この恋はツミなのか!?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この恋はツミなのか!?
ジャンル 恋愛漫画
漫画
作者 鳥島灰人
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスペリオール
レーベル ビッグコミックス
発表期間 2018年3号 - 12号
巻数 全1巻
話数 全10話
テレビドラマ
原作 鳥島灰人
制作 ワタナベエンターテインメント
放送局 MBS・TBS
放送期間 2018年12月3日 - 12月24日
話数 全4話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

この恋はツミなのか!?』(このこいはツミなのか!?)は、鳥島灰人による日本漫画作品。『ビッグコミックスペリオール』(小学館)にて、2018年3号から同年12号まで連載。

あらすじ[編集]

恋愛経験なし、コミュ力なし、生き甲斐もない24歳のサラリーマン小日向大河は偶然、将棋女流棋士である駒田多恵と出会う。小日向は勢いで友人関係となった駒田との距離を縮めようと奮闘する。

登場人物[編集]

小日向大河(こひなたたいが)
本作の主人公。
駒田多恵(こまだたえ)
女流棋士。劇中での段級位は女流二段。
田代早苗(たしろさなえ)
女流棋士で駒田の後輩。駒田のことを「駒ちゃん」と呼ぶなど友人関係に近い。
田崎(たさき)
小日向の同僚。
結城弘人(ゆうきひろと)
小日向の上司。部下の女子社員からモテる。会社の将棋部に所属しており、駒田から指導対局をしてもらった。
小山田
小日向の上司で会社の将棋部部長。将棋連盟との繋がりがあり、駒田に将棋部の対局指導をお願いした。

書誌情報[編集]

  • 鳥島灰人『この恋はツミなのか!?』小学館〈ビッグコミックス〉、全1巻
    1. 2018年6月29日発売、ISBN 978-4-09-189889-0

テレビドラマ[編集]

この恋はツミなのか!?
ジャンル テレビドラマ
原作 『この恋はツミなのか!?』
鳥島灰人
企画 大澤剛
脚本 塩塚夢
監督 小川弾
出演者 柏木由紀
伊藤健太郎
オープニング 柏木由紀「そっけない君
エンディング MAG!C☆PRINCEもしも僕が世界を変えれたら
製作
製作総指揮 「この恋はツミなのか!?」製作委員会・毎日放送
プロデューサー 丸山博雄(MBS)
藤田大輔(スロータイド)
尹楊会(MBS)
制作 毎日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 【毎日放送】
2018年12月3日 - 12月24日
【TBSテレビ】
2018年12月5日 - 12月26日
放送時間 【毎日放送】
月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜)
【TBSテレビ】
水曜 1:28 - 1:58(火曜深夜)
放送枠 ドラマイズム
放送分 30分
回数 4
TVドラマ「この恋はツミなのか!?」

特記事項:
【毎日放送】第3話は前夜の『日曜劇場下町ロケット』15分拡大(TBSテレビ制作、21:00 - 22:09)及び『MBSドキュメンタリー 映像'18』(1:05 - 2:05)放送の為、75分繰り下げ(2:05 - 2:35)。最終話は前夜の『日曜劇場・下町ロケット』15分拡大(TBSテレビ制作、21:00 - 22:09)の為、15分繰り下げ(1:05 - 1:35)。
【TBS】第3話は『年またぎスポーツ祭り!』(1:28 - 1:38)放送の為、10分繰り下げ(1:38 - 2:08)。最終話は前夜の『戦後重大事件の新事実2018▼全日空ハイジャック&新幹線無差別殺傷事件』(19:00 - 23:24)放送、及び『勇気のシルシ〜パラアスリートの挑戦』3分拡大(23:24 - 23:30)及び『NEWS23』15分拡大(23:30 - 当日0:31)及び『勇気のシルシ〜パラアスリートの挑戦』(1:05 - 2:05)放送、及び『水曜日のダウンタウン モンスターハウス特別編』(0:31 - 1:31)放送、及び『年またぎスポーツ祭り!』(1:31 - 1:41)放送の為、13分繰り下げ(1:41 - 2:11)。

2018年12月から毎日放送の制作により、TBSをはじめとする同系列局で放送の「ドラマイズム」枠での実写テレビドラマ化することが、同年11月4日に発表された[1]

同日には、駒田多恵役をAKB48NGT48柏木由紀が、小日向大河役を伊藤健太郎が演じることが発表され、オープニングを柏木由紀が担当することも発表された[1]

11月11日には、キャストの第2弾が発表された[2]。11月18日には、キャストの第3弾が発表され、エンディングテーマをMAG!C☆PRINCEが担当することも発表された[3]

キャスト[編集]

駒田多恵
演 - 柏木由紀AKB48/NGT48[1](幼少期:太田しずく[4]
プロの女流棋士。童顔巨乳で、普段は天然だが対局の際は鋭い表情に。熱狂的なファンを持つ、将棋界のスター[5]
小日向大河
演 - 伊藤健太郎[1]
IT企業の情報システム部に勤めるプログラマー。恋愛経験がなく、他人に興味がないが多恵に心引カれる[5]
田崎わたる
演 - 矢本悠馬[2]
大河の同期で大河とは対照的にコミュニケーシ能力が高く、お調子者[5]
田代早苗
演 - 真魚[2]
多恵の後輩で、女流棋士。負けん気が強く、何ごとにも真っすぐに向き合う[5]
坂田
演 - カトウシンスケ[2]
多恵の熱狂的なファン。愛ゆえに、いつもカメラ片手に多恵の周りをうろつく[5]
江口茜
演 - 田中真琴[2]
大河と田崎の同期で、同期の中では“マドンナ的存在”として、慕われている[5]
沖田健
演 - 阿部周平MAG!C☆PRINCE[3]
天才棋士。端正なルックスも持ち、世間をにぎわせる。多恵を姉のように慕う[5]
管理人
演 - 黒田大輔友情出演
大河が暮らすアパートの管理人。アパートの清掃などを行いながら、生活する[5]
加藤先生
演 - 斎藤工(友情出演)[2]
多恵が将棋の道を選択するきっかけとなった恩師で、憧れの人でもある[5]
結城弘人
演 - 村上淳[2]
大河の上司。会社の将棋部に所属しており、もともとはプロを目指していた[5]

スタッフ[編集]

  • 脚本:塩塚夢[6]
  • 監督:小川弾[6]
  • 企画・プロデュース:大澤剛ワタナベエンターテインメント
  • チーフプロデューサー:丸山博雄(MBS)
  • プロデューサー:藤田大輔スロータイド)、尹楊会(MBS)
  • アソシエイトプロデューサー:星友里恵(ワタナベエンターテインメント、上浦侑奈(MBS)
  • 撮影:吉田貴彦
  • 照明:下川徳昭
  • 音声:高橋寿光
  • 美術:津留啓亮
  • 持道具:安池美帆
  • スタイリスト:阿部公美
  • ヘアメイク:そら
  • 助監督:戸塚寛人
  • 制作担当:大川伸介
  • ラインプロデューサー:半田健
  • 宣伝:中澤陽子
  • コンテンツ:首藤明日香、中川貴博、吉岡昌信
  • WEBプロモーション:塩濱誠彦、山内絵美
  • 番販:内海愛子
  • 編集:木村悦子
  • オンライン:星野政樹
  • 選曲:高木秀和
  • 音響効果:松田紗織
  • MA:沖圭太
  • タイトルバック:千葉嵩志
  • 制作:ワタナベエンターテインメント
  • 製作:「この恋はツミなのか!?」製作委員会・MBS

主題歌[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル
毎日放送 TBS
第1話 12月03日 12月05日 出会い
第2話 12月10日 12月12日 最初の一手
第3話 12月17日 12月19日 迫る影
最終話 12月24日 12月26日 詰むや詰まざるや

放送局[編集]

TBS系列 / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [8] 備考
2018年12月3日 - 12月24日 月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 製作局
2018年12月5日 - 12月26日 水曜 1:28 - 1:58(火曜深夜) TBSテレビ 関東広域圏
水曜 2:02 - 2:38(火曜深夜) CBCテレビ 中京広域圏
2018年12月14日 - 2019年1月11日 金曜 0:56 - 1:26(木曜深夜) あいテレビ 愛媛県
2018年12月15日 - 2019年1月12日 土曜 1:25 - 1:55(金曜深夜) 静岡放送 静岡県
2018年12月19日 - 2019年1月16日 水曜 1:28 - 1:58(火曜深夜) IBC岩手放送 岩手県
2019年1月8日 - 1月29日 火曜 0:55 - 1:25(月曜深夜) 長崎放送 長崎県
2019年1月11日 - 2月1日 金曜 0:56 - 1:26(木曜深夜) 熊本放送 熊本県
2019年1月26日 - 土曜 2:17 - 2:47(金曜深夜) 中国放送 広島県
2019年2月13日 - 水曜 0:58 - 1:28(火曜深夜) テレビユー福島 福島県
2019年2月17日(予定) - 日曜 2:08 - 2:38(土曜深夜) チューリップテレビ 富山県
2019年3月4日(予定) - 月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜) 山陰放送 鳥取県島根県
ケーブルテレビ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [8] 備考
2019年1月17日 - 24日 木曜 23:00 -24:00(2話連続) Channel W 大韓民国の旗 韓国

ネット配信[編集]

民放公式無料ポータルTVerや毎日放送が運営するサービスMBS動画イズムで無料見逃し配信が実施されている。また、過去の放送分をMBS動画イズム、AmazonプライムビデオHuluTSUTAYA TVdTVなどの動画配信サービスでも視聴可能である。

毎日放送TBS ドラマイズム
前番組 番組名 次番組
この恋はツミなのか!?

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 柏木由紀が5年ぶり連ドラ主演、童顔癒し系プロ棋士”. 日刊スポーツ (2018年11月4日). 2018年11月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g ドラマ『恋ツミ』矢本悠馬、『カメ止め』真魚、斎藤工ら出演決定”. オリコンニュース (2018年11月11日). 2018年11月11日閲覧。
  3. ^ a b マジプリ阿部周平「楽しかった」連ドラで天才棋士役”. 日刊スポーツ (2018年11月18日). 2018年11月18日閲覧。
  4. ^ 太田しずく”. テアトルアカデミー. 2018年12月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 「冬の新ドラマ超キャラ丸わかり名鑑」,『ザテレビジョン』2018年12月7日号, p20, 株式会社KADOKAWA
  6. ^ a b 冴えない男が棋士に恋「この恋はツミなのか!?」柏木由紀&伊藤健太郎でドラマ化 - ナタリー・2018年11月4日
  7. ^ AKB48/NGT48・柏木由紀が、童顔で巨乳の女流棋士を熱演! 自身による主題歌のタイトルは「そっけない君」に決定”. M-ON! Press (2018年11月17日). 2018年11月17日閲覧。
  8. ^ a b テレビ放送対象地域の出典:

外部リンク[編集]