岡野玲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡野 玲子(おかの れいこ、1960年6月24日 - )は、日本漫画家茨城県古河市出身。

経歴[編集]

東洋美術学校を卒業後、1982年プチフラワー」掲載の『エスタープリーズ』でデビュー。1984年開始の『ファンシィダンス』で人気を得る。作品は繊細な筆致で描かれたファンタジーが多く、時に独特のユーモアも混じる。代表作に夢枕獏原作の『陰陽師』など。作画にはコピートーンを多用しており、オリジナルのトーンを作りながら作品を制作している。サム・ペキンパーの映画『ワイルドバンチ』の銃撃シーンに感銘を受けたことが漫画家を目指すきっかけになったという。

夫は手塚治虫の実子でヴィジュアリスト(映像作家)の手塚眞。岡野自身はそれまで手塚治虫の作品は読んだことが無く、「結婚前にあわてて読んだ」と語っている。ちなみに手塚治虫のほうも岡野の作品を読んだ事が無く、僧侶が主人公の漫画(ファンシイダンス)を描いていると聞いて、かなり誤解したとの事である。

1981~1982年に嶺愁麻(みね・しゅうま)名義で「ALLAN(阿蘭)」誌に「TURNED PASSAGE(ターンドパッセージ)」、「想いは残照の彼方に」 を連載していた。

受賞[編集]

作品リスト[編集]

連載作品[編集]

消え去りしもの-Missing Link-(1984年-1985年、グレープフルーツ)
魔術師の世界を舞台にしたファンタジー作品。
ディアーヌ・ド・ロゼの陰謀(1984年-1987年、グレープフルーツ)
17世紀ヨーロッパの貴族を題材にしたドタバタ劇。
ファンシィダンス(1984年-1990年、プチフラワー
禅寺の跡取り息子を主人公に、ファッションや恋愛を交えたコメディ作品。周防正行監督、本木雅弘主演で1989年に映画化された。
両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし) (1989年-1990年、ビッグコミックスピリッツ
若手力士とお嬢様との恋愛をコミカルに描いた作品。
コーリング(1991年-1993年、コミックトム
パトリシア・A・マキリップのファンタジー『妖女サイベルの呼び声』を漫画化したもの。
陰陽師(1993年-2005年、コミックバーガーコミックバーズ月刊メロディ
安倍晴明を主人公にした夢枕獏の同名小説を漫画化。全13巻、3800ページの長編作品。後半からは完全に岡野の創作となっている。
妖魅変成夜話(ようみへんじょうやわ)(1995年-、月刊百科、平凡社
の仙界を舞台にしたコミカルな作品。筆による作画がなされている。
イナンナ(2007年-2010年 、モーニング
天界から降り立った女神、イナンナを主人公に、ベリーダンスに題材をとった作品。
陰陽師 玉手匣(2011年-、メロディ
『陰陽師』の新シリーズ。安倍晴明の妻・真葛が所持する小箱に収められた書物を読み上げる形で物語が展開していく。

作品集[編集]

  • 妙技の報酬 (2000年、小学館)

イメージアルバム[編集]

  • MACOTO TEZKA PRESENTS REIKO OKANO'S 雲遊歌舞 ファンシイダンス(1988年)
手塚眞のプロデュース。
  • コーリング 第1巻初版本の付録(1991年)
第1巻の初版本にのみ8cmCDのイメージ音楽集が封入された。橋本一子によるピアノソロ曲を収録。
  • music for 陰陽師(2000年)
岡野自身のプロデュース。ブライアン・イーノアンビエント・ミュージック伶楽舎雅楽というアプローチの異なる2種類の音楽で構成。

イメージアルバム以外にも、橋本一子のアルバム『ファンタスマゴリア - 幻覚者たち』(2000年)のプロデュースを手がけている。

画集[編集]

参考文献[編集]

  • ティム・リーマン著『マンガマスター 12人の日本のマンガ職人たち』美術出版社、2005年

外部リンク[編集]

  • OGDOAD(公式ウェブサイト)