谷口ジロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
谷口 ジロー
Jirō Taniguchi.jpg
(2010年撮影)
生誕 1947年8月14日(66歳)
日本の旗 日本 鳥取県鳥取市
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1971年 -
ジャンル 青年漫画
受賞 第37回小学館漫画賞審査員特別賞(『犬を飼う』)
第12回日本漫画家協会賞優秀賞(『「坊っちゃん」の時代』)
2011年フランス政府芸術文化勲章シュヴァリエ章
テンプレートを表示


谷口 ジロー(たにぐち ジロー、男性、1947年8月14日 - )は、日本漫画家鳥取県鳥取市出身。

来歴[編集]

鳥取商業高校卒業後に京都の繊維会社に就職したが、漫画家を目指して1966年に上京。石川球太アシスタントとなり漫画の技術を学ぶ。1971年に『嗄れた部屋』(『週刊ヤングコミック』)でデビュー。その後、上村一夫のアシスタントを経て独立。以後、関川夏央漫画原作者と組み、青年向け漫画においてハードボイルド動物もの、冒険、格闘、文芸、SFと多彩な分野の作品を手がける。

絵はジャン・ジローフランソワ・シュイッテンなどのバンド・デシネの作家に強い影響を受けており、インタビューでは「日本で一番影響を受けているんじゃないか」と語っている(ティム・リーマン『マンガマスター』美術出版社、2005年)。1991年の『犬を飼う』では中流家庭の日常を題材にして新境地を開き、これ以降は人と動物、人と人とのつながりをテーマにした日常的なドラマも多く手がけるようになった。

『歩くひと』や『遥かな町へ』などの翻訳版刊行を期に2000年代からヨーロッパでの評価が高まり、フランス語圏を中心に数々の芸術系統の賞を受賞。カルティエ2007 - 2008年の広告を複数の画家とともに担当し、本国フランスのブティックではカルティエに関する漫画の入った小冊子が配布されている。

2010年には『遙かな町へ』を原作に、舞台をリヨン近郊としたフランス映画fr:Quartier Lointain」が制作・公開され、日本では2013年2月に小学館集英社プロダクションメディアファクトリーからビデオスルーでDVDソフトが発売した。これとは別段で、2012年公開を目標に原作の舞台となった鳥取県倉吉市をロケ地とする邦画オリジナル版の制作も東映・小学館らの製作委員会方式で計画されていたが、資金不足を理由に2012年夏に事実上断念している。

作品リスト[編集]

連載[編集]

作品集[編集]

  • 大いなる野生(1980年、オハヨー出版
  • 西風は白い(1984年、双葉社)
  • 新・大いなる野生(1985年、祥伝社)
  • 海景酒店 HOTEL HARBOUR-VIEW(1986年、双葉社)
  • 犬を飼う(1992年、小学館)
  • 森へ(1994年、河出書房新社
  • 東京幻視行(1999年、講談社)
  • 凍土の旅人(2004年、小学館)
  • 谷口ジロー選集 犬を飼うと12の短編(2009年、小学館)
  • 谷口ジロー選集 ブランカ(2009年、小学館)
  • 谷口ジロー選集 神の犬(2009年、小学館)
  • 歩くひとPLUS(2010年、光文社)
  • 荒野よりFROM WILDERNESS(2012年、光文社)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]