あだち勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あだち 勉
本名 安達 勉(あだち つとむ)
生誕 1947年8月1日
日本の旗 日本群馬県伊勢崎市
死没 (2004-06-18) 2004年6月18日(56歳没)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1964年? - 2004年
ジャンル 少年漫画ギャグ漫画
テンプレートを表示

あだち 勉(あだち つとむ、本名:安達 勉(読み同じ)、1947年8月1日 - 2004年6月18日)は、日本漫画家群馬県伊勢崎市出身。漫画家のあだち充は実弟。

来歴[編集]

10代の頃より貸本漫画誌の読者コーナーに投稿を始める。才能が認められ高校生で貸本漫画家デビュー。高校卒業後に上京し広告会社でデザイナーとして働くが、プロを目指して漫画家としての活動を再開、『週刊少年サンデー』に短期連載された「タマガワ君」を見た赤塚不二夫から絵の上手さを認められ、以前から担当であった武居俊樹を介してアシスタントに誘われ、フジオプロに参加[1]高井研一郎古谷三敏がフジオプロにあまり関われなくなった穴を埋めるように、作画の要である下絵チーフを任された。これに初期からのアシスタントであった北見けんいちを加えて赤塚門下四天王と称される[2]。また、フジオプロの漫画制作システムの中枢であった「アイデア会議」にも参加するようになった。

その後、フジオプロを退職して、弟のマネージャー兼アシスタントを務める。また、片手間に経営者として、新所沢で書店「タンデム1」を経営していた。日本初の日曜漫画家だと自称する[3]1998年には赤塚と共に立川談志家元の落語立川流に門下生として入門を許され、「立川雀鬼」を名乗る。1996年発表の赤塚不二夫『シェー教の崩壊』制作で歴代アシスタントが集まった際には、チーフを務めた[4]

2004年6月18日胃癌のため死去した。享年56。

人物[編集]

弟・あだち充の才能を見抜き、反対する両親を説得し、漫画家にするために上京させた。2人は兄弟仲がよく、あだち充は「バカあんちゃん」として慕っていた。あだち充の『タッチ』における愚兄賢弟の設定は、あだち兄弟の漫画家関係を反映したという見方も存在する[5]

根アカな性格からギャグ漫画を体現した人物と言われた。「飲む、打つ、買う」の三拍子揃った遊び人であり、麻雀が非常に強く、赤塚もあだちから麻雀を教わったと語っている[6]。安達家ではあだち勉と充兄弟ともに子供の頃から麻雀を仕込まれており、二人ともに若くして相当なキャリアだった。勉に関しては雀荘で雀ゴロのような生活をしていた時期もあったようで、初心者相手にイカサマや点数ごまかしなども平気でやったと語られている。

フジオプロ入社後は「先生と呼ばれるのは赤塚先生だけなんだよ!」と「あだち先生」と呼ばれるのを否定し、弟子筋や後輩にあたる漫画家(ありま猛小野新二、てらしまけいじ他)からはいつしか「おじさん」と呼ばれるようになっていた。

赤塚不二夫のチーフアシスタントを務めながらも、中一コースなど独自の仕事も密かにこなしていた。

あだちを弟子として可愛がっていた赤塚不二夫は、フジオプロを辞して弟のマネージャーに転身する際に再考を求めたほどだった。赤塚としては折角の高い画力を持っているのだから、辞めるのなら再度一本立ちをして欲しいと願っていたが、結局そのまま裏方を全うした。

得意とするのは基本的に赤塚不二夫風の頭身の低いギャグタッチだが、劇画調にも長けており、美人女性や美形の男性を描く際のみ、あだち充似の画風にしたりと、幅広い絵柄を使い分ける技量があった。弟子のありま猛の作品である『連ちゃんパパ』の主人公・日之本進のモデルである[7]

作品[編集]

  • あばれ!!半平太参上(『デラックス少年サンデー』連載) - 相良俊輔原作のストーリー漫画。当時流行した番長物。劇画タッチで描かれていたが、第二話にして自分が描くのに楽なギャグ漫画調にしてしまい打ち切り。
  • タマガワ君(『週刊少年サンデー』連載) - 野球ギャグ漫画。あだち充に描かせた機関車の絵が有名。
  • 二軍の3ちゃん(『中一コース』連載) - 「タマガワ君」と同様に巨人の二軍の選手である3ちゃんの野球生活を描くギャグ漫画王貞治中畑清などが実名で登場する。派生作品として「二軍のドンケツくん」「二軍の星ハンパ君」などがある。
  • 実録あだち充物語(『少年ビッグコミック増刊』連載、単行本:少年ビッグコミックス全1巻) - 弟について兄の視点から書いた作品
  • ロックマン(1990年発売の『別冊コロコロコミックスペシャル』No.34/6月1日号) - カプコンのファミコンゲーム『ロックマン』をコミカライズした読み切りギャグ漫画。

師匠[編集]

弟子[編集]

2020年9月よりサンデーうぇぶりにて、あだちの破天荒なエピソードを中心に描いた『あだち勉物語 〜あだち充を漫画家にした男〜』連載開始。あだち充監修[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “「バカあんちゃん」の豪快人生…「タッチ」作者実兄 故安達勉氏、赤塚不二夫氏師事「増刊号の星」とうたわれ”. ZAKZAK. (2004年7月3日). オリジナルの2004年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040703181128/http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_07/g2004070302.html 2014年7月13日閲覧。 
  2. ^ サンデー毎日』(毎日新聞社2000年6月11日号 赤塚不二夫の連載「弔問対談 これでいいのか」にて、高井研一郎、古谷三敏、北見けんいちと共にこのように紹介された。
  3. ^ 『実録あだち充物語』小学館
  4. ^ 武居俊樹 『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』文藝春秋〈文春文庫〉、2007年、341頁。 
  5. ^ 『コミック・フィギュア王 平成版』ワールドフォトプレス、1999年
  6. ^ 『ニャロメのおもしろ麻雀入門』池田書店
  7. ^ a b ネット激震の「邪悪」な主人公はこうして生まれた 『連ちゃんパパ』作者・ありま猛インタビュー” (日本語). ねとらぼ. 2020年6月14日閲覧。
  8. ^ 『連ちゃんパパ』作者が描く「あだち充を漫画家にした男」の豪快エピソード! 『あだち勉物語』ありま猛インタビュー”. ねとらぼ (2021年8月12日). 2021年8月13日閲覧。