ギャラクシーエンジェル (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギャラクシーエンジェル
ジャンル SFギャグ
アニメ
監督 第1期・第2期:浅香守生大橋誉志光
第3期・第4期:高柳滋仁
シリーズ構成 井上敏樹
キャラクターデザイン 藤田まり子
メカニックデザイン 高倉武史、企画デザイン工房戦船
音楽 七瀬光
アニメーション制作 マッドハウス
製作 ブロッコリーバンダイビジュアル
読売広告社テレビ大阪(第2期 - 第4期)
放送局 第1期:アニマックス、他
第2期 - 第4期:テレビ大阪、他
放送期間 第1期:2001年4月7日 - 9月
第2期:2002年2月3日 - 3月31日
第3期:2002年10月6日 - 2003年3月30日
第3期SP:2003年12月21日
第4期:2004年7月7日 - 9月
話数 第1期:全24話(+未放送2話)
第2期:全9回(全18話)+未放送1話
第3期:全26回(全51話)+未放送2話
第3期SP:全1回(全2話)
第4期:全13回(全26話)
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ギャラクシーエンジェル』(Galaxy Angel)は、ブロッコリーによるキャラクターメディアミックス企画「Project G.A.」の一環として制作されたテレビアニメ作品。アニメ以外にもゲームコミックライトノベル、キャラクターグッズ等と企画、展開されている。その他の企画についてはギャラクシーエンジェル及びギャラクシーエンジェルIIを参照。

Project G.A.」第1弾のアニメ版は2001年から2004年まで4度に渡ってシリーズ放送。本項ではこちらについて解説する。

Project G.A.」第2弾『ギャラクシーエンジェルII』のアニメ版については、『ギャラクシーエンジェる〜ん』を参照。

ストーリー[編集]

「ギャラクシーエンジェル隊」は、トランスバール皇国近衛軍に属する特殊部隊である。その任務は、古代文明が残した科学技術「ロストテクノロジー」の回収なのだが、実際にやっている事は、猫の捜索や誘拐事件の犯人捜し、VIPや超重要犯罪者の護送、アステロイドに放置された粗大ゴミの処理や惑星に刺さった釘抜きなどと、ほとんど「何でも屋」。

一応、本来の業務もしているのだが、回収されたロストテクノロジー自体が「船そのものがダイエットマシーンの巨大宇宙船」「周囲の人間の魂を入れ替えた挙句に強制成仏させる墓石」「人間を幼児化させるういろう」など、果たしてこれらが文明の発展にどう寄与したのか疑問を抱かせるテクノロジーばかり。さらにライバルの「ギャラクシーツインスター隊」に挑戦されたり、時空の歪みに引きずり込まれて着いた惑星で原始生活を始めたり、皇国にまつわる秘宝を巡って欲を張り合って隊員同士で乱闘をしたり、基地内に昆布の神が降臨したり等々……果たして彼女たちに安楽の日は訪れるのであろうか?

用語[編集]

ギャラクシーエンジェル隊
ロストテクノロジーの回収、管理を行うトランスバール皇国軍の特殊部隊。が、副業(アルバイト等)のほうで何かと忙しく、どちらかというと厄介者扱いされている。第1 - 4期におけるメンバーの登場頻度については、主人公のミルフィーユを含めて必ず全員が登場するとは限らない。
ゲーム版でのエンジェル隊については、ギャラクシーエンジェル#用語を参照。
声優ユニットとしてのエンジェル隊については、ムーンエンジェル隊を参照。
エンジェル隊基地
エンジェル隊の拠点。エルシオールと同様に内部に都市を持つ巨大要塞。アニメ版にはエルシオールは存在せず、こちらでストーリーが展開する。惑星トランスバールに近接する、芯とヘタだけ残したリンゴ状の小惑星に置かれる。ツインスター隊基地もこの小惑星にあるが、俗に小惑星自体を「エンジェル基地」と呼ぶ場合が多い。ゲーム版GA第一作のオープニングムービーにエンジェル基地と思われる構造物が登場するが、衛星軌道上に存在していた事もあり、エオニア軍に真っ先に破壊されている。

スタッフ[編集]

  • 原作 - ブロッコリー
  • 総監修 - 水野良
  • キャラクター原案 - かなん
  • 監督 - 浅香守生大橋誉志光(1期・2期)→高柳滋仁(3期・4期)
  • シリーズ構成 - 井上敏樹
  • キャラクターデザイン - 藤田まり子
  • メカニックデザイン - 高倉武史、企画デザイン工房戦船(2004年4月セタに吸収、同社の映像コンテンツ事業本部となる)
  • 総作画監督 - 藤田まり子(3期・4期)、古賀誠(3期)
  • 美術監督 - 高橋和博
  • 撮影監督 - 山口仁(1期)→荻原猛夫(2期)→岸克芳(3期)→宮田崇弘(4期)
  • 色彩設計 - 角本百合子、佐藤秀一(2期)→梅崎ひろこ(4期)
  • 編集 - 寺内聡(1期)→重村建吾(2期・3期)→肥田文(3期・4期)、三嶋章紀(4期)
  • 音楽 - 七瀬光
  • 音響監督 - たなかかずや
  • プロデューサー - 金岡英司(2期より)、渡辺和哉(2期・3期)→市井美帆(4期)、里見哲朗、中野葉子(4期)、森本浩二、小野達矢(1期)
  • アニメーション制作 - マッドハウス
  • 製作 - テレビ大阪読売広告社(2期より)、ブロッコリー、バンダイビジュアル

第1期[編集]

第1期とは、2001年4月7日24時30分にアニマックス「ゲーマーズエクスプレス」枠内で放送開始された全24話(未放送分を含め合計26話)の事を指す。映像作品タイトルも同じくギャラクシーエンジェル

カードキャプターさくらのスタッフが贈る美少女アニメ」と銘打った。キャッチコピーは「ドタバタSFギャグコメディ」

サブタイトルは初期から食べ物の名前が入っており、ストーリーと関係ないものになっている。

その後は同じアニマックスの『GATV』内で実質再放送された後、AT-Xでも放送されている。(『GATV』は一時期テレビ大阪でもネットされており、同局では8話まで放送された)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 リゾート風幸運包みエンジェル仕立て 井上敏樹 大橋誉志光 藤田まり子 2001年4月7日
2 ギャンブルポワレミルフィーユソース 佐藤勝一 浅香守生 濱田邦彦 2001年4月14日
3 アステロイドの拾い物炒めヴァニラ風味 滝晃一 北尾勝 荒木哲郎 北尾勝 2001年4月21日
4 産地直送エンジェルの盛り合わせ 遠藤明範 栗本宏志 渡辺英樹 2001年5月12日
5 廃校のテリーヌ思い出仕込み海賊風 金巻兼一 藤本義孝 実原登 2001年5月19日
6 フォルテの遺跡煮込みトラブル漬け 菅良幸 2001年5月26日
7 遊園地名物にわとりコンポートミント添え 佐藤勝一 山口頼房 濱田邦彦 2001年6月2日
8 天然ミルフィーユの査察あんかけ 滝晃一 鎌仲史陽 古賀誠 2001年6月9日
9 ロストテクノロジーのローストビーフ 井上敏樹 高柳滋仁 北尾勝 2001年6月16日
10 恋の小籠包ルージュ風味 金巻兼一 鎌仲史陽 古賀誠 2001年6月23日
11 包帯巻き銃弾散らし寿司 滝晃一 寺東克己 三宅雄一郎 2001年6月30日
12 ベースボールとネグリジェのグラッセ 遠藤明範 廣川集一 山沢実 2001年7月7日
13 大誘拐満漢全席 小林靖子 鎌仲史陽 古賀誠 2001年7月14日
14 Downtown Soulfood ODEN 金巻兼一 高山朋浩 成田歳法 高山朋浩 2001年7月21日
15 落としモノぽとふ 菅良幸 荒木哲郎 北尾勝 2001年7月28日
16 グリル・ド・箱入りムスメ 小林靖子 藤本義孝 実原登 2001年8月4日
17 エンジェル缶詰ほうとう付き 菅良幸 高柳滋仁 藤田まり子 2001年8月11日
18 サルのサルベージコンボ 金巻兼一 寺東克己 三宅雄一郎 2001年8月18日
19 エンジェルキッス・ガトー・デ・ミルフィーユ 菅良幸 松尾衡 中原清隆 2001年8月25日
20 特盛サバイバル定食 小林靖子 鎌仲史陽 古賀誠 2001年9月1日
21 デコピザ 佐藤勝一 伊藤浩二 宮田亮 田中将賀 2001年9月15日
22 看板娘特製秘密の包み焼き 滝晃一 荒木哲郎 鎌仲史陽 北尾勝 2001年9月22日
23 闇鍋お笑いペッパー 井上敏樹 ねこまたや 池田重隆 田中将賀 2001年9月29日
24 激盛ミサイル丼もっこり涙味 滝晃一 荒木哲郎 鎌仲史陽 春日井浩之
25 堕天使の暗黒宇宙茶漬け 杉原研二 浅香守生 藤田まり子 2002年1月25日
(DVD&VHS発売)
26 スキヤキ弁当五人前(TV未放送) 佐藤勝一 寺東克己 荒木哲郎 北尾勝
  • 「デコピザ」は#21として放送予定だったが、放送中止。直前に発生した歌舞伎町ビル火災事件の原因としてガスが疑われていた時期だったためとされる[1]。「スキヤキ弁当五人前」は公式リストでは#26とされるが、関連書籍によっては#23としている場合がある。

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ギャラクシー★Bang!Bang!
作詞 - 田辺智沙 / 作曲・編曲 - 和泉一弥 / 歌 - エンジェル隊
エンディングテーマ「ホロスコープ・ラプソディ
作詞 - 田辺智沙 / 作曲・編曲 - 七瀬光 / 歌 - エンジェル隊

第2期[編集]

第2期とは、2002年2月3日9時30分にテレビ大阪他で放送開始された全9回18話(#1 - 18)と、ミュージックコレクションで収録された未放送話(#19)の合計19話のことを指す。映像作品タイトルはギャラクシーエンジェルZ(ゼット)。

この作品から前作のセル画からCG画(デジタル彩色)に変わった。

前番組『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』の打ち切りにより、わずか2か月間の穴埋めの形で地上波進出。日曜日の朝からの放送もあり、今作品より、蘭花フォルテのコスチュームがテレビ東京における規制に配慮する形(胸元と腹部の肌露出部分)で変更されている。

5話の「想い出激走八宝菜」では『風雲!たけし城』ネタが使われ、また8話「ウェディングケーキ合体スペシャル」は全編スーパーロボットアニメのパロディとなっている。これ以降、パロディエピソードは恒例となる。

放送局

各話リスト(第2期)[編集]

回数 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 1 天使のチャレンジゼリートライアル 井上敏樹 浅香守生 鎌仲史陽 藤田まり子 2002年2月3日
2 筋肉隆々担担麺 佐藤勝一 原博 高乗陽子
2 3 前略 ため息のバロディーヌ 金巻兼一 小林智樹 千葉道徳 2002年2月10日
4 びっくり点心 菊地一仁 松本まさゆき 実原登
3 5 思い出激走 八宝菜 杉原研二 荒木哲郎 小笠原篤 2002年2月17日
6 立ちこめる霧のソルベ 滝晃一 畠山茂樹 小林一三
4 7 恋の煮こごり純情包み揚げ 金巻兼一 原博 鎌仲史陽 高乗陽子 2002年2月24日
8 ウェディングケーキ合体スペシャル 佐藤勝一 荒木哲郎 古賀誠
5 9 GA解析懐石 小林靖子 北尾勝 2002年3月3日
10 お好み♥復讐ランチ 滝晃一 山口頼房 堀越久美子
6 11 彼岸への回転寿司 小林靖子 小林智樹 高乗陽子 2002年3月10日
12 鋼のジャンバラヤ 金巻兼一 橋本光夫 畠山茂樹 千葉道徳
7 13 機内食(具沢山弁解カレー) 滝晃一 原博 斎藤雅和 2002年3月17日
14 愛と疑惑のもんじゃ 小林靖子 鎌仲史陽 飯飼一幸
8 15 新鮮とれたて驚異の舟盛り 佐藤勝一 荒木哲郎 高乗陽子 2002年3月24日
16 禁断のムニエル魅惑の山かけ 金巻兼一 福本潔 小林智樹 名和宗則
9 17 ツキなし月見そば 杉原研二 山口頼房 橋本光夫 堀越久美子 2002年3月31日
18 誰も見たことのない謎のカルパッチョ 井上敏樹 島津奔 荒木哲郎 藤田まり子
- 19 硝煙と紫煙のカスレ(TV未放送) 佐藤勝一 原博 小高義規 飯飼一幸
  • #3のサブタイトルは、事前の雑誌等では「太古と伝承と原始と幻と村長とお土産と祭りと窓と湖と銃口とお星様とマイクと笑顔とカミングスーンとグラビア写真集とホテルと失踪と森とため息のバロティーヌ」となっていたが、長すぎたのか本放送では省略された。

主題歌(第2期)[編集]

オープニングテーマ「夢見たい★ANGEL隊
作詞 - 田辺智沙 / 作曲 - 平間あきひこ / 編曲 - 南良樹 / 歌 - エンジェル隊
エンディングテーマ「はっぴぃ・くえすちょん
作詞 - 田辺智沙 / 作曲・編曲 - 和泉一弥 / 歌 - エンジェル隊
挿入歌「たたかえぼくらの×××」(第4回8話)
作詞 - 佐藤勝一 / 作曲・編曲 - 七瀬光 / 歌 - 宮内タカユキ

ギャラクシーエンジェル ミュージックコレクション[編集]

テーマソングとキャラクターソング、第2期地上波未放送話「硝煙と紫煙のカスレ」を収録。2002年4月25日、バンダイビジュアルより発売。

収録内容
  • ギャラクシー★Bang! Bang!
  • ホロスコープ・ラプソディ
  • LUCKY GIRL
  • Flower Revolution
  • 恋するレシピ
  • 天使のINORI
  • 太陽は燃えている
  • Sorry!
  • エンジェル・クロニクル
  • はなまる◎ワンダフル
  • #19「硝煙と紫煙のカスレ」

第3期[編集]

第3期とは、2002年10月6日9時30分にテレビ大阪他で放送開始された全26回51話(#1 - 51)と、ミュージックコレクション2,3にそれぞれ収録された2話(#52,53)、2003年12月21日にテレビ大阪他で放送された全1回2話(#54,55)の合計55話のことを指す。映像作品タイトルは1 - 26話がギャラクシーエンジェルA(エース)、27 - 51話がギャラクシーエンジェルAA(ダブルエース)、54,55話がギャラクシーエンジェルS(エス)。近畿地方独立UHF3局でも放送された。

先行して原作系のCDドラマに登場したペイロー兄弟マリブ・ペイローココモ・ペイロー)がツインスター隊としてアニメ初登場。これに伴いアニメ版オリジナルの新キャラクターメアリー少佐も加わった。また、今期のみわるもの3人組が登場しない(ただし、同一声優による「猫覆面の男」が数話に出ている)。

放送局

各話リスト(第3期)[編集]

回数 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 1 捜索おやじ風 創作おじや 井上敏樹 高柳滋仁 荒木哲郎 藤田まり子 2002年10月6日
2 元祖エンジェルパフェ全部入り
2 3 シャッフルフレンチ・デザート抜き 佐藤勝一 橋本光夫 小笠原篤 2002年10月13日
4 スペシャル前菜・メインディッシュ抜き 滝晃一 古賀誠
高乗陽子
3 5 特製ミルフィーユのビックリサンド 金巻兼一 荒木哲郎 北野幸広 2002年10月20日
6 はぐはぐハグ鍋 小林靖子
4 7 冷製ロトサバ 当たりつき しまづ聡行 小林智樹 堀川直哉 2002年10月27日
8 つるつるパスタ 金巻兼一 廊雲深
5 9 ぼったくりサラダバー 長井竜幸 太田雅彦 北尾勝 2002年11月3日
10 エンジェルバナナのたたき売り 太田雅彦
6 11 病みつきクルミパイ 玉井☆豪 しまづあきとし 橋本光夫 斉藤和也 2002年11月10日
12 天使のごった煮 味くらべ 佐藤勝一 高乗陽子
7 13 激レアフォーチュンクッキー 野尻抱介 佐山聖子 そーとめこういちろう 田中将賀 2002年11月17日
14 激辛 お子さまランチ 金巻兼一 越智浩仁
8 15 さよならぼくらの土瓶蒸し 原博 水本葉月 小笠原篤 2002年11月24日
16 ヒゲつきカルビ丼こい口ソース 玉井☆豪 堀川直哉
9 17 野望貧乏棒々鶏 井上敏樹 坂田純一 荒木哲郎 菊池聡延 2002年12月1日
18 数珠つなぎ手打ちそばつなぎなし ときたひろこ 荒木哲郎
10 19 竹取御膳 小林靖子 しまづ聡行 小林智樹 日高真由美 2002年12月8日
20 さまよえるねこまんま 佐藤勝一 名和宗則
11 21 注文の多い寿司 ときたひろこ 山本沙代 笠井信児 北尾勝 2002年12月15日
22 棚からボタ餅ファミリーセット 小林靖子 佐山聖子
12 23 重々焼き肉食べ放題 堺三保 しまづ聡行 木村寛 斉藤和也 2002年12月22日
24 ギンギラガーンのミックスジュース 佐藤勝一 高橋タクロヲ
13 25 ポンコツラーメン替え玉有り 野尻抱介 荒木哲郎 菊池聡延 2002年12月29日
26 押しまくり★おしるこ 玉井☆豪 そーとめこういちろう 小高義規 藤田まり子
14 27 ピュルリクマジカルステーキ 小林靖子 小林智樹 宮田亮 小笠原篤 2003年1月5日
28 気になるバウムクーヘン 金巻兼一 しまづ聡行 堀川直哉
15 29 豚足の干ぼし 小林靖子 坂田純一 宍戸淳 李時旼 2003年1月12日
30 トップがんもどき 金巻兼一 寺東克己 高橋丈夫 玉井公子
16 31 サインはブイヨン 佐藤勝一 原博 水本葉月 南伸一郎 2003年1月19日
32 演じるエンジェル潮汁 金巻兼一 しまづ聡行 園田雅裕 日高真由美
17 33 特級イシモチのつみれ ときたひろこ そーとめこういちろう 小高義規 北尾勝 2003年1月26日
34 バラバラ湯の花せんべい 杉原研二 荒木哲郎 菊池聡延
18 35 予知三昧菖蒲酒 堺三保 原博 小林智樹 田中雄一 2003年2月2日
36 ふるふるプディング 杉原研二 しまづ聡行 斉藤和也
19 37 恋文かき揚げ 玉井☆豪 郷敏治 臼井文明 石橋有希子 2003年2月9日
38 銀河薔薇紅茶(ギャラクティックローズティー) 金巻兼一 坂田純一 横山広実 李時旼
20 39 なかなかオチない中オチ 小林靖子 伊藤真朱 宮田亮 高橋タクロヲ 2003年2月16日
40 直送岩おこしの詰め合わせ 金巻兼一 浅香守生 園田雅裕 斉藤和也
21 41 魔法のつぼ焼き 佐藤勝一 そーとめこういちろう 小高義規 菊池聡延 2003年2月23日
42 極寒のホットホットドッグ 荒木哲郎 北尾勝
22 43 リトライライス 杉原研二 寺東克己 鎌仲史陽 日高真由美
夕澄慶英
2003年3月2日
44 食べてはいけないお供え物 井上敏樹 原博 北山修二 南伸一郎
23 45 しめしめこぶじめ 玉井☆豪 高橋丈夫 郷敏治 桜井木ノ実 2003年3月9日
46 干物千夜一夜 小林靖子 玉井公子 臼井文明 石橋有希子
24 47 とにかくエンジェルモーニングセット 井上敏樹 大橋誉志光 荒木哲郎 南伸一郎 2003年3月16日
48 星の子ソーセージ 金巻兼一 坂田純一 園田雅裕 日高真由美
25 49 新鮮 鯛づくし 玉井☆豪 原博 宮田亮 北尾勝 2003年3月23日
50 糸ひき禁止の糸ひき納豆 小林靖子 そーとめこういちろう 荒木哲郎 窪敏
26 51 FINAL DISH REBECCA 井上敏樹
滝晃一
高柳滋仁 藤田まり子 2003年3月30日
- 52 めっちゃ!フライドチキン(TV未放送) 佐藤勝一 しまづ聡行 長井龍雪 古賀誠
斉藤和也
53 恥カキフライあがり過ぎ(TV未放送) 杉原研二 高柳滋仁 宮田亮 古賀誠
SP
(※)
54 フユーレイピューレジュレ 小林靖子 そーとめこういちろう 荒木哲郎 斉藤和也
55 いどうどん 堺三保 荒木哲郎 日高真由美

(※)TV未放送の「めっちゃ!フライドチキン」「恥カキフライあがり過ぎ」と共に、第3期の放送終了後に制作され、通算話数が100に到達した。

  • 関連書籍によっては、「FINAL DISH REBECCA」前編を#51、後編を#52としている場合がある。

主題歌(第3期)[編集]

オープニングテーマ
ギャラクシー☆ばばんがBang!」(第1 - 14回)
作詞 - 田辺智沙 / 作曲 - 和泉一弥 / 編曲 - 金井江右、南良樹 / 歌 - エンジェル隊(第14回のみ堀江美都子とエンジェル'03名義)
  • 「ギャラクシー☆Bang!Bang!」の詞、編曲を変えたもの。
エンジェル★うっきー」(第15 - 26回、スペシャル、ミュージックコレクション収録話)
作詞 - 田辺智沙 / 作曲・編曲 - HULK / 歌 - エンジェル隊
エンディングテーマ
エンジェルわっしょい!」(第1 - 14回)
作詞 - 江幡育子 / 作曲・編曲 - HULK / 歌 - エンジェル隊
ドタバタ☆エンジェループ」(第15 - 25回、スペシャル、ミュージックコレクション収録話)
作詞 - 江幡育子 / 作曲・編曲 - 金井江右 / 歌 - エンジェル隊
  • スペシャル、ミュージックコレクション収録話に限り、通常入っているフォルテのセリフ部分がない。
「In the Chaos」(第26回)
作詞 - 奥井雅美 / 作曲・編曲 - 河野陽吾 / 歌 - JAM Project、featuring、奥井雅美
挿入歌
「ピュルリク ピュルリク」(第14回27話)
歌 - 堀江美都子
「戦え エンジェルファイブ」(第25回49話)
作詞・作曲・編曲 - 金井江右 / 歌 - 宮内タカユキ

ギャラクシーエンジェル ミュージックコレクション2[編集]

テーマソングとキャラクターソング、第3期放送終了後に制作された「めっちゃ!フライドチキン」を収録。2003年8月22日、バンダイビジュアルより、ギャラクシーエンジェルAA 1 - 3限定スペシャルパックの特典ディスクとして発売。特典CDとして、「ギャラクシーエンジェルAA スペシャルCD「エンジェルLOVE〜メアリーの憂鬱〜前編」」も同梱されている。

収録内容
  • 夢見たい★ANGEL隊
  • はっぴぃ・くえすちょん
  • あしたのタマゴ
  • 100%LOVE
  • Good Day,Good Night
  • まっしぐら
  • ギャラクシー☆ばばんがBang!
  • エンジェルわっしょい!
  • 戦えぼくらの×××(Short ver.)
  • じーえーじーえーCD出ます♪(Short ver.)
#52「めっちゃ!フライドチキン」

ギャラクシーエンジェル ミュージックコレクション3[編集]

テーマソングとキャラクターソング、第3期放送終了後に制作された「恥カキフライあがり過ぎ」を収録。2003年11月28日、バンダイビジュアルより、ギャラクシーエンジェルAA 4 - 6限定スペシャルパックの特典ディスクとして発売。特典CDとして、「ギャラクシーエンジェルAA スペシャルCD Vol2」も同梱されている。

収録内容
  • エンジェル★うっきー
  • ドタバタ☆エンジェループ
  • Lunch Boxいっぱいの愛
  • シンデレラ・グラフティ
  • Piece of Peace
  • ぐるぐるLOVE
  • Give me! チョコレート
  • In the Chaos
  • ピュルリクピュルリク(Short ver.)
  • 戦え!エンジェルファイブ
#53「恥カキフライあがり過ぎ」

第4期[編集]

第4期とは、2004年7月7日25時30分にテレビ大阪他で放送開始された全13回26話(#1 - 18)のことを指す。映像作品タイトルはギャラクシーエンジェルX(エックス)。

テレビ東京では放送が30分早かった。

ゲームで先行登場していた烏丸ちとせが(キャラを大幅に改造されて)今シリーズから参加。また、シリーズ構成の井上敏樹以外の脚本家メンバーが多く入れ替えられた(3期まで参加していた玉井☆豪は2エピソード、小林靖子は1エピソードのみの執筆)。

ブロッコリー側では、第3期最終回のエンドクレジットに掲げられた「To be continued」の公約を守るため、第4期の放送を模索していた。しかし、想定していたテレビ大阪日曜朝9時半の時間枠(ブロッコリー枠)が『デ・ジ・キャラットにょ』の視聴率が低迷し経営が悪化した影響で、メインスポンサーを降り枠を明け渡していたため、マシュマロ通信終了まで放送出来ない状況であった。折りしも、同局の深夜帯で放送されていた『キン肉マンII世 ULTIMATE MUSCLE』が、全26話の半分までオンエアされたところで打ち切られたため、同番組の枠を引き継ぐ形で第4期が始まった。テレビ東京系列で前日の同時間枠に位置する『ウルトラQ dark fantasy』と同時に後腐れのない終わり方(前番組の穴埋めであるため12月終了だと中途半端になってしまう)をする為、あらかじめ13週で終わるように企画された(アイキャッチのじゃんけん13奥義と第2話のラストにそれを匂わせる演出がある)。

前番組の繋ぎのためか第4期は放送局が4局とシリーズで最も少ない(AT-Xを除く。『ギャラクシーエンジェる〜ん』は7局)。

放送局
  • テレビ大阪・テレビ東京・テレビ愛知・テレビ和歌山

各話リスト(第4期)[編集]

回数 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 1 非凡平凡チョコボンボン 井上敏樹 高柳滋仁 藤田まり子 2004年7月7日
2 貴女をおもゆ… 阿部純子
2 3 ラッキーモンキー汗かきベソかき穴あきー焼き 大和屋暁 鎌仲史陽 日高真由美 2004年7月14日
4 友情の切り身お試し価格 古怒田健志 田所修 鎌仲史陽
3 5 侵略スパイス中佐三昧 井上敏樹 荒木哲郎 菊池聡延 2004年7月21日
6 お見アイス 石橋大助 北野幸広
4 7 わざわざコトコト煮込んだスープ 大和屋暁 鎌仲史陽 園田雅裕 飯飼一幸 2004年7月28日
8 哀しみ憎しみ凍み豆腐 犬飼和彦 原博
5 9 じゃんじゃん炊飯じゃー 与口奈津江 そーとめこういちろう 土屋浩幸 内田孝 2004年8月4日
10 ラブ米 犬飼和彦 山本沙代
6 11 思い出ぎゅうぎゅう鍋 古怒田健志 瀬田用賀 嵯峨敏 名和宗則 2004年8月11日
12 その時歴史は、プリンセスメロン 大和屋暁 原博 水本葉月 斎藤和也
7 13 成りアガリクスダケ 犬飼和彦 荒木哲郎 宮田亮 北野幸広 2004年8月18日
14 お守りそば そーとめこういちろう
8 15 トラのうま煮 大和屋暁 鎌仲史陽 日高真由美 2004年8月25日
16 今日風(株)ラ蒸し 原博
9 17 コ・ロ・ロ・ロシアンティー 森山洋 菊池聡延 2004年9月1日
18 アヴェンジャーエール 荒木哲郎 遠藤卓司
10 19 燃焼系傷心揚げ 玉井☆豪 本田拓人 藤本ジ朗 斎藤和也 2004年9月8日
20 お笑イグサのコイこく 与口奈津江 原博 園田雅裕
11 21 ハーイ!ちりめんじゃっく 石橋大助 園田雅裕 小林智樹 北野幸広 2004年9月15日
22 レイニーブルー 犬飼和彦 水本葉月 菜香ゆき 藤田まり子
阿部純子
12 23 エンジェルなかまボコ 玉井☆豪 もりたけし 鎌仲史陽 内田孝 2004年9月22日
24 カレイ煮付けカレー 小林靖子 藤沢俊幸 佐藤陵
菊池聡延
古賀誠
13 25 のぞみかなえたまごとじ 石橋大助 荒木哲郎 菊池聡延 2004年9月29日
26 オールオッケーロケ弁当 古怒田健志 高柳滋仁 藤田まり子

主題歌(第4期)[編集]

オープニングテーマ「エンジェル★ろっけんろー
作詞 - 田辺智沙 / 作曲・編曲 - 飯塚昌明 / 歌 - エンジェル隊
エンディングテーマ
Jelly Beans」(第1 - 12回)
作詞 - 田辺智沙 / 作曲・編曲 - 金井江右 / 歌 - ミルフィーユ・桜葉(新谷良子)&烏丸ちとせ(後藤沙緒里)
「FINAL FLIGHT」(第13回)
作詞 - ゆうまお / 作曲・編曲 - 金井江右 / 歌 - エンジェル隊
挿入歌
「天使の真実」(第4回8話)
作詞・作曲・編曲 - 金井江右 / 歌 - 栗林みな実
「もっと!エンジェル」(第5回10話)
作詞・作曲・編曲 - 金井江右 / 歌 - 金月真美
「愛しの浜辺」(第7回13話)
作詞 - 荒木哲郎 / 作曲・編曲・歌 - きただにひろし
「黄昏Day Dream」(第7回14話)
作詞 - 田辺智沙 / 作曲 - 金井江右 / 編曲 - 百石元 / 歌 - ウォルコット・O・ヒューイ(藤原啓治)

第5期以降のアニメ化に関する問題[編集]

2004年に制作・放送されたアニメ版第4期の最終回で、第4期が本当の終わりではないことをほのめかす部分があった。

その後、2005年にゲーム版『ギャラクシーエンジェルII』が発表され、翌2006年2月にはアニメ化の決定も発表された。

ゲーム版においてキャラクターデザインが小林明美へ、メカニックデザインが山根公利に代わり、さらにアニメ版の制作会社がサテライトに代わったこと[2]、ほかにもブロッコリー会長(当時)の木谷高明が、アニメ版『II』製作発表会で「IIのアニメ版は紋章機による戦闘シーンも入れる」旨の発言もしている。木谷はこれまでのアニメ版にあったギャグ部分も必ず見せるという発言もしていた。

2006年6月にゲーム『ギャラクシーエンジェルII 絶対領域の扉』が発売されたが、これまでのアニメ版のみのキャラクターはついに登場しなかった。この背景には、第1期の放送局であるアニマックスのスポンサーの一つにバンダイがあり、そのためアニメ版ではバンダイの子会社であるバンダイビジュアルが製作に参加し著作権を共有している事と[3]、ブロッコリーが度重なる親会社の異動により、バンダイとは競合関係になった事が挙げられる[4]

同年10月より『ギャラクシーエンジェルII』をベースにしたアニメ『ギャラクシーエンジェる〜ん』の放送が開始される。バンダイビジュアルが製作に参加していたため、旧作キャラクターの登場が見られた。

しかし翌2007年に木谷は自ら創業したブロッコリーを退社、トレーディングカードゲーム事業主体の新会社ブシロードを設立したため、本シリーズの企画に関わった木谷と原作版権を保有するブロッコリーとの関係は断絶状態に陥った事から、本シリーズの続編を制作する事は厳しい状況にある。

傑作選[編集]

2012年4月2日から6月25日まで『ギャラクシーエンジェル ア・ラ・カルト』を 毎週月曜日の22時30分 - 23時00分 TOKYO MXにて放送された。

最終回投票

6月25日(最終回)の放送話をインターネット投票によって決定するという企画が行われ、上位2話が放送された。[5]

順位 放送期 話数 サブタイトル
1 ギャラクシーエンジェルA 18 数珠つなぎ手打ちそばつなぎなし
2 ギャラクシーエンジェルAA 27 ピュルリクマジカルステーキ
3 31 サインはブイヨン
4 ギャラクシーエンジェルX 10 ラブ米
5 ギャラクシーエンジェルAA 28 気になるバウムクーヘン

商品[編集]

DVD[編集]

ギャラクシーエンジェル
  • 第1巻 通常版/Limitedスペシャル(2001年7月25日発売)
  • 第2巻(2001年8月25日発売)
  • 第3巻(2001年9月25日発売)
  • 第4巻(2001年10月25日発売)
  • 第5巻(2001年11月25日発売)
  • 第6巻(2001年12月25日発売)
  • 第7巻(2002年1月25日発売)
ギャラクシーエンジェル ミュージックコレクション
  • 通常版(2002年4月25日発売)
ギャラクシーエンジェルZ
  • 第1巻 通常版/Limitedスペシャル(2002年5月25日発売)
  • 第2巻(2002年6月25日発売)
  • 第3巻(2002年7月25日発売)
  • 第4巻(2002年8月25日発売)
  • 第5巻(2002年9月25日発売)
ギャラクシーエンジェルA
  • 第1巻 通常版/Limitedスペシャル/Limitedスペシャル超限定版(2002年12月21日発売)
  • 第2巻 通常版/Limitedスペシャル(2003年1月25日発売)
  • 第3巻 通常版/Limitedスペシャル(2003年2月25日発売)
  • 第4巻 通常版/Limitedスペシャル(2003年3月28日発売)
  • 第5巻 通常版/Limitedスペシャル(2003年4月25日発売)
  • 第6巻 通常版/Limitedスペシャル(2003年5月23日発売)
ギャラクシーエンジェルAA
  • 第1巻(2003年8月22日発売)
  • 第2巻(2003年8月22日発売)
  • 第3巻(2003年8月22日発売)
  • 1〜3限定スペシャルパック(2003年8月22日発売)
  • 第4巻(2003年11月28日発売)
  • 第5巻(2003年11月28日発売)
  • 第6巻(2003年11月28日発売)
  • 4〜6限定スペシャルパック(2003年11月28日発売)
ギャラクシーエンジェルS
  • 通常版/Limitedスペシャル(2004年4月23日発売)
ギャラクシーエンジェル THE SELECTION
  • 第1巻(2004年7月23日発売)
  • 第2巻(2004年8月27日発売)
ギャラクシーエンジェルX
  • 第1巻(2004年11月26日発売)
  • 第2巻(2004年11月26日発売)
  • 第3巻(2004年11月26日発売)
  • 1〜3限定スペシャルパック(2004年11月26日発売)
  • 第4巻(2005年1月28日発売)
  • 第5巻(2005年1月28日発売)
  • 第6巻(2005年1月28日発売)
  • 4〜6限定スペシャルパック(2005年1月28日発売)
ギャラクシーエンジェル キャラクターコレクション
  • 1 ミルフィーユ・桜葉(2005年2月24日発売)
  • 2 蘭花・フランボワーズ(2005年3月25日発売)
  • 3 ミント・ブラマンシュ(2005年4月22日発売)
  • 4 フォルテ・シュトーレン(2005年5月27日発売)
  • 5 ヴァニラ・H(2005年6月24日発売)
  • 6 烏丸ちとせ(2005年7月22日発売)

DVD-BOX[編集]

  • EMOTION the Best ギャラクシーエンジェル DVD-BOX(2010年4月23日発売)
  • EMOTION the Best ギャラクシーエンジェルZ DVD-BOX(2010年4月23日発売)
  • EMOTION the Best ギャラクシーエンジェルA(エース) DVD-BOX(2010年4月23日発売)
  • EMOTION the Best ギャラクシーエンジェルAA(ダブルエース)+S DVD-BOX(2010年6月25日発売)
  • EMOTION the Best ギャラクシーエンジェルX DVD-BOX(2010年6月25日発売)

Blu-ray BOX[編集]

  • ギャラクシーエンジェル Blu-ray BOX フルコース(2012年8月24日発売)
  • ギャラクシーエンジェル Blu-ray BOX(2012年8月24日発売)
  • ギャラクシーエンジェルZ Blu-ray BOX(2012年10月26日発売)
  • ギャラクシーエンジェルA(エース) Blu-ray BOX(2012年12月21日発売)
  • ギャラクシーエンジェルAA(ダブルエース)+S Blu-ray BOX(2013年2月22日発売)
  • ギャラクシーエンジェルX Blu-ray BOX(2013年4月24日発売)

CD[編集]

原作版・ゲーム版関連のCDについては、ギャラクシーエンジェル参照。

主題歌
サウンドトラック
  • ギャラクシーエンジェル オリジナルサウンドトラック(2001年9月29日、LACA-5067)
  • ギャラクシーエンジェル オリジナルサウンドトラックZ(2002年3月27日、LACA-5095)
  • ギャラクシーエンジェル オリジナルサウンドトラックぷらす(2003年4月23日、LACA-5162)
  • ギャラクシーエンジェル オリジナルサウンドトラックX(2004年10月22日、BRCF-3037)
キャラクターソング等
  • ギャラクシーエンジェル キャラクターシリーズ
  • ギャラクシーエンジェルでシリーズ
    • ギャラクシーエンジェルでSHOW♪(2001年8月29日、LACA-5060)
    • ギャラクシーエンジェルでGO!(2001年11月29日、LACA-5078)
    • ギャラクシーエンジェルでFIGHT!(2002年1月26日、LACA-5089)
    • ギャラクシーエンジェルでSHOUT!(2002年4月24日、LACA-5101)
    • ギャラクシーエンジェルでWHAT!?(2002年6月26日、LACA-5113)
    • ギャラクシーエンジェルでSHINE!(2002年11月22日、LACA-5135)
    • ギャラクシーエンジェルでFEVER!(2003年2月26日、LACA-5154)
  • 日めくりCD 「ギャラクシーエンジェル」
    • Vol.1(2002年12月25日、LACA-5138)
    • Vol.2(2003年3月26日、LACA-5159)
    • Vol.3(2003年6月25日、LACA-5185)
    • Vol.4(2003年9月26日、LACA-5212)
  • ラジオドラマCD
    • ラジオドラマCD 金のギャラクシーエンジェル(2004年3月26日、BRCF-3023)
    • ラジオドラマCD 銀のギャラクシーエンジェル(2004年3月26日、BRCF-3024)
    • スペシャル特典 パールのギャラクシーエンジェル(2004年8月1日、金と銀の両方の購入応募特典、GCFC-061)
  • ギャラクシーエンジェル ベストヴォーカルCD(2004年7月22日、LACA-5303)
  • ギャラクシーエンジェル 闇鍋CD 極(2004年10月27日 LACA-5331)
  • ギャラクシーエンジェル ドラマCD
    • ギャラクシーエンジェル ドラマCD 赤 〜TV-G編〜(2004年12月23日、BRCF-3039)
    • ギャラクシーエンジェル ドラマCD 白 〜A-TV編〜(2004年12月23日、BRCF-3040)
    • ギャラクシーエンジェル ドラマCD 黒 〜裏番組〜(赤と白の両方の購入応募特典、BCFC-071)
  • ギャラクシーエンジェル ベストアルバム
    • ギャラクシーエンジェル ベストアルバム1“一番搾り”(2005年2月24日発売、BRCF-3043)
    • ギャラクシーエンジェル ベストアルバム2“二番煎じ”(2005年4月22日発売、BRCF-3052)
  • ギャラクシーエンジェル 主題歌集 エンジェル☆フェスタ(2012年8月22日発売、LACA-15228)

その他[編集]

  • デ・ジ・キャラットにょ』にミルフィーユ・ミント・ヴァニラが登場したことがある。また逆に『デ・ジ・キャラット』の主要キャラがこちらのアニメにゲストで登場した事もある。
  • 第2、3期は雑誌『幼稚園』(小学館)に連載されていた。これは、第2期の前番組である『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』の打ち切りを受け、『幼稚園』に掲載されている女児向け作品が減ったことにより急遽女児向け作品として連載されることになったため。
  • しばしばエンジェル隊の引き起こした騒動が収拾が付かないまま投げっ放しで終了する事がある(番組内でも自虐ネタとして取り扱われたことがある)。
  • 第3期の第17話「野望貧乏棒々鶏」では、BGMとしてドヴォルザーク作曲「弦楽セレナーデ」の第4楽章がまるごと使われている。

脚注[編集]

  1. ^ ギャラクシーエンジェルS Limitedスペシャル特典ブックレット『G.A.オフィシャル』内「マイケル・サトミリアのG.A.100話地獄巡り」より。
  2. ^ ただしゲーム版『G.A.II』のアニメ部分は従来通りマッドハウスが制作
  3. ^ このためノーマッド、ウォルコット、メアリー、わるもの三人組などのアニメ版オリジナルキャラクターに関わる著作権表示には「バンダイビジュアル」の名がある
  4. ^ ブロッコリーの親会社の異動についてはブロッコリーを参照。この間、ブロッコリーとマッドハウスが同一企業集団(インデックス・ホールディングスグループ)傘下になった事もあった。
  5. ^ TOKYO MX 最終回!放送話決定!!参照。

外部リンク[編集]

テレビ東京 日曜9:30のアニメ枠(テレビ大阪制作)
前番組 番組名 次番組
ギャラクシーエンジェル(第2期)
テレビ東京 日曜9:30のアニメ枠(テレビ大阪制作)
ぴたテン
ギャラクシーエンジェル(第3期)
テレビ東京 水曜25:00枠
テレビ大阪 水曜25:30枠
ギャラクシーエンジェル(第4期)