青山景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青山 景
生誕 1979年9月26日
死没 2011年10月上旬(満32歳没)
職業 漫画家
活動期間 2003年 - 2011年
受賞 第1回イキマン
テンプレートを表示

青山 景(あおやま けい、1979年9月26日[1] - 2011年10月上旬[2])は、日本漫画家。男性。

経歴[編集]

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒後、2003年に『茶番劇』が第1回「イキマン」を受賞し、漫画家デビューした。

2004年舞城王太郎の著作『ピコーン!』を『月刊IKKI』(小学館)で漫画化し、2005年に『SWWEEET』を『月刊IKKI』にて連載した。

以降、『ストロボライト』を『CONTINUE』(太田出版)に、『チャイナガール』を『ビッグコミックスペリオール』(小学館)に連載。2010年より『イブニング』(講談社)にて宗教を題材とした『よいこの黙示録』を連載していた。思春期の少年少女を描いた作品が多いのが特徴であった。

2011年10月9日、講談社の関係者から「青山氏と連絡が取れない」と相談を受けた警視庁調布警察署の係官などが自宅を訪問したところ、浴室で首を吊った状態の青山を発見、その場で死亡が確認された。32歳没[2]。その3日前の10月6日には、twitterにおいて遺書めいた書き込みをしていた[3]

作品[編集]

連載
短編集
  • ピコーン!(2007年、小学館 ISBN 978-4091883568) - 原作:舞城王太郎
    • ピコーン!(月刊IKKI 2004年8月号別冊付録、小学館)
    • スクールアタック・シンドローム - 描き下ろし
  • THE DOG RACE 〜青山景初期作品集〜(2012年、小学館 ISBN 978-4091885821
    • 茶番劇(月刊IKKI 2003年5月号、小学館)
    • ドリップ(月刊IKKI 2003年8月号、小学館)
イラスト

師匠[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代物故者事典 2009-2011』 日外アソシエーツ2012年3月、6頁(日本語)。ISBN 9784816923579
  2. ^ a b 「よいこの黙示録」漫画家の青山景さんが首つり死亡 ツイッターに自殺ほのめかす”. MSN産経ニュース. 産業経済新聞社 (2011年10月12日). 2011年10月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月24日閲覧。
  3. ^ 関口賢 (2011年10月12日). “漫画家・青山景さんが自殺か…Twitterに死を意識した書き込みも” (日本語). RBB TODAY. イード. 2017年1月24日閲覧。

外部リンク[編集]