マイマイ新子と千年の魔法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイマイ新子と千年の魔法
監督 片渕須直
脚本 片渕須直
原作 高樹のぶ子『マイマイ新子』
出演者 福田麻由子
水沢奈子
森迫永依
本上まなみ
音楽 村井秀清
Minako "mooki" Obata
主題歌 コトリンゴ『こどものせかい』
制作会社 マッドハウス
配給 松竹
公開 日本の旗 2009年11月21日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

マイマイ新子と千年の魔法』(マイマイしんことせんねんのまほう)は、高樹のぶ子の自伝的小説『マイマイ新子』を原作とするアニメーション映画である。インターナショナルタイトルは"Mai Mai Miracle"。監督は片渕須直文部科学省特選[1]

概要[編集]

本作品は、ひっそりと公開され宣伝もほとんど行われなかったため、興行的には振るわなかったが、感動した観客からの熱心な活動が行われた。この作品の高い評判が、片渕監督の次回作『この世界の片隅に』につながることになった。(#『マイマイ新子と千年の魔法』から『この世界の片隅に』へも参照)

原作は、著者の少女時代を小説の中で見事に再現したが、アニメ化によって、舞台となった昭和30年の山口県防府の風景が圧倒的に美しい映像で描かれた。豊かな自然の中、空想好きで多感な少女・新子は、日々を真剣に送っている。時に辛い思いをしながらも、彼女は仲間たちとゆっくり成長していくのだった。

公開当初、本作の観客動員数は低迷し、劇場公開は3週間で打ち切られた。監督の片渕須直がのちに分析したところによれば、大きな問題は2点あったという。第1点は、広告宣伝が乏しく、テレビ等大手メディアでの露出が少なかったこと。そして2点めは、一般的な社会人が鑑賞しやすい夕方以降の上映時間を組んだ映画館が少なかったことだった。だが作品の質の高さから熱心なファンを獲得し、上映継続を求めるインターネット署名運動が行われる等の動きを呼んだ。これらの動きに呼応して、いくつかの映画館が上映継続に名乗りを上げ、2年間に及ぶロングランに結びついた。

また、山口県防府市では、まさに映画の舞台となった国衙の中心地で野外上映を行ったり、映画の舞台となった実在の場所を探訪する「マイマイ新子探検隊」が何度にもわたって行われている[2]。地元との良好な関係性についても特筆される[3]

当初、海外でのDVDリリースはされなかったが、海外のファンからのキックスターターでの熱いラブコールに応えて英語版DVDの製作販売が企画されている。(#英語版DVDの経緯も参照)

履歴[編集]

  • 2010年1月9日より3週間のアンコール上映が行われる。さらにエクストラアンコール上映という形で2月12日まで2週間延長された。
  • 2010年1月30日からは大阪・九条シネ・ヌーヴォでレイトショーが開始。
  • 2010年4月18日 - MAG・ネット第3回にて紹介。
  • 2010年4月23日 - DVD発売が正式に告知される。
  • 2010年7月 -カナダのモントリオールでのファンタジア映画祭でベストアニメ賞(Best Animated Feature Film award)を受賞。
  • 2010年10月23日 - 第23回東京国際映画祭のみなと上映会で上映。
  • 2010年12月8日 -第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞が発表される。
  • 2012年2月 キックスターターで英語版DVD製作資金の資金集めが始まり、30日で1000万円を集める(後述)。
  • 2017年1月 - 「この世界の片隅に」のヒットから再び注目され、8日の新宿ピカデリーを皮切りに全国でリバイバル上映が始まる。デジタルシネマ版も作成され、20日に同劇場で初公開。

あらすじ[編集]

昭和30年山口県防府市。平安の時代、この地は「周防の国」と呼ばれ、国衙遺跡や当時の地名をいまでもとどめている。広がる麦畑の下には千年前の街がある[9]。そんな街に、おでこにマイマイ(つむじ、旋毛)を持つ、毎日を明るく楽しく過ごす、活発で空想好きな少女・新子は暮らす。新子は大好きなおじいちゃんの語る千年前の町の、ひとりの少女を目の前にいるかのようにいきいきと想いを馳せてその暮らしを辿ってみるのだった。ある日、彼女の通う学校に、都会から引っ越してきた引っ込み思案な少女、貴伊子が転校してきた。なかなかなじめない貴伊子に好奇心旺盛な新子は話しかけ、互いの家を行き来するうちに、いつしかふたりは仲良くなっていく。そして、彼女を学校の仲間に迎え入れるべく力を貸してゆく。

キャスト[編集]

谷山紀章千葉翔也二輪明宏徳本恭敏久賀健治巻島康一久野道子本城雄太郎荻原真治清水美里鵜澤正太郎宇山玲加万代千紗JenyaJosh Keller片淵秋川上そよ香永沼幸仁

2008年8月24日、周南市のKRY山口放送本社で声優を選ぶオーディションを実施、川上聡生(10歳)、奥田風花(13歳)が地元から応募した376名の中から選ばれている。

スタッフ[編集]

受賞[編集]

関連商品[編集]

DVD、Blu-ray[編集]

  • 【DVD】『マイマイ新子と千年の魔法』(発売元:エイベックス・エンタテインメント、2010年7月23日)[11]
  • 【Blu-ray】『マイマイ新子と千年の魔法』(発売元:エイベックス・エンタテインメント、2016年10月28日)[12]

CD[編集]

  • 主題歌「こどものせかい」:コトリンゴの3rdアルバムCD『trick & tweet』にボーナストラックとして収録(発売:エイベックス・マーケティング、2009年9月16日)[13]
  • 劇場アニメ「マイマイ新子と千年の魔法」オリジナルサウンドトラック(音楽:村井秀清Minako "mooki" Obata、発売:CRESCENT STUDIO、2009年11月5日)[10]

書籍[編集]

  • 『メイキングオブマイマイ新子と千年の魔法』(構成・執筆:廣田恵介、出版社:一迅社、2011年3月11日)[14]ISBN 978-4-7580-1214-0

英語版DVDの経緯[編集]

日本の文化的要素が強く、アクションやファンタジーに欠けるため、海外での商業的な成功は難しいと思われたため、当初この作品は英語圏でのリリースはされなかった[15]。しかし海外でのアニメ祭で受賞して、作品に感動した熱心な海外のファンも多いため、2012年の2月に英国のグラスゴーの会社 All the Animeが、英語版DVD・ブルーレイ製作にかかる3万ドル(約240万円)を集めるため「キックスターター」運動を開始したところ、わずか24時間以内に英語字幕版に必要な3万ドルを達成[16][17]、5日後に英語吹き替え版に必要な6万ドルを達成、さらにその後30日間で当初の目標をはるかに超える、10万7千ドルが集まった。過剰の予算はDVDのボーナス特典の製作に使用される予定。賛同者の合計は1891人で55ドルから75ドル支援した人が最も多かった。2014年11月のリリースを目標に製作されている[15]

『マイマイ新子と千年の魔法』から『この世界の片隅に』へ[編集]

主人公・新子の母親の長子は29歳。舞台は、昭和30年代の山口県防府市。片渕監督は、そこからわずか10年遡れば、戦争中で、長子は子供(新子)を身ごもる中で大変であっただろうと考えていた[18]。その頃、映画の資料で協力してもらった防府市の関係者とイベントで一緒になった際、その人が持っていた『夕凪の街 桜の国』のクリアファイルがきっかけで、こうの史代の『この世界の片隅に』を知ることとなった[19]

舞台は広島。山口から地続きの隣の県で10年しか差がなく、長子とすずは一歳違いでキャラも似ている[20]。読み始めて、すぐに引き込まれ、生活のディテールを表現する点など自身と同じ作品への姿勢に共通するところを感じ、アニメ化を決意する[18]。企画は、細田守の才能を見出し『時をかける少女』のアニメ化を細田に持ちかけ・実現させ[21]渡辺信一郎の『坂道のアポロン[22]や、今敏の劇場作品をいくつも手がけた、丸山正雄が両作品とも務めた。

当初、丸山は本作のテレビアニメ化を考えていたが、2010年10月に舞台となった防府市で『マイマイ新子と千年の魔法』の野外上映会が開催され、地元だけでなく全国から1,000人あまりの人が集まった[23]。まるで「村祭り」のようにスクリーンに集った熱心な人たちを見て、丸山はテレビアニメよりもハードルのずっと高い劇場アニメ化の企画を決断した[23]。そして、版権元の双葉社に映像化の許可を求めて連絡するが、既にテレビドラマ化の決定が下されていた[19]。しかし、双葉社の担当は『マイマイ新子と千年の魔法』の監督であると知ると、それならばと、ドラマ化とは分けて考えることにして、アニメ化については「是非」こちらへ預けたい、と社内を調整してくれたという[20][24]

丸山は映画制作を成立させるべく多くの会社と交渉をしていったが、遅々として進まなかった。困った丸山は、2013年1月頃、多くのアニメ作品を手がける真木太郎に参加を依頼し、真木は前作『マイマイ新子と千年の魔法』のDVDを観た[25]。驚愕し尋常でない感動をした真木は、苦労を背負い込むことになってもプロデューサーを引き受ける、と決意を固めたという[25]

しかし、配給の打診は進展せず、真木はクラウドファンディングを試みることになった[25]。このアニメはファンタジー、魔法、ロボットのようなアニメらしい特徴がないが、ファンとなった人たちは、片渕監督を押し上げたいという匂いを感じてくれ、クラウドファンディングで支援してくれたという[25]。クラウドファンディングは目標を大きく上回り、ほぼ倍の3900万円を記録し、東京テアトルを配給会社とする製作委員会を組織でき[25]映画『この世界の片隅に』は、ついに公開へ向けて進むことができるようになった。

リバイバル上映[編集]

『この世界の片隅に』は、ミニシアター系で公開された映画としては異例の大ヒットを果たした。新宿地区においても、配給元の東京テアトルの直営館であるテアトル新宿に続き、かつて『マイマイ新子と千年の魔法』のロードショーの旗艦館であった新宿ピカデリーでの拡大上映が2016年12月24日より開始された。この日の舞台挨拶に立った片渕須直監督と真木太郎プロデューサーより、片渕監督の前作である『マイマイ新子と千年の魔法』の7年ぶりのリバイバル上映を新宿ピカデリーで行うことが発表された。『マイマイ新子と千年の魔法』と『この世界の片隅に』を続けて見ることができるという企画であった[26]

2017年1月8日、『マイマイ新子と千年の魔法』のリバイバル上映が新宿ピカデリーのシアター6(232席)にて行われた。舞台挨拶に立った片渕は、わずか1時間半でチケットが完売したという大反響を受け、デジタル映写機用のDCPマスターを松竹が新規に制作したことと、それを使用したリバイバル上映を再び行うことが決定したことを発表した。それまでミニシアターなどで行われてきたリバイバル上映ではフィルムが、またこの日のリバイバル上映ではブルーレイが使用されており、7年前に上映が終了した映画の上映用マスターが新規に制作されることは極めて異例であるという[27]

1月20日、DCPマスターのお披露目となるリバイバル上映が、新宿ピカデリーの最大スクリーンであるシアター1(580席)にて行われた[28]。DCPマスターでの上映は各地の映画館で予定されているという[29]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部科学省による特別選定,映像作品等選定一覧(平成21年6月),文部科学省
  2. ^ 監督自らが映画の舞台を案内してくれる「マイマイ新子探検隊」に参加してきた~午前編~”. GIGAZINE (2010年3月15日). 2016年12月6日閲覧。
  3. ^ マイマイ新子と千年の魔法 - やまぐちロケ地マップ シネマの旅(山口県フィルム・コミッション)
  4. ^ Rencontre-événement avec Sunao Katabuchi メイキング映像を伝えるニュース - ウェイバックマシン(2009年2月16日アーカイブ分)
  5. ^ Pokémon Movie 12 e Mai Mai Miracle al Locarno Film Festival”. AnimeClick (2009年7月29日). 2016年12月6日閲覧。
  6. ^ 「マイマイ新子と千年の魔法」ロカルノで上映 片渕監督も登場”. アニメ!アニメ! (2009年8月17日). 2016年12月6日閲覧。
  7. ^ オタワ国際アニメフェス 「マイマイ新子」などが入選”. アニメ!アニメ! (2009年8月11日). 2016年12月6日閲覧。
  8. ^ 補助席まで満席、ラピュタ阿佐ヶ谷で上映が始まった「マイマイ新子と千年の魔法」レイトショーレポート”. GIGAZINE (2009年12月21日). 2016年12月6日閲覧。
  9. ^ マイマイ新子南スイスでワールドプレミア”. ほうふ日報 (2009年8月19日). 2016年12月6日閲覧。
  10. ^ a b 村井秀清×Minako"mooki"Obata 「マイマイ新子と千年の魔法 オリジナル・サウンドトラック」2009.11.05発売決定!!”. CRESCENTE. 2016年12月6日閲覧。
  11. ^ 映画で使用された実際の35mmフィルムがカットされて特典に!『マイマイ新子』DVD発売”. シネマトゥデイ (2010年5月13日). 2016年12月6日閲覧。
  12. ^ 片渕須直「マイマイ新子」BD化、特典は「この世界の片隅に」パイロット版”. 映画ナタリー (2016年10月28日). 2017年1月30日閲覧。
  13. ^ コトリンゴ新作は安藤裕子、SAKEROCK、おおはたら参加”. 音楽ナタリー (2009年8月21日). 2016年12月6日閲覧。
  14. ^ 『メイキングオブ マイマイ新子と千年の魔法』発売になりました。”. 「マイマイ新子と千年の魔法」の本ができるまで (2011年3月11日). 2016年12月6日閲覧。
  15. ^ a b Mai Mai Miracle by All the Anime”. Kickstarter. 2016年12月6日閲覧。
  16. ^ 「マイマイ新子と千年の魔法」が英語版Blu-ray&DVD製作のために出資募集中=GIGAZINE” (2014年2月10日). 2016年12月6日閲覧。
  17. ^ Mai Mai Miracle Kickstarter Reaches Goal for English Dub”. Anime News Network (2014年2月11日). 2016年12月6日閲覧。
  18. ^ a b 劇場アニメ『この世界の片隅に』パンフレット
  19. ^ a b 片渕須直監督とこうの史代さんが2人で語った「『この世界の片隅に』公開記念!ネタバレ爆発とことんトーク!大阪編」”. GIGAZINE (2016年11月26日). 2016年12月6日閲覧。
  20. ^ a b 応援集中!『この世界の片隅に』アニメ化支援クラウドファンディング躍進中! 監督・片渕須直×原作・こうの史代対談”. visual entertainment magazine VECTOR (2015年4月17日). 2016年12月6日閲覧。
  21. ^ 「時をかける少女」映画3作品を一挙に上映する「時かけ映画祭」、2月27日開催”. GIGAZINE (2010年2月15日). 2016年12月6日閲覧。
  22. ^ アニメ業界ウォッチング第24回:今年75歳、やぶれかぶれのアニメ人生! 丸山正雄インタビュー!”. アキバ総研 (2016年8月20日). 2016年12月6日閲覧。
  23. ^ a b 貯金ゼロ目前、食費は1日100円……苦境極まった片渕須直監督『この世界の片隅に』は、どう完成したか”. 日刊サイゾー (2016年11月7日). 2016年12月6日閲覧。
  24. ^ 「この世界の片隅に」は、こうして作られた。「みんなで作る映画」を目指した、片渕須直監督の情熱”. 乃木坂週刊映画 (2016年11月11日). 2016年12月6日閲覧。
  25. ^ a b c d e 映画「この世界の片隅に」製作プロセスの秘密”. 東洋経済オンライン (2016年11月30日). 2016年12月6日閲覧。
  26. ^ 斉藤守彦 (2016年12月24日). “「マイマイ新子」、新ピカで復活上映決定!!片渕須直監督が、舞台挨拶で発表。”. シネマズ by 松竹. 2017年1月21日閲覧。
  27. ^ 斉藤守彦 (2017年1月8日). “「マイマイ新子と千年の魔法」が新ピカに帰ってきた!!”. シネマズ by 松竹. 2017年1月21日閲覧。
  28. ^ マイマイ新子と千年の魔法:「この世界の片隅に」ヒットでリバイバル上映 片渕監督がファンを前に感慨”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2017年1月20日). 2017年1月21日閲覧。
  29. ^ この世界の片隅に:“姉妹作”の「マイマイ新子」も人気に リバイバル上映相次ぐ”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2017年1月22日). 2017年1月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

90秒プロモーション映像 - YouTube
まるまる見せます(冒頭5分) - YouTube
まるまる見せます(小さな事件) - YouTube
オンラインデータベース
マイマイ新子と千年の魔法 - allcinema
マイマイ新子と千年の魔法 - KINENOTE
マイマイ新子と千年の魔法 - AllMovie(英語)
マイマイ新子と千年の魔法 - インターネット・ムービー・データベース(英語)
インターネットニュース
マイマイ新子と千年の魔法:片渕監督が“逆転劇”振り返る 7年も愛され続けるアニメの普遍性,まんたんウェブ,2016年10月22日
『マイマイ新子と千年の魔法』地味すぎるアニメ映画が起こした小さな奇跡(前編),日刊サイゾー,2010年1月15日
『マイマイ新子と千年の魔法』地味すぎるアニメ映画が起こした小さな奇跡(後編),日刊サイゾー,2010年1月16日
映画「マイマイ新子と千年の魔法」 片渕須直監督にきく,朝日新聞DIGITAL,2009年11月20日