古谷三敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古谷 三敏
2019年
2019年
本名 古谷 三敏
生誕 (1936-08-11) 1936年8月11日[1]
満洲国の旗 満洲国(現・中華人民共和国奉天市[1]
死没 (2021-12-08) 2021年12月8日(85歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1955年[1]
ジャンル ギャグ漫画
少女漫画
家庭漫画
蘊蓄漫画
代表作ダメおやじ
ぐうたらママ
減点パパ
BARレモン・ハート
ほか
受賞 第24回 小学館漫画賞
テンプレートを表示

古谷 三敏(ふるや みつとし、1936年8月11日[1] - 2021年12月8日)は、日本漫画家満州奉天生まれ、茨城県鹿島郡神栖町(2005年より神栖市に)出身[2]薀蓄を多く含んだ漫画を得意とする。

経歴・人物[編集]

長男であるが、父親が満州に渡って三年目に生まれたため三敏と名付けられた。父親は奉天の千日仲見世通りで割烹寿司店を経営。田中絹代双葉山も来店するような名店だったが、賭博好きが高じて摘発され、一週間勾留されたことで寿司ネタが全て腐ってしまい、北京の六条胡同に引っ越す。父親は更に北戴河陸軍病院の炊事係になった。三敏は秦皇島の小学校へは片道5時間、後に出来た分校までも2時間かかって通った[1][注 1]

1955年、19歳のときに『みかんの花咲く丘』(島村出版)でデビュー[1]1958年手塚治虫のアシスタントになり、1961年に一度独立して月刊『少女』(光文社)等に連載を持つ。1963年に編集者の推薦により赤塚不二夫アシスタントになる。赤塚とは年齢が1歳しか違わないこともあり、師弟というよりは親友、相棒という関係に近かった[3]

1965年に赤塚不二夫が設立したフジオ・プロダクションに参加。フジオプロ在籍時代はアイディアスタッフのメインとして『おそ松くん』『天才バカボン』など赤塚作品に多く関わっていたほか、並行して少女誌を中心に自作も手掛け、1970年から『週刊少年サンデー』に連載した『ダメおやじ』のヒットで、少年誌向けギャグ漫画家として人気を博し、同作で第24回(1978年小学館漫画賞を受賞した。当時はフジオプロの大黒柱とまで呼ばれた。

その後、フジオプロから独立し[4]1974年9月に芳谷圭児と共に『ファミリー企画』を設立。以後は青年誌を中心に活動を続け、薀蓄を交え、サラリーマンのユーモラスな日常生活を描いた『減点パパ』をはじめ、酒の世界と人間ドラマを織り込んだ『BARレモン・ハート』、落語と噺家の人生を描いた『寄席芸人伝』など数多くの作品を世に送り出している。

1975年から2020年まで毎日新聞『日曜くらぶ』にて『ぐうたらママ』を連載し、45年の長期連載を達成した。

漫画家以外の活動では、日本テレビおはよう!こどもショー』内でイラスト講座を担当したことがある。

大泉学園駅にて漫画と同名の「BARレモンハート」を経営している。阿佐ヶ谷でも「Beer Bar レモンハート」を経営し孫が勤めていたが閉店。その孫は現在「BARレモンハート」のチーフバーテンダーとなっており、かつて「鶏和酢 里紅(とりあえず りく)」の名前でゴールデンボンバーにDoramuとして所属していたこともある。

2021年12月8日、がんのため死去[5]。85歳没。同月13日に双葉社より発表された[5][6]

作品[編集]

漫画以外でイラストを描いた作品[編集]

漫画以外の著書[編集]

  • 『落語うんちく高座 -実録・寄席芸人伝-』(廣済堂出版、1984年)
  • 『落語うんちく学 -噺家たちの夢芝居-』(廣済堂出版、1985年)
  • 『古谷三敏・ウンチク大全・酒』(大和書房、1985年)
  • 『男の酒と肴ウンチク学』(廣済堂出版、1985年)
  • 『「男の手前みそ」 -ウンチク手作り事典食の巻-』(徳間書店、1986年)
  • 『面白うんちく新学説 -ユーモラスな104のウンチク集-』(廣済堂出版、1987年)
  • 『続 面白うんちく新学説 -奇説・新説・知識の宝庫-』(廣済堂出版、1990年)
  • 『おばあちゃんの知恵暮らしの便利帳』小学館実用シリーズlady bird. セブンブックス 1996
  • 『BAR レモン・ハート・カクテル大事典』(双葉社、2002年)
  • 『知識ゼロからのシングル・モルト&ウイスキー入門』幻冬舎 2004
  • 『知識ゼロからのハイボール入門』幻冬舎 2011

共著[編集]

  • 古谷三敏、古谷陸 『〜あの頃、レモン・ハートで〜BARで飲みたい31の名酒』双葉社、2017年6月。ISBN 978-4-575-31260-7 

関連人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1985年に古谷が満州ゆかりの漫画家たちと訪れた際には、奉天の寿司屋も北戴河の陸軍病院も、それぞれ魚料理屋、サナトリウムとして残っていた[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 古谷三 & 古谷陸 2017, p. [要ページ番号].
  2. ^ 漫画家人名事典 2003, p. 330.
  3. ^ 古谷三敏 (2019年2月19日). 古谷三敏さん(漫画家)「作品には自負があります。誰もやっていないテーマを、先んじて手がけてきました」【 サライ・インタビュー】. インタビュアー:矢島裕紀彦. 小学館. サライ.jp 小学館の雑誌『サライ』公式サイト.. https://serai.jp/hobby/349611 2021年12月13日閲覧。  『サライ』本誌2019年2月号より転載。
  4. ^ 漫画家の古谷三敏さん死去 「ダメおやじ」大ヒット”. 産経ニュース (2021年12月13日). 2021年12月13日閲覧。
  5. ^ a b “漫画家・古谷三敏さん死去 85歳 1985年より『BARレモン・ハート』連載”. ORICON NEWS. oricon ME. (2021年12月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2217346/full/ 2021年12月13日閲覧。 
  6. ^ "古谷三敏氏ご逝去に際し". 双葉社. 株式会社双葉社. 13 December 2021. 2021年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月13日閲覧

参考文献[編集]

  • まんがseek、日外アソシエーツ編集部 編 『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月1日。ISBN 978-4-816-91760-8 

外部リンク[編集]