ビッグコミックスペリオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ビッグコミックスペリオール』は、小学館発行の漫画雑誌。月2回発行(第2・第4金曜日)。1987年7月1日創刊。創刊編集長は鈴木俊彦。現編集長は菊池一

概要[編集]

創刊当時は月2回(毎月1日、15日)発行で、『ビッグコミックオリジナル増刊号』からそのまま移動してきた漫画がほとんどを占めていたが、近年は『ビッグコミック』系の先発3誌(『ビッグコミック』、『ビッグコミックオリジナル』、『ビッグコミックスピリッツ』)と遜色ない連載陣になっている。2000年に隔週金曜日に変更になったが、現在は月2回発行に戻っている。発行部数は32万部。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。

小学館の「年代別漫画雑誌」戦略に基づいて、30歳代以上の社会人をターゲットとした『オリジナル』と、学生世代をターゲットとした『スピリッツ』の中間年代層に当たる、20歳代の社会人を主なターゲットとした青年漫画誌というスタンスを長年保っていたが、2012年に方針転換し[1]、コアな層向けの漫画も載せるようになった。

連載作品一覧[編集]

ウェブサイトでの連載[編集]

スペリオールのウェブサイトにから連載コラムがあったが、2010年5月には漫画もウェブサイトでの連載を始めた。本誌の目次には、ウェブサイトで連載中の漫画も記載されている。

休載中[編集]

連載終了作品一覧[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

  • WARAKADO(もりやまつる)

歴代編集長[編集]

発行部数[編集]

  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 370,400部[3]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 339,000部[3]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 318,959部[3]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 305,000部[3]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 277,042部[3]
発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年 273,667 部 262,000 部 252,667 部
2009年 243,500 部 237,334 部 227,334 部 213,500 部
2010年 204,000 部 200,000 部 199,000 部 197,500 部
2011年 190,000 部 180,834 部 175,667 部 169,834 部
2012年 164,500 部 152,500 部 146,000 部 145,167 部
2013年 139,834 部 138,834 部 135,000 部 127,334 部
2014年 122,334 部 117,667 部 114,667 部 114,000 部
2015年 114,000 部 115,334 部 112,667 部 112,000 部
2016年 110,667 部 110,000 部 108,667 部 108,000 部

新人賞[編集]

スペリオール発の大型新人漫画賞。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『創』2012年5・6月合併号、編集長のインタビューでの発言
  2. ^ a b 誌面で『覇-LORD-』から『SOUL 覇 第2章』に改題されたのは2012年5号からであるが、単行本では2011年13号掲載分より『SOUL』1巻に収録。
  3. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]