幼稚園 (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

幼稚園』(ようちえん)は、小学館が発行している幼児向け雑誌。創刊は1932年。背表紙には競合誌の『たのしい幼稚園』(講談社発行)と差別化を図る為に「小学館の幼稚園」と書かれている。

概要[編集]

主に幼稚園児に当たる3歳から小学校入学前の幼児をターゲットとし絵本図鑑玩具子供達に人気が高いテレビアニメ特撮キャラクターの情報で構成される。1990年代後半までは『たのしい幼稚園』としのぎを削っていたが、1996年に『ポケットモンスター』が大ヒット、その翌年にアニメ版も成功してからはそれを掲載している本誌の人気が高まった。ファミリー・一般向けアニメに関しては、親世代や祖父母世代への知名度が高い『ドラえもん』の記事を取り上げているため、子供に買い与える側に選ばれることが多い。姉妹誌の『いたずら・ぶっく』『めばえ』では集英社が発祥の『ちびまる子ちゃん』も取り上げられている。

2010年4月号から本誌の内容編成が変更され「にんきもの」「せいかつ」「ちえ」などジャンル別にリニューアルし、近年別冊に分割されていたふろくの説明やドリルは本誌に統合、全ページはオールカラー化され、価格も標準価格500円(特別号価格は550円)から600円(特別号価格は650円 - 700円)に値上げを実施した。更に2016年5月号からは本誌の内容再編が行われ、ジャンルは「にんきもの」「ちえ」は継続され、「せいかつ」は廃止と入れ替わる形として新たに「おはなし」「とくしゅう」が新設された。また全ページはオールカラーで掲載されていたが2016年11月号から「ちえ」とふろくのページはカラーからモノクロへ戻され、本誌の印刷や付録の品質向上もされ価格も標準価格600円(特別号価格は700円)から700円(特別号価格は750円 - 880円)に値上げを実施した。

2000年代前半あたりから、アニメ雑誌で子供向けアニメの記事などの取り上げが減ってきた来た事から、本編アニメにも参加している作画監督陣営らが本誌へ載せる漫画絵本の作画を担当をするケースが目立ってきている。この影響で『学習幼稚園』や『めばえ』も本来の年齢層以外の読者が増えてきたとは過言ではない。

1980 - 1990年代には同じ一ツ橋グループ集英社や、少数だが白泉社の雑誌に原作が掲載されているアニメ作品も掲載されていたが、現在は本誌には掲載されていない[1]2000年前後からは、主に男児向けアニメにおいて、講談社系の雑誌に掲載されるケースも出てくるようになり、女児向けでもプリティーリズム[2]の掲載は講談社の雑誌「おともだち」およびその女児向け増刊「おともだちピンク」[3]が先行していた。ただし続編の『プリパラ』では講談社は撤退している。 ディズニーキャラクターのコンテンツの出版権については、長い間、講談社系の雑誌のみに独占的にライセンスが供与されていた時期があった。しかし、2002年の『ディズニープリンセス』の河出書房新社へのライセンスの供与をきっかけに講談社以外の雑誌にも供与されるようになり始め、2006年頃からは徐々に小学館系の雑誌にも『リロ&スティッチ』などが開放された。本誌を含めた小学館幼児誌各誌の2008年8月号(2008年7月発売)からは『ミッキー&フレンズ』『くまのプーさん』など最主力級のキャラクターも含めてほぼ完全に供与され、これによりディズニーキャラクターの扱いは講談社幼児誌とほぼ同じになり、小学館の雑誌のみに掲載されている『ドラえもん』、『ポケモン』、『アンパンマン』とともに、主力キャラクターとなっている。

付録は2005年9月号に『ふしぎ星の☆ふたご姫』のみを取り上げたDVD(約30分程度の内容)が付けられてから、DVDが付録になっている。当初は年に1回程度であったが、現在は年4回と増えてきている。2回目からは(2008年9月号の『ポケットモンスター』を取り上げた付録DVDのように、1つのキャラクターのみ取り上げることもあるものの)、基本的に複数の作品をまとめて収録する内容に変わっている。

登場キャラクターは基本的に本誌内で掲載されているキャラクターであるが、本誌では当時定期掲載前(『こんにちはアン』)、または終了した作品(『アンパンマン』)や定期掲載されていない作品(『ねぎぼうずのあさたろう』、『やさいのようせい』(ただし本誌のお話コーナーで単発で掲載されたことはある)など)が取り上げられることがある。

姉妹誌として、小学校入学準備用の『学習幼稚園』が季刊で発売されている。『学習幼稚園』は本誌を含めた小学館の他の幼児誌とは違い小学館の学年別学習雑誌の扱いとされているが、小学館の幼児誌のサイト(外部リンク参照)などでは幼児雑誌の扱いとなっている。2014年12月には競合誌の『たの幼 ひめぐみ』と同様に女児のみにターゲットを絞った増刊の姉妹誌である『なないろようちえん』が季刊で発売され、同年10月からテレビアニメ化された『プリパラ』が同誌のみで掲載されている。

かつては本誌と、3歳児前後(2歳~4歳)を対象とした姉妹誌『めばえ』の中間として、4歳児前後(3歳~5歳)向けに『よいこ』も刊行されていたが、本誌と『めばえ』に統合する形で休刊した。『よいこ』が刊行されていた頃の本誌の対象年齢は5歳児前後(4歳~小学校入学前)だった。『たのしい幼稚園』の場合、対象年齢が4・5・6歳と表記されているのに対し、現在の本誌の対象年齢表示が3・4・5・6歳と表記されているのはこの名残でもある。

女児向けコンテンツ[編集]

女児向けアニメのコンテンツは、『てれびくん』・『テレビマガジン』のような専門誌が存在する男児向けアニメ・特撮作品とは違い、現在のところ、定期的に刊行している幼児向け雑誌では本誌や『たのしい幼稚園』のような幼児向け総合誌しか掲載されていないため[4]売上を左右する重要なコンテンツとされる。

しかしながらこの分野はもともと講談社陣営(『たのしい幼稚園』掲載作品)が強く、特に『美少女戦士セーラームーン』(以下『セーラームーン』)が1992年にアニメ化されてからは『たのしい幼稚園』でもすぐさま看板となり、本誌でもそれに対抗するために同社の小中学生向け少女漫画雑誌『ちゃお[5]関連の『愛と勇気のピッグガール とんでぶーりん』、『愛天使伝説ウェディングピーチ』の他に、集英社の小中学生向け少女漫画雑誌『りぼん[6]関連の『姫ちゃんのリボン』、『赤ずきんチャチャ』、『ナースエンジェルりりかSOS』などを順次掲載した。『姫ちゃんのリボン』、『赤ずきんチャチャ』、『とんでぶーりん』のアニメ自体は視聴率も良かったため放送期間が延長されたが、いずれも『セーラームーン』の圧倒的な人気には及ばなかった。

1997年に『セーラームーン』が終了し、その後継番組『キューティーハニーF』は同社が出版権を得た関係で本誌で連載、翌年の『ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー[7]も同様に本誌で連載されたが、いずれもアニメ自体は商業的に惨敗に終わり、講談社陣営が『セーラームーン』終了後もヒット作を立て続けに出す[8]のとは対照的で、2000年代初頭までは『たのしい幼稚園』に圧倒的な差をつけられていた。

2000年には関連会社の小学館プロダクション(現在の小学館集英社プロダクション)が制作した『とっとこハム太郎』(以下『ハム太郎』)が大ヒットする。その後も『Dr.リンにきいてみて!』、『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!』、『きらりん☆レボリューション』などの『ちゃお』から派生したアニメ作品や、『オシャレ魔女 ラブandベリー』、『ワンタメ』などのカードゲームと連動したコンテンツが相次いでヒットし、更に本誌だけの限定カードを付録に付けた事で売上が伸び、『プリキュアシリーズ』を擁する『たのしい幼稚園』との人気差を縮めた。またアニメ版は強力なライバルであった『セーラームーン』は、2003年から2004年に特撮ドラマ版は同社も出版権を獲得し、本誌の看板コンテンツとなった。

だが、2008年から2009年に掛けて、主力であった『ハム太郎』と『きらりん☆レボリューション』が終了、代わりに2008年11月号からサンリオキャラクターの『ジュエルペットシリーズ』、2009年5月号から『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』、2009年10月号から『たまごっち!』が登場したが、いずれも人気や商業面などで以前の『ハム太郎』と『きらりん☆レボリューション』や、講談社陣営の『プリキュアシリーズ』ほどの人気がなく、2009年度以降、再び『たのしい幼稚園』と比べて本誌の部数が劣勢に立たされた原因の一つにもなっている。再逆転することなく『たまごっち!』はテレビアニメの終了とともに2015年10月号まで、『ジュエルペット』も2015年12月号までで連載を終了した。 2016年1月の時点では、目立った女児向けコンテンツは、先述の『なないろようちえん』でのみ掲載されている『プリパラ』のみであった。後に3月以降は『ジュエルペット』と入れ替わりで連載を開始した『リルリルフェアリル』が加わっているが、いまだに『たのしい幼稚園』との掲載数の差は広がったままといえる。ただし『はなかっぱ』などの男女共用キャラクターを含めると『たのしい幼稚園』との差はそれほどない。

なお、2002年3月号から2003年4月号にかけての約1年間は『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』の打ち切りを受けて[要出典]ギャラクシーエンジェル』第2期・第3期や『ぴたテン』などのテレビ大阪制作日曜朝9時30分枠のアニメ(いわゆるブロッコリー枠)の作品が、急遽(『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』の後番組である関係で)女児向けキャラクターとして掲載された。これらの作品は本来は中高生以上のコア層のアニメファンがターゲットであるため、テレビ東京系を除くほとんどの放送局では深夜アニメとして放送されていた[9]

男児向けコンテンツ[編集]

男児向けアニメ・ゲームのコンテンツに関しては前述の『ポケットモンスター』がヒットしてからは本誌が『たのしい幼稚園』を大きくリードしている。2004年には『甲虫王者ムシキング』、2006年には『古代王者恐竜キング』、2013年には『妖怪ウォッチ』が大ヒットしており、また特撮ヒーローの情報も殆ど網羅している。ただし、小学館と講談社は男児向けコンテンツ専門誌『てれびくん』・『テレビマガジン』を発行しており、コンテンツの多くがそれらでも掲載されており、本誌との競合が生じている。

なお、『ポケットモンスター』と『妖怪ウォッチ』については女児もターゲットとしている。

現在の掲載作品[編集]

※()内は掲載期間を表す。

※2010年4月号からジャンル別連載へと新設されたが、2016年5月号から再編された現地点の記載。但し、号によって作品によるジャンルを変更しての連載する場合あり。

※「にんきもの」以外単発連載作品あり

にんきもの
おはなし
ちいく(2017年5月号から「ちえ」から改称)
とくしゅう

他にも国内外企業の生産工場の紹介などが掲載されている。

2010年4月号から2016年4月号まで設けていたジャンル[編集]

せいかつ
  • ドラえもん →「おはなし」へ移籍

過去の掲載作品[編集]

1950年代掲載[編集]

  • ポパイ(1959年7月号 - 1965年9月号)

1960年代掲載[編集]

1970年代掲載[編集]

1980年代掲載[編集]

1990年代掲載[編集]

2000年代掲載[編集]

2010年代掲載[編集]

※付きの作品は、『おともだち』『たのしい幼稚園』(講談社刊)にも掲載されている、もしくはされていた作品を表す。

発行部数[編集]

日本雑誌協会が2014年10月 - 2015年9月に集計した数字[10]では、月当たりの発行部数は11.0万部と、競合誌の『たのしい幼稚園』(15.9万部)と比べて劣勢である。


関連雑誌[編集]

競合雑誌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本誌より低年齢向けの「めばえ」では、2010年から『ちびまる子ちゃん』の掲載が再開されている
  2. ^ メインの漫画版が集英社の「りぼん」で連載され、小学館の女児向け雑誌の「ちゃお」や「ぷっちぐみ」(「小学館の学習雑誌」と幼児誌のうち本誌と「めばえ」が編集にかかわっている)でもタイアップキャンペーンが行われたこともあり、「ちゃお」ではさらに2011年のアニメ版開始に伴い漫画版連載もされている。
  3. ^ 主な競合相手は、本誌ではなく「めばえ」。本誌の2011年5月号に対し、2010年10月号に開始している。
  4. ^ ただし、小学生が主なターゲットである雑誌も含めると『ぷっちぐみ』や『キャラぱふぇ』も存在する。増刊も含めると前述の『なないろようちえん』や、ライバルとなる『たの幼ひめぐみ』・『おともだちピンク』もある。
  5. ^ 2016年1月時点で本誌で掲載された、同誌の漫画を原作とした最新の作品は『極上!!めちゃモテ委員長』であるが、2009年6月号に掲載されただけに留まった。玩具メーカーの戦略上の都合で幼稚園以下をターゲットにしていない『アイカツ!』や、性教育が題材の一部になっているなど内容面で幼児にはふさわしくない『水色時代』・『こっちむいて!みい子』(オムニバス番組『アニメ週刊DX!みいファぷー』内の作品の一つ)・『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』を始め、『少女革命ウテナ』・『魔法少女隊アルス』・『電脳コイル』など幼児をターゲットにしていない『ちゃお』関連のアニメ作品は本誌に掲載されていない。特に1996年度は同社の少女向けアニメコンテンツが『水色時代』しかなかったことから、この1年間は『魔法使いサリー』(絵柄は2代目アニメ版に準拠)が復活・連載された。
  6. ^ 集英社は幼児向け雑誌を発行していないため、『りぼん』や『週刊少年ジャンプ』・『Vジャンプ』・『最強ジャンプ』の作品のうち低年齢層をターゲットにした作品のみ本誌を含む小学館の幼児雑誌に掲載されている(ただし男児向けの『デジタルモンスター』シリーズなど小学館のコンテンツと競合する一部作品は『たのしい幼稚園』に掲載)。そのうち『りぼん』関連は『ナースエンジェルりりかSOS』の次作である『こどものおもちゃ』以降から本誌での連載を廃止し、以降は『ちびまる子ちゃん』のみに絞られている。
  7. ^ 同社の子供向け絵本雑誌である『おひさま』に掲載された絵本が原作で、オムニバス番組『アニメ週刊DX!みいファぷー』内の作品の一つである。
  8. ^ 夢のクレヨン王国』、『カードキャプターさくら』、『おジャ魔女どれみ』シリーズなど。
  9. ^ 同じくブロッコリー枠で、『ギャラクシーエンジェル』第三期の後番組『デ・ジ・キャラットにょ』は、子供向けにアレンジされたストーリーとなり、子供向けの商業展開を行っていたのにもかかわらず一切掲載されなかった。(一方で『ちゃお』には『ギャラクシーエンジェル』は掲載されず、それと入れ替わるかのように『デ・ジ・キャラットにょ』が掲載された。)
  10. ^ JMPAマガジンデータ 男女 子供誌 一般社団法人 日本雑誌協会、2016年1月31日閲覧。

外部リンク[編集]