この記事は拡張半保護されています。(拡張半保護の方針による半保護)

刑事部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

点検を受ける刑事
 

刑事部(けいじぶ)とは、主に刑法犯罪を扱う日本の部局の名称。

  1. 都道府県警察本部に設置。本稿で詳述。
  2. 最高検察庁・各高等検察庁東京など11の地方検察庁に設置。

概要

一般に刑法犯罪に対する捜査を行う。刑事ドラマなどで一般的な警察の顔たる「刑事」と呼ばれる職員が所属する部署。以下の通りの構成が多い。

捜査第一課
殺人強盗暴行傷害誘拐、立てこもり、性犯罪放火などの凶悪犯罪を扱う[1]
捜査第二課
詐欺通貨偽造贈収賄背任脱税、不正取引や金融犯罪、経済犯罪企業犯罪等の金銭犯罪・知能犯罪を取り締まる部署である。選挙違反公務員職権濫用その他の公権力に関する汚職についても二課で取り扱っている[2][3][4][5][6]
捜査第三課
空き巣ひったくりスリ万引きなどといったさまざまな窃盗事件を取り扱う。ただし、県警の規模によっては三課は置かれず、捜査一課が窃盗事件も担当している場合もある。刑事に任用されるとまずは捜査三課からキャリアを始めることが多いという[7]
捜査第四課
暴力団等の取り締まりを扱う。警視庁福岡県警察本部長直轄の「組織犯罪対策部(警視庁)」「暴力団対策部(福岡県警察)」として他の部と同様に独立している。
鑑識課
事件現場に残された指紋足跡血痕毛髪唾液皮膚片体液繊維などを照合する。より高度な技術を必要とする鑑定科学捜査研究所で行う。科捜研でも鑑定が困難な場合は警察庁科学警察研究所で行う。
機動捜査隊
普段は覆面パトカー地域警邏し、事件が起こった場合には、初動捜査を行う。初動捜査のみで事件が解決出来ない場合は、捜査一課、捜査三課などに捜査を引き継ぐ。

各所轄警察署には同様の業務を担当する「刑事課」がある。警視庁刑事部長の階級は警視監、道府県警察本部刑事部長は警視正あるいは警視長が充てられている。

警視庁刑事部

組織

  • 刑事総務課
    • 庶務 - 庶務係(刑事部内、刑事総務課内の庶務)
    • 刑事企画 - 刑事企画第1、第2係(刑事部の総合調整)、刑事部特別捜査係(刑事部長の特命事件捜査)
    • 刑事指導 - 刑事指導係(刑事警察官の実務指導)、法令指導第1、第2係(法令の研究、指導)、刑事統計係(刑事統計)
    • 刑事教養 - 刑事教養第1 - 第3係(刑事警察官の実務教養、講習)
  • 捜査第一課(捜査第一課員のみが、「S1S mpd」と金文字の入った金枠付きの赤い丸バッジを背広の襟に付けている。警視庁だけの制式で、他の道府県警察本部では制定されていない)
    • 第一強行犯捜査 - 強行犯捜査第1係(課内庶務)、強行犯捜査第2係(捜査本部の設置、連絡調整)、科学捜査係(科学捜査)
    • 第二強行犯捜査 - 殺人犯捜査第1 - 3係(殺人、傷害事件の捜査)
    • 第三強行犯捜査 - 殺人犯捜査第4・5係(殺人、傷害事件の捜査)
    • 第四強行犯捜査 - 殺人犯捜査第6・7係(殺人、傷害事件の捜査)
    • 第五強行犯捜査 - 殺人犯捜査第8・9係(殺人、傷害事件の捜査)
    • 第六強行犯捜査 - 強盗犯捜査第1係(強盗事件の捜査、強盗事件に係る犯罪手口資料)、強盗犯捜査第2 - 第6係(強盗事件の捜査、暴行・傷害事件の連続犯事件の捜査)、性犯罪捜査第1係(性犯罪捜査、性犯罪に係る犯罪情報収集及び分析)、性犯罪捜査第2係(強制性交等及び強制わいせつ事件の捜査)
    • 第七強行犯捜査 - 火災犯捜査第1・2係(放火・失火事件捜査)
    • 第一特殊犯捜査 - 特殊犯捜査第1係(誘拐、人質立てこもり、航空機強取事件)、特殊犯捜査第2係(電話及び文書による恐喝、脅迫)、特殊犯捜査第3係(航空機、列車等での事故、爆破事件、爆発事故、労働災害による業務上過失致死傷事件の捜査)
    • 第二特殊犯捜査 - 特殊犯捜査第4係(特殊犯に係る重要特異事件)
    • 特命捜査対策室 - 特命捜査第1 - 4係(未解決事件の継続捜査〈殺人事件については2010年5月から公訴時効が廃止されたため〉、強行犯に係る特命捜査 捜査員約40名配置)
  • 捜査第二課
    • 知能犯捜査第1・2係(課内庶務、知能犯罪捜査運営、資料整備、知能犯罪情報に係る捜査)
    • 選挙係(選挙違反事件捜査、政治資金規正法違反捜査)、情報係(重要知能犯情報の収集及び分析)
    • 企業犯捜査第1・2係(企業犯罪捜査)、企業犯捜査第3 - 第6係(金融機関に係る知能犯罪捜査)
    • 第1 - 第6係(贈収賄等重要知能犯罪捜査、官製談合防止法違反事件捜査)
    • 特別捜査第1係(告訴事件調整及び捜査)、特別捜査第2係(詐欺、背任、横領に係る犯罪捜査)、特別捜査第3係(通貨及び公債偽造)、特別捜査第4係(不動産侵奪、境界)、特別捜査第5係(名誉及び信用)特別捜査第6〜第15係(特命事項、特別刑法事件捜査、その他一般知能犯罪捜査)
    • 聴訴室[8] 聴訴第1係(告訴及び告発事件受理)、聴訴第2係(告訴事件、知能犯罪捜査の指揮統制及び指導教養)
    • 財務解析センター 財務捜査第1 - 第3係(財務解析捜査)
  • 捜査第三課
    • 第1係(課内庶務)、第2係(手口資料)、第3係(自動車窃盗、預金通帳窃盗事件捜査)
    • 第4 - 6係(窃盗捜査)、第7係(すり、組織窃盗事件捜査)
  • 捜査共助課(全国指名手配担当・他道府県警察との協力事務)
    • 手配係(課内庶務、指名手配連絡調整)、捜査共助係(他道府県警察との連絡)、広域捜査共助係(広域重要事件手配事務)
  • 鑑識課(鑑識・検視・警察犬の訓練など担当)
    • 鑑識管理係(課内庶務、鑑識機材管理)
    • 現場鑑識第1 - 5係(現場鑑識)、警察犬係(警察犬の管理運用)、検視第1 - 第3係(検視、死体取扱いの調査)
    • 現場指紋係(現場の指紋の採取)、指紋照合係(指紋の照合)、指紋理化係(指紋の検出)、指紋資料係(指紋原紙の管理)、現場足跡係(タイヤ痕等の採取)
    • 現場写真係(現場写真の作成)、特殊写真係(モンタージュ写真等の作成)、写真閲覧係(被疑者写真の閲覧)
  • 科学捜査研究所(通称:科捜研)
    • 第一法医科 - 庶務係、法医第一係(体液、組織の鑑定及び検査)
    • 第二法医科 - 法医第二係(DNA鑑定
    • 物理科 - 電気係(電気事故、火災原因、声紋、その他物理学的鑑定及び検査)、機械係(機械事故、交通事故原因、銃器及び刀剣類の鑑定、痕跡の鑑定)
    • 文書鑑定科 - 文書鑑定係(文書鑑定、通貨)、心理係(ポリグラフ、知能検査、性格検査、方言鑑定、その他言語心理学の心理鑑定)
    • 第一化学科 - 化学第一係(ガス関係事故原因、火薬・爆発物の鑑識及び検査)、化学第二係(油類、有機溶剤の鑑定及び検査)
    • 第二化学科 - 化学第三係(薬物鑑定及び検査)、化学第四係(酩酊度鑑定及び検査、公害関係の鑑定及び検査、薬毒物の鑑定及び検査)
  • 捜査支援分析センター 所長、副所長、分析官
    • 第一捜査支援 - 支援管理係(庶務、捜査支援要請受付)、システム第一係(システム運用・管理)、システム第二係(指導教養)、開発係(捜査支援システムの調査・研究開発)
    • 第二捜査支援-技術支援係(情報機器解析・鑑定及び画像処理・照合)、情報分析係(犯罪情報分析)、情報支援係(土地鑑資料)、機動分析第一係(現場における捜査支援)、機動分析第二係(現場における捜査支援)
  • 機動捜査隊(初動捜査)
    • 隊本部 庶務係、連絡係、各班、分駐所(現場における初動捜査、警ら)
    • 第一機動捜査隊(東京都区部東半分担当)
    • 第二機動捜査隊(東京都区部西半分担当)
    • 第三機動捜査隊(多摩地域担当)
  • 主な特別捜査本部

役職

刑事部長

刑事部長は必要があると認めた場合、「特別捜査本部」の設置を発令することができる。特に人質立てこもり事件の際は刑事総務課に対策室を設置して全面指揮を執る。また事件によっては直接現場に赴いて陣頭指揮をとることがある。捜査第一課長はノンキャリア(警視庁プロパー)の警察官が就くことになっている。また、捜査第二課長はキャリア警察官が就くことになっている。

脚注

[脚注の使い方]

関連項目