松谷孝征

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松谷 孝征(まつたに たかゆき、1944年9月24日 - )は、日本実業家、アニメプロデューサー漫画編集者手塚プロダクション代表取締役社長。

神奈川県横浜市出身。1967年中央大学法学部卒業後、学生時代からの劇団を続けていたが頓挫し、一時期ホームレス状態になる。その後、新聞販売店や訪問販売会社など職を転々とし、先輩のつてで実業之日本社に入社して『漫画サンデー』編集部に配属され、谷岡ヤスジ小島功鈴木義司手塚治虫らの担当編集者となる[1]。1973年4月、手塚プロダクションに入社し、手塚治虫のマネージャーを務める。1985年4月より同社代表取締役社長に就任。手塚治虫原作のアニメのプロデューサーを数多く手がける。2003年5月、日本動画協会理事長に就任し、2009年5月より同協会名誉理事となる。2010年6月からは映像産業振興機構理事長も務める[2]。2017年11月、藍綬褒章を受章[3]。2018年3月、第12回声優アワード特別賞を受賞[4]

携わった作品[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

OVA[編集]

脚注[編集]