谷口ジロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷口 ジロー
(2015年)
(2015年)
本名 谷口 治郎
生誕 (1947-08-14) 1947年8月14日
日本の旗 日本鳥取県鳥取市
死没 (2017-02-11) 2017年2月11日(69歳没)
職業 漫画家
活動期間 1971年 - 2017年
ジャンル 青年漫画
代表作「坊っちゃん」の時代』(原作:関川夏央
孤独のグルメ』(原作:久住昌之
受賞 第37回:小学館漫画賞審査員特別賞(『犬を飼う』)
第12回:日本漫画家協会賞優秀賞(『「坊っちゃん」の時代』)
2011年フランス政府芸術文化勲章シュヴァリエ章
テンプレートを表示

谷口 ジロー(たにぐち ジロー、男性1947年8月14日 - 2017年2月11日)は、鳥取県鳥取市出身の漫画家である。

来歴[編集]

鳥取商業高校を卒業後に京都の繊維会社に就職したが、漫画家を目指して1966年に上京し、石川球太アシスタントとなり漫画の技術を学ぶ。1971年に『嗄れた部屋』が『週刊ヤングコミック』に掲載されたのちに、上村一夫のアシスタントを経て独立した。以後、関川夏央漫画原作者と組み、青年向け漫画ハードボイルド動物もの、冒険、格闘、文芸、SFと多彩な分野の作品を手がける。

描く絵は、ジャン・ジロー(メビウス)やフランソワ・シュイッテンなどバンド・デシネの作家から影響を強く受け、インタビューでは「日本で一番影響を受けているんじゃないか」と語っている[1]1991年の『犬を飼う』で中流家庭の日常を題材にして新境地を開き、以降は人と動物、人と人とのつながりをテーマにした日常的なドラマも多く手がけた。

『歩くひと』や『遥かな町へ』などの翻訳版刊行を期に2000年代からヨーロッパで評価が高まり、フランス語圏を中心に芸術系統で多数受賞した。2007年から2008年にかけてカルティエの広告を複数の画家とともに担当し、フランスのブティックでカルティエに関する漫画が描かれた小冊子が配布された。2014年ルイ・ヴィトンが刊行するトラベルブックのヴェニス編を担当した[2]

2010年に『遙かな町へ』を原作として舞台をリヨン近郊に設定したフランス映画 "Quartier Lointain" が制作・公開された。日本では2013年2月に小学館集英社プロダクションメディアファクトリービデオスルーでDVDソフトを発売した。原作の舞台となった鳥取県倉吉市で撮影を予定する邦画オリジナル版が、東映や小学館らの製作委員会方式2012年の公開を目標に製作を計画されていたが、資金不足を理由として2012年夏に事実上断念した。

2012年に『孤独のグルメ』がテレビ東京でドラマ化され、海外でも放映され、中国版も製作された。2014年にフランス人のNicolas FinetとNicolas Albertによるドキュメンタリー『谷口ジローの足跡 歩く人』が制作され、2015年に第46回アングレーム国際漫画祭で公開された[3]。 2020年4月から2021年3月にかけて『歩くひと』がNHKにて全12回の紀行ドラマ化された。[4][5]

2017年2月11日多臓器不全のため死去[6][7]。69歳没。

死後[編集]

2017年11月18日に、イラストレーター寺田克也バンド・デシネ研究家で翻訳家の原正人らをゲストに招き、鳥取市で「ふるさと鳥取で谷口ジローさんを偲ぶ会」が開かれた。

2017年11月29日から『孤独のグルメ』のアニメ作品がスマートフォン向け配信アプリ「タテアニメ」で配信された。

2017年12月8日に、闘病中に執筆した遺稿をまとめた単行本の『光年の森』と『いざなうもの』を小学館が刊行した[8]

2023年1月から3月にかけて、東京都清瀬市郷土博物館英語版にて「歩く、描く 谷口ジローと清瀬」展が開催された[9]。谷口が1976年から2000年まで清瀬市に住んでいた縁による[9]

人物[編集]

  • 「静かな感じで。谷口さんが声を荒らげたところなんて見たことないし、いつもニコニコしていて」と久住昌之は述べている[10]
  • アシスタントには指示や指導など手ほどきせず、アシスタントらは谷口の作画品質に合わせて仕上げるべく努力した[10]
  • 新作を描くたびに毎回新しい作画手法を取り入れた[10]
  • 通販生活で連載した『散歩もの』は、特注品の大版原稿用紙を用いてスクリーントーンを3重に貼って背景を描いた[10]

作品リスト[編集]

連載[編集]

作品集[編集]

  • 大いなる野生(1980年、オハヨー出版
  • 西風は白い(1984年、双葉社)
  • 新・大いなる野生(1985年、祥伝社)
  • 海景酒店 HOTEL HARBOUR-VIEW(1986年、双葉社)
  • 犬を飼う(1992年、小学館)
  • 森へ(1994年、河出書房新社
  • 東京幻視行(1999年、講談社)
  • 凍土の旅人(2004年、小学館)
  • 谷口ジロー選集 犬を飼うと12の短編(2009年、小学館)
  • 谷口ジロー選集 ブランカ(2009年、小学館)
  • 谷口ジロー選集 神の犬(2009年、小学館)
  • 歩くひとPLUS(2010年、光文社)
  • 荒野よりFROM WILDERNESS(2012年、光文社)
  • 谷口ジロー画集 jiro taniguchi(2016年、小学館)
  • いざなうもの (2017年、小学館)
  • 犬を飼う そして…猫を飼う(2018年、小学館)
  • 谷口ジローコレクション(2021年 - 、小学館・双葉社(第1期)、集英社・双葉社・扶桑社(第2期)) - 著者初の本格選集、2021年10月から2022年2月までの5か月間にわたり、毎月2冊ずつ、合計10巻を第1期として刊行する[11][12][13]。第2期も2022年5月から同年9月まで同様[14]
    • 父の暦〈谷口ジローコレクション〉(2021年10月29日、小学館)[15]ISBN 978-4-091-79365-2
    • 遥かな町へ〈谷口ジローコレクション〉(2021年11月30日、小学館)[16]ISBN 978-4-09-179366-9
    • 冬の動物園〈谷口ジローコレクション〉(2021年12月28日、小学館)[17]ISBN 978-4-09-179369-0
    • 欅の木〈谷口ジローコレクション〉(2022年1月28日、小学館)[18]ISBN 978-4-09-179372-0
    • 青の戦士〈谷口ジローコレクション〉(2022年2月28日、小学館)[19]ISBN 978-4-091-79374-4
    • 『坊っちゃん』の時代〈谷口ジローコレクション〉(2021年10月29日、双葉社)[20]ISBN 978-4-575-31666-7
    • 秋の舞姫 「坊っちゃん」の時代 第二部〈谷口ジローコレクション〉(2021年11月30日、双葉社)[21]ISBN 978-4-575-31678-0
    • かの蒼空に 「坊ちゃん」の時代 第三部〈谷口ジローコレクション〉(2021年12月27日、双葉社)[22]ISBN 978-4-575-31687-2
    • 明治流星雨 「坊っちゃん」の時代 第四部〈谷口ジローコレクション〉(2022年1月28日、双葉社)[23]ISBN 978-4-575-31697-1
    • 不機嫌亭漱石 「坊っちゃん」の時代 第五部〈谷口ジローコレクション〉(2022年2月28日、双葉社)[24]ISBN 978-4-575-31703-9
    • 神々の山嶺〈谷口ジローコレクション〉(集英社)
      1. 2022年5月30日発売[25]ISBN 978-4-08-792756-6
      2. 2022年6月30日発売[26]ISBN 978-4-08-792757-3
      3. 2022年7月29日発売[27]ISBN 978-4-08-792758-0
      4. 2022年8月30日発売[28]ISBN 978-4-08-792759-7
    • 孤独のグルメ〈谷口ジローコレクション〉(扶桑社)
      1. 2022年5月30日発売[29]ISBN 978-4-59-409154-5
      2. 2022年6月30日発売[30]ISBN 978-4-59-409155-2
    • センセイの鞄〈谷口ジローコレクション〉(双葉社)
      1. 2022年7月29日発売[31]ISBN 978-4-575-31733-6
      2. 2022年8月29日発売[32]ISBN 978-4-575-31739-8

書き下ろし[編集]

短編[編集]

  • 嗄れた部屋(週刊ヤングコミック 1971年12月22日号掲載、少年画報社)

その他の作品[編集]

  • 尾崎放哉生誕130周年記念作品展ポスター(2015年、鳥取市) - 尾崎放哉の肖像画を担当。
  • 中川酒造株式会社、日本酒「いなば鶴 放哉」のラベル - 尾崎放哉の肖像画を担当。中川酒造は『父の暦』に登場する「大石酒蔵」のモデルであり縁がある。

受賞歴[編集]

1992年
1993年
1998年
1999年
2001年
2002年
  • 第20回 バルセロナ国際コミック展 読者が選ぶ最優秀漫画賞(『父の暦』)
  • 第26回 アストゥリアス公領漫画国際展 Haxtur長編漫画大賞(『父の暦』)
2003年
2004年
  • 第6回ナポリCOMICONフェスティバル アッティリオ・ミケルッツィ外国部門賞(『「坊っちゃん」の時代』)
  • 9e Artプロモーション 2003Bedelys賞・金賞 他(『遥かな町へ』)
  • 映画と文化国際フォーラム 映画化最適コミック賞 (『遥かな町へ』)
  • 第22回バルセロナ国際コミック展 最優秀外国作品賞 (『遥かな町へ』)
2005年
2008年
  • 第13回ドイツ国際漫画祭 最優秀作漫画作品賞/年間ベストコミック賞(『遥かな町へ』)
  • ロミックス・フェスティバル グランプリ (『晴れゆく空』)
2010年
2011年
2013年
  • 第38回 鳥取市文化賞 特別功績賞

企画展示[編集]

2021年
2022年
2023年(予定)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ ティム・リーマン『マンガマスター』美術出版社2005年
  2. ^ (日本語) Louis Vuitton Travel Book Venice by Jirô Taniguchi (EN Subtitles) (YouTube配信). Louis Vuitton. (2014年5月7日). https://www.youtube.com/watch?v=RM1PNuCp2og 2021年9月26日閲覧。 タイトル抄訳:ルイ・ヴィトン トラベル・ブック ヴェニス by 谷口ジロー (英語字幕)
  3. ^ 46e Festival de la Bande Dessinée d'Angoulême – a venir - Du 24 au 27 janvier 2019 - Dans les pas de Jirô Taniguchi, l’homme qui marche” (フランス語). Festival de la Bande Dessinée d'Angoulême (2015年2月25日). 2018年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月26日閲覧。
  4. ^ 日本放送協会. “BS4Kドラマ「歩くひと」 Eテレで特別編3/20・27放送!” (日本語). ドラマトピックス. 2022年10月1日閲覧。
  5. ^ NHK. “歩くひと” (日本語). NHK放送史 | NHKアーカイブス. 2022年10月1日閲覧。
  6. ^ a b “漫画家の谷口ジローさん死去 「孤独のグルメ」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年2月12日). https://www.asahi.com/articles/ASK2D00KJK2CUCLV008.html 2021年9月26日閲覧。 
  7. ^ 訃報:谷口ジローさん69歳=漫画家「孤独のグルメ」”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2017年2月11日). 2021年9月26日閲覧。
  8. ^ 谷口ジローさんに未発表の遺稿 小学館、12月刊行」『日本経済新聞』日本経済新聞社、2017年10月30日、夕刊。2021年9月26日閲覧。
  9. ^ a b "歩く、描く 谷口ジローと清瀬 ─企画展─". 清瀬市郷土博物館ホームページ. 清瀬市. 2023年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月24日閲覧
  10. ^ a b c d 『谷口ジロー 描くよろこび』刊行記念イベント 久住昌之×竹中直人 「ぼくたちと谷口ジロー」”. マンバ通信 (2019年2月11日). 2021年9月26日閲覧。
  11. ^ “谷口ジロー作品の本格選集が雑誌掲載時と同じB5サイズで登場、未発表のラフも掲載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年9月24日). https://natalie.mu/comic/news/446442 2022年3月1日閲覧。 
  12. ^ “「谷口ジローコレクション」ついに刊行スタート! 全巻、未発表原画・ラフスケッチ、豪華著名人の寄稿も決定!!” (プレスリリース), 小学館, (2021年10月29日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001377.000013640.html 2022年7月3日閲覧。 
  13. ^ “大友克洋と久住昌之の寄稿も、雑誌サイズ「谷口ジローコレクション」第3弾発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年12月28日). https://natalie.mu/comic/news/459804 2022年3月1日閲覧。 
  14. ^ “「谷口ジローコレクション」第2期全10巻、5月30日より刊行スタート!” (プレスリリース), 集英社, (2022年2月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000311.000011454.html 2022年7月3日閲覧。 
  15. ^ 父の暦(谷口ジローコレクション)”. 小学館. 小学館. 2022年3月1日閲覧。
  16. ^ 遥かな町へ(谷口ジローコレクション)”. 小学館. 小学館. 2022年3月1日閲覧。
  17. ^ 冬の動物園(谷口ジローコレクション)”. 小学館. 小学館. 2022年3月1日閲覧。
  18. ^ 欅の木(谷口ジローコレクション)”. 小学館. 小学館. 2022年3月1日閲覧。
  19. ^ 青の戦士(谷口ジローコレクション)”. 小学館. 小学館. 2022年3月1日閲覧。
  20. ^ 谷口ジローコレクション 6 「坊っちゃん」の時代”. 双葉社. 双葉社. 2022年3月1日閲覧。
  21. ^ 谷口ジローコレクション 7 秋の舞姫 「坊っちゃん」の時代 第二部”. 双葉社. 双葉社. 2022年3月1日閲覧。
  22. ^ 谷口ジローコレクション 8 かの蒼空に 「坊っちゃん」の時代 第三部”. 双葉社. 双葉社. 2022年3月1日閲覧。
  23. ^ 谷口ジローコレクション 9 明治流星雨 「坊っちゃん」の時代 第四部”. 双葉社. 双葉社. 2022年3月1日閲覧。
  24. ^ 谷口ジローコレクション 10 不機嫌亭漱石 「坊っちゃん」の時代 第五部”. 双葉社. 双葉社. 2022年3月1日閲覧。
  25. ^ 谷口ジローコレクション11 神々の山嶺 1/谷口ジロー/夢枕獏”. 集英社. 2022年7月3日閲覧。
  26. ^ 谷口ジローコレクション12 神々の山嶺 2/谷口ジロー/夢枕獏”. 集英社. 2022年7月3日閲覧。
  27. ^ 谷口ジローコレクション13 神々の山嶺 3/谷口ジロー/夢枕獏”. 集英社. 2022年7月29日閲覧。
  28. ^ 谷口ジローコレクション14 神々の山嶺 4/谷口ジロー/夢枕獏”. 集英社. 2022年9月6日閲覧。
  29. ^ 谷口ジローコレクション17 孤独のグルメ1 散歩もの”. 扶桑社. 2022年7月3日閲覧。
  30. ^ 谷口ジローコレクション18 孤独のグルメ2 散歩もの”. 扶桑社. 2022年7月3日閲覧。
  31. ^ 谷口ジローコレクション 19 センセイの鞄 1”. 双葉社. 2022年7月29日閲覧。
  32. ^ 谷口ジローコレクション 20 センセイの鞄 2”. 双葉社. 2022年9月6日閲覧。
  33. ^ a b 谷口ジロー、イタリア・ルッカの祭典で最高栄誉賞を受賞”. コミックナタリー. ナターシャ (2010年11月5日). 2021年9月26日閲覧。
  34. ^ ミッテラン文化・通信大臣がフランス革命記念日祝賀レセプションに出席”. LA FRANCE AU JAPON. 在日フランス大使館 (2011年7月19日). 2011年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月17日閲覧。
  35. ^ 仏勲章受章 谷口ジロー氏「日本でももっと評価して」”. 日刊SPA!. SPA! (2011年6月3日). 2021年9月26日閲覧。
  36. ^ 谷口ジロー、フランスの芸術文化勲章シュヴァリエを受勲”. コミックナタリー. ナターシャ (2011年6月3日). 2021年9月26日閲覧。
  37. ^ 描くひと 谷口ジロー展”. 世田谷文学館. 2021年11月2日閲覧。
  38. ^ 伊藤洋一 (2021年10月31日). “【学芸万華鏡】「世界の大人向け作家」 漫画家・谷口ジロー作品の「普遍性」”. 産経ニュース. 産経新聞社. 2021年11月2日閲覧。
  39. ^ 京都国際マンガミュージアムの企画展「描くひと 谷口ジロー展」貴重な原画約200点を展示”. FASHON PRESS (2022年5月17日). 2022年7月29日閲覧。
  40. ^ 【開催速報】描くひと 谷口ジロー展”. 北九州市漫画ミュージアム. 2022年7月29日閲覧。

関連項目[編集]

  • アフタヌーン四季賞 - 1994年から2012年まで毎年夏のコンテストの審査員長を務めた。
  • 玄太郎 - 漫画家。鳥取商業高等学校の同級生。卒業後、漫画家デビュー後も交友があった。

外部リンク[編集]