高井研一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「髙井研一郎」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
高井 研一郎
本名 高井研一
生誕 (1937-07-18) 1937年7月18日
長崎県佐世保市
死没 (2016-11-14) 2016年11月14日(79歳没)
東京都調布市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1956年 - 2016年
ジャンル 少女漫画、ナンセンス漫画、人情漫画
代表作総務部総務課山口六平太』(原作:林律雄
プロゴルファー織部金次郎』(原作:武田鉄矢
受賞 第20回文化庁メディア芸術祭
(『総務部総務課山口六平太』)
テンプレートを表示

高井 研一郎(たかい けんいちろう、1937年7月18日 - 2016年11月14日)は、日本漫画家

生涯[編集]

長崎県佐世保市出身。父が上海租界で書店を開いていたため、上海で育つ。

帰国後、『漫画少年』に投稿し、石森章太郎赤塚不二夫と知り合う。松本晟(後の松本零士)と共に東日本漫画研究会の九州支部を結成。定時制高校卒業後は赤塚たちに誘われてトキワ荘に入居する約束をしていたが、上京してみると高井が入ろうとしていた部屋に水野英子が入居しており、トキワ荘には入れなかった[1]

1956年『少女』掲載の「リコちゃん」でデビュー。以後、手塚治虫アシスタントを経て、赤塚不二夫の仕事を手伝いつつ、青年誌を中心にナンセンス漫画を描いていた。1985年9月『ビッグコミック増刊号』で『総務部総務課山口六平太』を連載開始。ヒューマンドラマのストーリー漫画家として人気を得る。

手品を趣味としており、東京都調布市に在住していた。

2016年11月14日、肺気腫による肺炎のため、入院先の調布市内の病院で死去[2][3]。体調を崩して入院していたものの、数日前まで漫画のネームを切っていたという[4]。なお、『ビッグコミック』で連載中であった『総務部総務課山口六平太』は、11月10日に発売された第22号(2016年11月25日号)掲載の第731話「ヒゲ談義」(単行本では「六平太よ永遠に」と改題)を最後として連載終了することになった[5]。次号のビッグコミック(23号、11月25日発売)では高井の追悼文が掲載された[6]

2017年1月23日、第62回「小学館漫画賞」(審査委員特別賞)受賞[7]。同年、第20回文化庁メディア芸術祭にて、『総務部総務課山口六平太』がマンガ部門優秀賞を受賞した[8]

作品リスト[編集]

その他の著作[編集]

文庫解説[編集]

関連人物[編集]

赤塚不二夫
赤塚とは石ノ森章太郎が主宰した「東日本漫画研究会」を通じて知り合った。1962年、赤塚が『週刊少年サンデー』で「おそ松くん」を始めるにあたり、彼を手助けすべく共同執筆者となった。この漫画を特徴付けたイヤミ、デカパン、ハタ坊などのキャラクターは、高井が赤塚の「口伝て」をもとにデザインしたものである。
1963年には赤塚、山内ジョージ横山孝雄よこたとくお長谷邦夫らと「七福人プロダクション」を設立したが、1年ほどで解散。その後、1965年に赤塚が創立したフジオ・プロダクションに作画スタッフのチーフとして事実上所属していたが、本来はフリーで山内との共同作品も発表していたことから、枚数単価契約の客分扱いであった。
従って、赤塚との関係はパートナー(共同執筆者)である。高井は1970年にフジオ・プロを離れたため、古谷三敏が後任の作画チーフにあだち勉を誘ったのだが、赤塚、古谷、北見けんいちとの個人的な交流は続いていたので、赤塚門下四天王として、古谷、北見、あだちと共に紹介されることもある。
山内ジョージ
2人の共同ペンネームとして「太宰勉」があり(2人が太宰治の愛読者だったことと、当時の人気作家水上勉にちなむ)、少年漫画を1970年頃まで少年誌各誌に発表(「ハッスルBOYカンスケ」「さすらいのデレ助」「パピヨン王子」など)していた。コンビ解消後はイラストレーターに転じ、動物文字絵、絵本、広告、デザインなどの分野で活動している。

出典[編集]