12歳の文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

12歳の文学賞(12さいのぶんがくしょう)とは小学館が主催する文学賞である。近年低年齢でデビューする小説家が増えたことを受け、応募者を「締め切り時に満12歳以下の小学生」に絞って2006年に開始された。第3回(2008年)より「ハガキ小説部門」が設けられた。

尚、2017年12歳の文学賞が小学校を卒業する「12歳」を迎えるのを機に区切りをつけるために、2017年度が最後の募集になることが公式サイトで発表された。[1]

各賞の名称と賞品[編集]

小説部門[編集]

  • 大賞:図書カード10万円分、旅行券20万円分、賞状、学年誌掲載
  • 優秀賞:図書カード10万円分、賞状
  • 特別審査員賞:図書カード7万円分、副賞、賞状
  • 審査員特別賞:図書カード5万円分、賞状
  • 顧問賞:図書カード3000円分、顧問の著書、賞状
  • 佳作:図書カード5000円分、賞状
  • 奨励賞:図書カード1000円分、賞状
  • 各都道府県でいちばん!賞:小学館特製図書カード500円分、ミニ賞状

ハガキ小説部門[編集]

  • 大賞:図書カード3万円分+ニンテンドーDSソフト5本、学年誌掲載
  • 優秀賞:図書カード1万円分+玩具券1万円分
  • 審査員特別賞:図書カード1万円分
  • 佳作:図書カード3000円分
  • 奨励賞:図書カード1000円分
  • 各都道府県でいちばん!賞:小学館特製図書カード500円分、ミニ賞状

受賞作[編集]

第1回から第10回[編集]

第1回(2006年)[編集]

  • 大賞
    • 「月のさかな」 追本葵
    • 「『明太子王国』と『たらこ王国』」 井上薫
  • 優秀賞:「駆除屋とブタ」 ディセーン留根千代
  • 上戸彩賞(特別審査員賞):「夏時計」 古賀けいと
  • 佳作
    • 「オトナの人へ」 水鳥舞美
    • 「ジャンの冒険」 北村夏海
    • 「夕日の丘に」 竹生修平
    • 「けやきの木の枝」 蔵方杏奈
  • 奨励賞:9作
  • 努力賞:7作

第2回(2007年)[編集]

  • 大賞:「ヘチマと僕と、そしてハヤ」 三船恭太郎
  • 優秀賞:「だれ?」 海老沢文哉
  • 堀北真希賞(特別審査員賞):「夢羊」 川上千尋
  • 審査員特別賞
    • あさのあつこ賞:「蒼い瞳」 林慧子
    • 伊藤たかみ賞:「ふしぎな町のまっかなもみじ」 山田萌々
    • 西原理恵子賞:「桜街道」 渡辺貞子
    • 樋口裕一賞:「ゴーストタワー」 久永蒼真・土井洸太・松浦央和
    • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「斑」 竹沢紫帆
    • 応援隊長・よゐこ賞:「八十四円のライター」 木下真一
  • 佳作
    • 「痒み」岩田園
    • 「イライラ小学生」 高橋瑛理
    • 「かくれんぼの裏」 渡邉彩
    • 「アダムとイヴに幸せを。」 宮崎恵実
  • 奨励賞:10作

第3回(2008年)[編集]

  • 小説部門
    • 大賞
      • 「陽射し」中石海[2]
    • 優秀賞
      • 「恵比寿様から届いた手紙」 小林宏暢[2]
      • 「小っちゃなヒーロー」 上田風登[2]
    • 中川翔子賞(特別審査員賞)
      • 「わたくしはねこですわ」 金子朱里[2]
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「守護神の品格」 田口達大[2]
      • 西原理恵子賞:「自分は自分でいいんだ」 村松美悠加[2]
      • 樋口裕一賞:「ぼーずは今日もたんしゃに乗る」 米沢歩佳[2]
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「キノコの呪い」 佐藤そのみ[2]
      • ビースタイル賞:「空」 成田昌代[2]
      • ファミリー・トレーナー賞:「Road」 今村真珠美[2] 
    • 佳作:4作[2]
    • 奨励賞:10作[2]
  • ハガキ小説部門
    • 優秀賞
      • 「運命決定塔」 棚田莉加
      • 「たからくじ」 久保志織
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「タイムスリップ」 勢川蒼馬
      • 西原理恵子賞:「あさ・ひる・ばん 家出」 山本浩二
      • 樋口裕一賞:「きっと言える」 田口達大
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「すてねこニャオン」 大竹優香
    • 佳作:5作
    • 奨励賞:8作

 

第4回(2009年)[編集]

  • 小説部門
    • 大賞:「もちた」 宮井紅於
    • 優秀賞
      • 「ストップウォッチ物語」 渡邊道輝
      • 「はけん小学生」 池田史・劉絹子(合作)
      • 「MONOKOとボク」 田口大貴
    • ベッキー賞(特別審査員賞):「大親友」 大久保咲希
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「俺は座布団」 矢野愛佳
      • 石田衣良賞:「春の訪れ」 根本大輝
      • 西原理恵子賞:「その闇、いただきます」 友坂幸詠
      • 樋口裕一賞:「ミス・ホームズ 夏色のメモリー」 本田美なつ
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「暴れん坊のサンタクロース」 福田遼太
    • 佳作
      • 「うらモモ伝説」 石井紀大
      • 「おれをひろえ」 五十棲叶子
      • 「雫の涙」 井谷舞
    • 奨励賞:11作
  • ハガキ小説部門
    • 大賞:「成長のキンめだる」 淵川元晴
    • 優秀賞
      • 「ふしぎな石」 鈴木知良
      • 「ぼくは百円玉」 林駿太郎
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「いかそうめん」 勢川玄樹
      • 石田衣良賞:「脳内洗濯機」 渡辺彩子
      • 西原理恵子賞:「お母さん」 山田みず穂
      • 樋口裕一賞:「エンドレス桃太郎」 足立雄亮
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「ヘビ」 金沢早季
    • 佳作:4作
    • 奨励賞:11作

第5回(2010年)[編集]

  • 小説部門
    • 大賞:「前の店より」 廣瀬楽人
    • 優秀賞
      • 「ぼくのしっぽ」 黒岩真央
      • 「インド糞闘記」 淵川元晴
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「はしご」 廣田菜穂
      • 石田衣良賞:「連想ゲーム ~ツムギビト~」 白藤こなつ
      • 西原理恵子賞:「給食工場」 壬生菜々佳
      • 樋口裕一賞:「ミレ」 工藤みのり
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「Dear Mother」 藤木優佳
    • 佳作
      • 「スミレ」 阿部菜月
      • 「ある博士の とんでもない発明品」 石井杏奈
      • 「僕の失敗」 林千翼子
      • 「“思い”の国のセイナ」 近藤里莉
      • 「プレゼント」 高橋結愛
      • 「草原の風」 城内嶺
      • 「デジタル時計」 城内嶺
      • 「楽園」 井上裕香
    • 奨励賞:5作
  • ハガキ小説部門
    • 大賞:「不良コアラ」 爲國彩夏
    • 優秀賞
      • 「わるいゆめ」 重光喜心
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「ええことあるで」 松田菜摘
      • 石田衣良賞:「完ぺきな人生」 柳内富有
      • 西原理恵子賞:「オヤジギャグ」 実倉啓介
      • 樋口裕一賞:「栄養」 安田勇斗
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「昔の私」 藤守麗
    • 佳作:3作
    • 奨励賞:7作

第6回(2011年)[編集]

  • 小説部門
    • 大賞:「レンタルキャット」 工藤みのり
    • 優秀賞
      • 「この地図を消去せよ」 久世禄太
      • 「かくれんぼクラブ」 前田慈乃
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「とても小さな世界」 鈴木小太郎
      • 石田衣良賞:「~サカナ帝国~」 井手花美
      • 西原理恵子賞:「鼻毛と小人と女の子」 桜糀乃々子
      • 樋口裕一賞:「じいちゃんが…」 小林陸
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「ダイエット」 井手花美
    • 佳作
      • 「エンジェルショー 黄色四葉」 花野夢
      • 「Jewelry of a curse」 花野夢
    • 奨励賞:6作
  • ハガキ小説部門
    • 大賞:3作
      • 「けんか」 伊藤悦矢
      • 「だんまり」 髙野涼
      • 「すねに毛がはえた!」 堀田煕
    • 優秀賞
      • 「世界で一番家の中を知るシーサー」 高木悠平
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「海のなま子」 林愛理
      • 石田衣良賞:「インコが有名」 坂田一真
      • 西原理恵子賞:2作
        • 「(タイトルなし)」 中川結翔
        • 「しばかり」 舩越海
      • 樋口裕一賞:「土の中」 渡部桃子
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「宝もの」 岩岡泰人
    • 佳作:6作
    • 奨励賞:19作

第7回(2012年)[編集]

  • 小説部門
    • 大賞:「人形」 西堀凜華
    • 優秀賞
      • 「コミック・トラブル」 松崎成穂
      • 「くもの糸その後」 仲川晴斐
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「とある梅干、エリザベスの物語」 西田咲
      • 石田衣良賞:「僕と不思議な望遠鏡」 石本紫野
      • 樋口裕一賞:「寄生人の生活」 飯沼優
      • 読売新聞社賞:「クロ」 藤田めい
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「おとぎ話集」 村井泰子
    • 佳作:3作
    • 奨励賞:8作
  • ハガキ小説部門
    • 大賞
      • 「黒いTシャツ」 宮川日代香
      • 「かっこええドライバー」 谷本和祐子
    • 優秀賞
      • 「一瞬」 中畑光貴
      • 「あじのひらき」 山本妃菜
      • 「トイレットペーパー」 竹中祥真
      • 「ちょっぴりきらいなトマト」 池内晃登
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「どっちなの?」 伊藤悦矢
      • 石田衣良賞:「お父さん」 柳堀光太朗
      • 西原理恵子賞:「何人だろう?」 川崎実玲
      • 樋口裕一賞:「風」 平野真菜
      • 読売新聞社賞:「おれのへそ」 柳澤孝平
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「真夜中の味」 亀田東生子
    • 佳作:8作
    • 奨励賞:13作

第8回(2013年)[編集]

  • 小説部門
    • 大賞
      • 「Dランドは遠い」 鈴木るりか
      • 「ジョージとジョセフィーンとフィービィースペンサースミス そして彼らの庭と冒険」 仲濱ひびき
    • 優秀賞
      • 「悲しみの竜」 中野千鶴
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞 : 「王さま歩きましょう」 遠藤萌花
      • 石田衣良賞 : 「つながり」 吉田涼花
      • 西原理恵子賞 : 「その一瞬がいやでして」 逸見野々花
      • 読売新聞社賞 : 「またたびバスツアーへようこそ」 森次柚衣
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞 : 「キュウリが好きなカッパの話」 野呂翔太
    • 佳作 : 3作
    • 奨励賞 : 5作
  • ハガキ小説部門
    • 大賞
      • 「ぼったくり」 高野涼
      • 「けいたい」 三好なつ実
    • 優秀賞
      • 「目薬」 加藤希望
      • 「おとうと」 鈴木千咲
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「ばーばと私が入れかわったら」 西川さくら
      • 石田衣良賞:「宿大」 エリソン悠佑
      • 西原理恵子賞:「紫と青い象」 鈴木匠
      • 読売新聞社賞:「おやこうこう」 福岡はる
      • 事務局顧問・宮川俊彦賞:「ぼう人間のひとりごと」 柴野佑太
    • 佳作:4作
    • 奨励賞:11作

第9回(2014年)[編集]

  • 小説部門
    • 大賞
      • 「マイワールド」 鈴木るりか
    • 優秀賞
      • 「うさぎの瞳」 仲濱ひびき
      • 「ベッディさんは何を見たのか? 愛 運命、信頼と裏切り、そして強くなること、死ぬほど辛い事が人を強くする」 仲濱ひびき
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「蚊の手術」 高野涼
      • 石田衣良賞:「「親友」と「恋人」の間」 鈴木若葉
      • 西原理恵子賞:「ヒーロー」 鳥海帆乃花
      • 読売新聞社賞:「ノエル・マジック」 寺田七海
    • 佳作:3作
    • 奨励賞: 3作
  • ハガキ小説部門
    • 大賞
      • 「次の日消しゴム」 重光絆花
    • 優秀賞
      • 「ごみばこ」 浅原志帆
      • 「金魚が死んだ日」 薄井愛真
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「五百円」 高島起八
      • 石田衣良賞:「出ちゃった」 亀田剛志
      • 西原理恵子賞:「わがまま」 根間心菜
      • 読売新聞社賞:「完ぺき」 花城想
    • 佳作:3作
    • 奨励賞:7作

第10回(2015年)[編集]

  • 小説部門
    • 大賞
      • 「いつかどこかで」 鈴木るりか
    • 優秀賞
      • 「くも ものがたり」 原琴音
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「見習い動物 ユイ ~金色の糸の友達~」 井上睦美
      • 石田衣良賞:「らん・ラン・RUN!」 河内千歳
      • 西原理恵子賞:「僕の犬日記」 中川一樹
      • 読売新聞社賞:「100cmのお母さん」 漆間虹美
    • 佳作:3作
    • 奨励賞:4作
  • ハガキ小説部門
    • 大賞
      • 「小人とお父さんの行方」 小山美紅
    • 優秀賞
      • 「雲の気持ち」 榎本太一
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「うら切ったインコ」 重光絆花
      • 石田衣良賞:「月のみがき方」 山際みのり
      • 西原理恵子賞:「うんちくん」 山田理俐花
      • 読売新聞社賞:「虹色」 楠瀬恵美
    • 佳作:4作
    • 奨励賞:4作

第11回から第12回[編集]

第11回(2016年)[編集]

  • 小説部門
    • 大賞
      • 「天敵の攻略法」 河内千歳
    • 優秀賞
      • 「ワライ・クエスト」 寺田七海
      • 「ヒナステラのクラシック」 日向開紀
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「胃の中のしじみ、行き着く先を知らず」 山本千尋
      • 石田衣良賞:「はじめての恋の話」 河内千歳
      • 西原理恵子賞:「足くさ物語」 島田藍
      • 読売新聞社賞:「スミレさんの恋」 渡邉瑞紀
    • 佳作:3作
    • 奨励賞:4作
  • ハガキ小説部門
    • 大賞
      • 「パパ」 小渡風花
    • 優秀賞
      • 「いきている しょうこ」 鳥嶋明衣
      • 「3位」 沼尾草介
    • 審査員特別賞
      • あさのあつこ賞:「かりものきょうそう」 加藤紗綾
      • 石田衣良賞:「妹がいたら」 菱沼里佳
      • 西原理恵子賞:「こんどこそ」 田中聡
      • 読売新聞社賞:「ポチ」 伊藤裕里
    • 佳作:2作
    • 奨励賞:2作 

関連書籍[編集]

  • 『12歳の文学』小学館、2007年3月、272p
  • 『12歳の文学〈第2集〉小学生作家が紡ぐ9つの物語』小学館、2008年3月、281p
  • 『12歳の文学〈第3集〉小学生作家が紡ぐ9つの世界』小学館、2009年3月、299p
  • 『12歳の文学(第4集)すごいぞ、日本の小学生』小学館、2010年3月、395p
  • 『12歳の文学(第5集)』小学館、2011年3月、256p
  • 『12歳の文学(第6集)』小学館、2012年3月、216p
  • 『12歳の文学(第7集)』小学館、2013年3月、160p
  • 『12歳の文学(第8集)』小学館、2014年3月、137p
  • 『12歳の文学(第9集)』小学館、2015年4月、<電子書籍>
  • 『12歳の文学(第10集)』小学館、2016年4月、<電子書籍>
  • 『12歳の文学(第11集)』小学館、2017年4月、<電子書籍>

脚注[編集]

外部リンク[編集]