小室孝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小室 孝太郎(こむろ こうたろう、1943年10月 - )は、日本の漫画家。本名は小室 保孝(こむろ やすたか)。宮城県出身。代表作は『ワースト』。SF漫画の草分けとして、またジャンプ専属契約システムの犠牲者として知られている。

略歴[編集]

手塚治虫の門弟として修業、1968年に独立する。翌1969年、『週刊少年ジャンプ』にて『トワイライトゾーン』でデビューする。同誌では1970年11号から1971年34号まで『ワースト』を連載する。テーマの斬新さと手塚直伝の独特なキャラクターが、好事家の間では今日でも評価されている。その後は、1971年45号から1972年7号まで『闇の戦士』を、1972年18号から同年38号まで『ミステリオス』を連載する。

1973年、『ジャンプ』8号より『アウターレック』の連載を開始するものの、27号で終了する。後に『つっぱりアナーキー王』(洋泉社、1997年)では、「アンケート結果は常に上位にあったものの、アンケート結果が不安定だったもう1つのSF漫画『マジンガーZ』がアニメ化が決まったことで、『SF漫画は2つもいらない』という編集部の判断があった」[1]、そして「事実上の打ち切り予定だった『侍ジャイアンツ』が原作者の梶原一騎の力でアニメ化したためにメジャー化し、その代わりに打ち切られた」と2つの理由を語っている。この対応に関して編集と激しく争ったため、小室は他誌での連載を試みたが、知らない間に交わされた専属契約制度のせいで、しばらくの間ほとんど作家として活動できない状況に陥った。こうした経緯により、小室はジャンプ専属契約制度の犠牲者とされている。

1978年、『命〈MIKOTO〉』で『ジャンプ』に復帰し、わずか11週で打ち切りとなったものの、単行本出版後には大きな反響を呼んだ[2]。その後、小室は歴史漫画や宗教漫画などに活動の場を移した。一方で、『つっぱりアナーキー王』において、SF作品に対する未練も述べている。2010年7月19日、自作の韓国語版が出版されたことを記念し、ソウル市内で開かれた式典に出席した[3]

作品一覧[編集]

師匠[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『マジンガーZ』は元々、フジテレビ東映によるオリジナルTVアニメ企画だった。漫画版(コミカライズ)は『週刊少年ジャンプ』で1972年9月12日発売の42号から連載が開始され、TVアニメも『アウターレック』の連載がスタートする以前の1972年12月3日に放映が開始された。しかも『アウターレック』の終了から2か月後の1973年35号において、ストーリーの途中で連載が打ち切られており、小室の証言とは大きく状況が異なる。
  2. ^ 『つっぱりアナーキー王』33P
  3. ^ 人間自然科学研究所 研究所の歴史