ライオンブックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ライオンブックス(LION BOOKS)とは、手塚治虫により集英社から発表された一連の短編作品群(オムニバス)を言う。1956年から1957年にかけ、集英社の月刊『おもしろブック』の付録冊子として発行されたものと[1]、1971年から1973年にかけて同じ集英社の『週刊少年ジャンプ』に掲載されたものの二種類が存在している。

概要[編集]

ライオンブックスの第一弾は1956年、集英社の漫画編集者である長野規の企画でスタートした[2]。当時としてはかなり先進的なSF要素を取り入れた意欲作であるが、まだSFという用語すら定着していなかったことと、『鉄腕アトム』のように科学技術の明るい側面だけを描くのではなく、それによってもたらされる負の側面や人類への警鐘などを含めた高尚な内容であったために[2][3]、あまり人気が出ず途中からSF色の薄い作品も描かれるようになり、最終的には全12話で打ち切りとなった。しかしながら、のちのSFに与えた影響は大きく、多くのSF作家がライオンブックスから影響を受けたことを公言している[3]

1971年に、長野からライオンブックス再開の提案があり[2]、月1回のペースで『週刊少年ジャンプ』に掲載された[2]。「安達が原」のような優れたSF作品がある一方で、「ブタのヘソのセレナーデ」に代表されるようなナンセンス・ギャグ的な作品も含まれており、全体に統一性を欠いている。連載当時、手塚は経営の傾いた虫プロの対処に追われており、漫画に集中して取り組むことができなかったのではないかと、二階堂黎人は指摘している[3]

各作品詳細[編集]

おもしろブック版[編集]

来るべき人類
『おもしろブック』1956年8月号付録
19XX年、○○国は日本アルプス上空で新型兵器42・GAMIの実験を行った。その結果、世界中に放射性物質がばらまかれ、放射線による白血球の減少のため、地球にいる人類は廃人同様となってしまった。5年後、地球人のなかで唯一難を逃れた日本の金星探検隊が地球に帰還したが、隊長の草津(演:ウイスキー)は地球の惨状を見て、地球を見捨て金星への移住を決意する。
くろい宇宙線
『おもしろブック』1956年9月号付録
かつて非人道的な実験を行った罪で火星に追放されたドリアン・グレイ博士が、30年ぶりに地球に戻ってきた。その直後から、奇妙な殺人事件が多発する。犯行は放射線によるものであり、犯行現場では、ひげもじゃで黒いダブルを着た男が目撃されていた。かつてドリアン博士の僚友であった宇奈月博士の甥・ボン太郎は、「黒い放射線事件」の究明に奔走する。
宇宙空港
『おもしろブック』1956年10月号・11月号付録(後半は初出時「オリオン137星」)
宇宙空港にギャング「宇宙トカゲ」が逃げ込んだ。金星行きを控えた留学生・エリックと、兄を宇宙トカゲに殺された鳴門うしおは、宇宙トカゲと、彼をかくまうホテルの支配人アセチレン・ランプと対決する。
緑の猫
『おもしろブック』1956年12月号付録
由志三吾と、緑の猫は、アメリカから日本に渡る船上で行方不明になってしまう。緑の猫は、人語を操り、予知能力を持ち、若者に取り付いてその願いをかなえることによって、その人間を堕落させてしまう。三吾の父親の旧友で、私立探偵となった伴俊作は、三吾を緑の猫から救うべく奔走する。
恐怖山脈
『おもしろブック』1957年1月号付録
東京の大学で地質学を学んだ大垣龍太が、8年ぶりに故郷の村に戻ってきた。村の占い師であるお千ばあさんは、地震の予言を必ず的中させることで知られていた。龍三はお千から地震予知の秘密を聞き出そうとする。一方、村長には、かつてお千の予言で地震が起きることを知りながら、龍太の父・龍三を山に登らせて謀殺した、という過去があった。村長は龍太が復讐に戻ってきたのではないかとおびえ始める。
双生児殺人事件
『おもしろブック』1957年2月号付録
狂った国境
『おもしろブック』1957年3月号付録
南極大陸のレッドベア国は、隣のブルジョイ国と対立しており、両国の国境は鉄条網で仕切られ、亡命者はその場で射殺されていた。ところが、大垣龍太による調査で、国境付近の町フロンテアが大きな氷の上に位置していることが判明する。村民を避難させるためには、国境を越えブルジョイ国側に向かわなければならない。
複眼魔人
『おもしろブック』1957年4月号・5月号付録
大戦中、空襲による負傷で失明し、特殊な人工角膜を移植されたアー坊は、他人が言葉の真偽を見抜くことができるようになり、それに目をつけた特高警察(演:東南西北)と憲兵(演:ブク・ブック)によってスパイ狩りに利用される。終戦後、アー坊は口封じのため殺害されそうになったところを脱走、人里離れた山奥で暮らしていた。それから10年後、ハイキングで偶然アー坊と出会った少年たちは、彼が社会生活に戻れるように骨を折ってやろうとする。
白骨船長
『おもしろブック』1957年6月号付録
舞台は21世紀のとある国。増えすぎた人口を減らすため、くじ引きで当たった子供を月の裏側に捨てる政策が行われていた。子供たちを月に送り出す船の船長は「白骨船長」と呼ばれ、血も涙もない人物として恐れられていた。しかしある日、白骨船長の息子がくじ引きに当たってしまう。
荒野の弾痕
『おもしろブック』1957年7月号付録
南北戦争終結直後のアメリカ西部の町、ギャロップ・シティに、元南軍中尉ダッドレイ・ヘボー(演:モンスター)が帰ってきた。だが、ダッドレイは敗戦後、「ダッド・ザ・シャイロ」と名乗るギャング団の首領となっていた。やがてダッドの部下ボリス(演:アセチレン・ランプ)が町に現れ、暴れはじめる。

少年ジャンプ版[編集]

安達が原
『週刊少年ジャンプ』1971年3月22日号所載
白縫
『週刊少年ジャンプ』1971年4月22日号所載
伸二は学校の郷土研究で不知火を調べるために故郷を訪れたが、かつての砂浜は空港建設のために変わり果てた姿となっていた。伸二の兄は地元の顔役となり、開発事業に邁進していたが、そこに奇妙な少女が現れる。
ブタのヘソのセレナーデ
『週刊少年ジャンプ』1971年5月24日号所載
あかずの教室
『週刊少年ジャンプ』1971年6月21日号所載
浩一には弟のヒトシがいた。ヒトシが成長するにつれ、ヒトシの欲しいものがひとりでに飛んできたり、ヒトシが怒った時に石が降ってくることが多発する。それはヒトシの持つ超能力のためであると分かり、やがてヒトシは浩一と共通の恋人を巡って事件を起こす。
百物語
『週刊少年ジャンプ』1971年7月26日号・8月23日号・9月27日号・10月25日号所載
勘定方・一塁いちるい半里はんりはお家騒動に巻き込まれ、切腹を命じられる。理不尽を感じた半里は、屏風に描かれた鬼に魂を売ると呼びかけると、悪魔のスダマが現れ、三つ願いをかなえる代わりに魂をもらい受けるという。薬を飲んで別人となった半里は、不破ふわ臼人うすとを名乗り、それまでとは全く別の人生を歩むうち、人生とは何たるかを知る。
モモンガのムサ
『週刊少年ジャンプ』1971年11月22日号所載
ある林に千二百年の長命を保つクスノキがあった。そこに生まれたモモンガのムサは、両親に捨てられるもクスノキに助けられて成長する。やがてクスノキのボスとなったムサは、森の平穏を乱す一人の少年と対決する。
コラープス
『週刊少年ジャンプ』1971年12月27日号所載
アノン城攻略に向かったリディア王国のニキアス将軍は、その途中サランの家に立ち寄り、姉ヘラを奴隷として連れ去る。家を燃やされ、復讐心に燃えるサランは、オーディンに祈りをささげる。すると、砂嵐がレミングのつがいを運んできた。サランにえさを与えられたレミングは、すさまじい勢いで増え、あらゆるものを吞み込んでゆく。
月と狼たち
『週刊少年ジャンプ』1972年1月17日号所載
おふくろの河
『週刊少年ジャンプ』1972年2月14日号所載
旅芸人の座長・市村洋子には息子の義人よしひとがいた。市村洋子一座は夫の残した台本、むら雲長五郎を上演し、全国を回っていたが、母親の任侠劇を見て育った義人は不良と付き合うようになる。洋子は息子の教育のため劇団の解散を決意するが、最後の舞台の最中に義人が鉄砲水に巻き込まれる。なんとか義人を助け出した洋子は、脳に障害を負って寝たきりになってしまう。
マンションOBA(春らんまんの花の色・耳鴉・でんでこでん)
『週刊少年ジャンプ』1972年3月20日号・4月17日号・5月15日号・6月19日号所載
武蔵野の住宅地開発で住処を追われた妖怪たちは、そのまま新しく建てられたマンションの住人となる。人間への復讐を企てる妖怪たちは、家出少年のタカシを不良として教育して、悪事の限りを尽くさせるという計画を立てるが、妖怪たちは次第にタカシへ情が移ってくる。
荒野の七ひき
『週刊少年ジャンプ』1972年7月17日号所載
PEGPP(汎地球防衛警察同盟)の決死隊員であるうしおしまは、砂漠に着陸した異星人を捉えるが、操作ミスにより車が吹っ飛んでしまう。異星人たちと砂漠に投げ出された潮と味島は、オアシスに向かって歩いていくうちに、異星人たちに心を開いてゆく。
泥だらけの行進
『週刊少年ジャンプ』1972年8月14日号所載
ミューズとドン
『週刊少年ジャンプ』1972年9月18日号・10月16日号・11月20日号所載
ナイル川のダム建設現場で、作業員が「ミューズ」にかみ殺される事件が多発する。ミューズとはアゾスス神殿に住み着いたメスヒョウのことで、五つの超能力を持つとして恐れられていた。ミューズ退治のため、ダム建設委員会に3頭の犬が呼び寄せられる。永野ながのただすの飼い犬、ドンもそのうちの一匹であった。ドンはミューズと相まみえるうちに、ミューズの秘密を知る。
成功のあまきかおり
『週刊少年ジャンプ』1972年12月18日号・12月25日号所載
はるかなる星
『週刊少年ジャンプ』1973年1月22日号所載
火星開拓士は過酷な環境に合わせ、脳髄をサイボーグに移し替え、元の体には電子頭脳がはめこまれて保存してある。ある時、大和田やまとだあきらの肉体が電子頭脳を組み込んだまま地球に脱走する。サイボーグ体のままの大和田は、自分の体を追って地球に向かう。
奇動館
『週刊少年ジャンプ』1973年2月19日号所載
奇動館は、なんでも好きなことのできる私塾。生徒たちは、思い思いの研究に打ち込んでいる。ある日そこへ中浜好太郎という侍が講師として赴任してくるが、あべこべに生徒として教えられる羽目になる。

単行本[編集]

ライオンブックス全話を網羅した単行本は存在しない。「双生児殺人事件」は加筆部分が多かったため長らく掲載されず[3]、2008年発行の復刻名作漫画シリーズにて初収録された。1972年08月14日号収録の「泥だらけの行進」だけは、2008年現在どの単行本にも未収録である[3]

  • ベストコミックス『ライオンブックス』(虫プロ商事)全4巻
    • 週刊少年ジャンプ版を中心に収録しているが、ライオンブックス以外の作品も含まれている[4]
  • 手塚治虫漫画全集『ライオンブックス』(講談社)全7巻
    • 1~5巻(MT61~65)に週刊少年ジャンプ版、6・7巻(MT275, 276)におもしろブック版が収録されている。一部未収録の作品がある。なお手塚治虫漫画全集では、ライオンブックス以外に長野の依頼によって「少年ジャンプ」に掲載された読み切り作品を中心に、「タイガーブックス」と銘打って収録している[2][5]
  • 集英社文庫『手塚治虫名作集2~6、19~20』(集英社
  • 復刻名作漫画シリーズ『おもしろブック版 ライオンブックス』(小学館クリエイティブ)全2巻

アニメ化作品[編集]

手塚プロダクションにおいて、1983年から1993年にかけ、アニメ全6本が「ライオンブックス」シリーズとして製作された。とりあえず26本の作品を製作し、それが揃ったところでテレビ公開するという名目で制作されたが、1989年からOVAとして発売された[6]。「ライオンブックス」と銘打っているものの、漫画版ライオンブックスから取られているのは「緑の猫」と「安達が原」のみである。(ただし、「荒野の七ひき」も企画段階で候補に挙がっていた[6]。)

各作品詳細[編集]

緑の猫
1983年10月完成[6]
雨ふり小僧
1983年12月24日完成[6]
るんは風の中
1985年4月13日完成[7]
山太郎かえる
1986年8月15日完成[7]
安達が原
1991年11月16日完成[8]
悪右衛門
1993年7月16日完成[9]

参考文献[編集]

  • 二階堂黎人『僕らが愛した手塚治虫2』、2008年、小学館。ISBN 978-4-093878258

脚注[編集]

  1. ^ 手塚治虫 講談社全集MT275『ライオンブックス』第6巻、1983年10月、p.5 はじめに、ISBN 4061732757
  2. ^ a b c d e 手塚治虫 講談社全集MT276『ライオンブックス』第7巻、1983年12月、p.222 あとがき、ISBN 4061732765
  3. ^ a b c d e 二階堂黎人『僕らが愛した手塚治虫2』、134-145p
  4. ^ 『僕らが愛した手塚治虫2』、p132
  5. ^ 手塚治虫 講談社全集MT128『タイガーブックス』第8巻、1984年3月、p.212 あとがき、ISBN 4061087282
  6. ^ a b c d 『手塚治虫劇場 手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー』、株式会社手塚プロダクション、1991年初版発行、2006年第3版発行、72p
  7. ^ a b 『手塚治虫劇場 手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー』、p73
  8. ^ 『手塚治虫劇場 手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー』、p94
  9. ^ 『手塚治虫劇場 手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー』、p96

関連項目[編集]