっている。
吉展ちゃん誘拐殺人事件にて小原保の捜査に途中から合流し、八兵衛の下についた若手である。三億円事件では八兵衛と捜査手法において対立したが、八兵衛が三億円事件の捜査から外れた際に、八兵衛の陰口を叩いた捜査員を一喝しており、八兵衛の捜査術や信条を尊敬していたことが窺える。

その他のキャスト[編集]

警察(警視庁)関係者

階級が警視であったが、本来ならば警視監。モデルは槇野勇(後の第69代警視総監)。

その他

スタッフ[編集]

遅れネット局[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]