少年サンデー特別増刊R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

少年サンデー特別増刊R』(しょうねんサンデーとくべつぞうかんアール)は、小学館から発行されている漫画雑誌

概要と変遷[編集]

週刊少年サンデー』(以下「本誌」という)の増刊として位置付けされる不定期刊行誌で、1994年、旧誌名『少年サンデー(季節名)SPECIAL』から現誌名に改題された。

雑誌のコンセプトとして、人気作家の単行本未収録となっている読切作品の再録と、通常の増刊での掲載経験の少ない新人作家の読み切りをまとめて掲載する点が挙げられる。現誌名の「R」は、それらの代名詞となる「REVIVAL」と「ROOKIES」に由来しており、各号の表紙にもその記載がある。また、「R」となってからの特徴として「RK決定戦(ルーキーキングトライアル)」と題し、新人作家の読切のアンケート順位で1位だった作家に、本誌または通常の増刊での読切掲載権が与えられる。この企画で1位もしくは上位になった作家は、後に週刊連載に至る者が多い。

また、雑誌のサイズが本誌より小さいA5版(1990年代後半はB5版で刊行された時期もあった)で出版され、その点でも差別化を図られている。

このコンセプトによる増刊は20年以上前「少年サンデー1000」増刊として誕生し、その後「少年サンデー大別冊」・「少年サンデー新人コミック大賞特集号別冊」・「少年サンデー(季節名)オープン大増刊」・「少年サンデー(季節名)SPECIAL」と、雑誌名を変えながら発行された。

通常の増刊『週刊少年サンデー超』が月刊発行で独自の連載がメインだった時代は、新人の読切作品を載せる場所が少なく、それを補完する意味で年2回程度発行されていたが、2004年に『サンデー超』が隔月発行となり、新人作家の読切のみの掲載となってからは、長らく『R』は発行されなかった。しかし、2008年7月に4年ぶりに刊行された。

過去の掲載作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]