鈴木伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
鈴木伸一
生誕 (1933-12-04) 1933年12月4日(83歳)
日本の旗 日本長崎県長崎市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家アニメーション作家、監督
代表作 『ぼくらマンガ家トキワ荘物語』(監督)他
テンプレートを表示

鈴木 伸一(すずき しんいち、1933年12月4日 - )は、アニメーション作家、監督漫画家

長崎県長崎市出身。日本アニメーション協会会員。アニメ製作グループ「G9+1」のメンバー。杉並アニメーションミュージアム館長。

人物[編集]

藤子不二雄の漫画のキャラクター、『小池さん』のモデルとなった人物[1]。『オバケのQ太郎』のキャラクター「伸ちゃん(伸一)」についても「友人から名前を借りた」と藤子作品で紹介されている。なお「小池さん」同様、鈴木本人もラーメン好きであるという。

中学校時代より雑誌『漫画少年』に漫画を投稿をする。1953年の中学卒業後、漫画家の中村伊助を頼りに上京し、下宿しながら会社員として勤めた(この下宿先の表札が「小池」姓であった)。豊島区トキワ荘に引っ越してからはデザイン会社に勤めながら細々と漫画を描いたりしていた。その時期の、森安なおやとの奇妙な同居生活が有名。1956年漫画家横山隆一率いる「おとぎプロ」にアニメーターとして入社[2]

おとぎプロ退社後は、藤子不二雄藤子・F・不二雄藤子不二雄A)、石ノ森章太郎つのだじろう赤塚不二夫らとスタジオ・ゼロを設立。テレビアニメ制作を中心に活動した。ちなみに原案を手がけた『レインボー戦隊ロビン』の漫画版の名義である『風田 朗(かぜた・あきら、ふうたろう)』は鈴木の漫画投稿時代のペンネームである。また漫画家仲間から愛称として「風(ふう)ちゃん」と呼ばれている。初期スタジオ・ゼロは1971年に事実上解散したが、その後も鈴木の個人事務所として登記上の法人格と名前のみが残っている。解散後はコマーシャルや、番組タイトルバックなどの製作を数多く手がける。1976年、カナダ国際アニメーション・フェスティバルに作品が入選する。

現在も数々のアニメ作品に精力的に関わり、近年ではユネスコ・アジア文化センターの識字教育、環境問題アニメ「ミナの村シリーズ」の演出を手がけるなど、世界的にも著名なアニメーターである。又、東京アニメーター学院の特別講師も務めるなど、新人育成の場でも活躍している。

NHK教育「プチプチ・アニメ」シリーズの『チックン・タック』では、初めてクレイアニメに挑戦。手馴れたセルアニメと違い、出来上がりに予測が付かないクレイアニメには新鮮味があるといい、アニメーションに対する意欲の健在振りを見せている。

2007年9月10日テレビ朝日の番組『大胆MAP』、2009年7月1日の『シルシルミシル』でも紹介された。

なお、同業で、マジックバス所属の鈴木伸一は、同姓同名の別人。

主な作品[編集]

出典[3]

おとぎプロ時代[編集]

スタジオ・ゼロ以降[編集]

劇場作品[編集]

自主制作[編集]

  • ひょうたん
  • バブル
  • ぎゃぐめんそう

パイロットフィルム[編集]

  • ギックとシャック(1963年、演出・作画) - キャラクターデザイン:石森章太郎
  • たのしい医学(1964年、演出・作画)
  • オバケのQ太郎(1964年、演出・作画)
  • フジテレビ子供向番組・題未定(1966年、原画)
  • 怪物くん(1967年、演出)
  • 佐武と市捕物控(1968年、演出)
  • まるまるボンちゃん(1973年、演出・作画) - 鈴木が学研の『科学』に連載していた学習漫画のアニメ化

オープニングアニメ[編集]

その他[編集]


  • 驚きももの木20世紀 トキワ荘の時代〜マンガが青春だったころ〜(監督)
  • フィルムは生きている 手塚治虫フィルモグラフィー 1962-1989(タイトル字幕デザイン)

著書[編集]

関連項目[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 「トキワ荘」のまち 記念碑でPR 小池さんなど新たに2基 東京新聞、2016年12月13日。
  2. ^ 藤子不二雄Aの漫画作品『まんが道』での鈴木の入社試験は『カバの逆立ち』を描く事だった、というくだりがある。しかしこれは同作品での創作で、実際は「絵のバランスの勉強に『ウマの逆立ち』を描いてみるといい」と横山に言われたのが真相である[1]
  3. ^ 「アニメーション狂専誌 FILM 1/24」第31号 特集/鈴木伸一の世界、1980年、アニドウ(東京アニメーション同好会)
  4. ^ 火の鳥2772 愛のコスモゾーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]