ライオンブックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ライオンブックス(LION BOOKS)とは、手塚治虫により集英社から発表された一連の短編作品群(オムニバス)を言う。1956年から1957年にかけ、集英社の月刊『おもしろブック』の付録冊子として発行されたものと[1]、1971年から1973年にかけて同じ集英社の『週刊少年ジャンプ』に掲載されたものの二種類が存在している。

概要[編集]

ライオンブックスの第一弾は1956年、集英社の漫画編集者である長野規の企画でスタートした[2]。当時としてはかなり先進的なSF要素を取り入れた意欲作であるが、まだSFという用語すら定着していなかったことと、『鉄腕アトム』のように科学技術の明るい側面だけを描くのではなく、それによってもたらされる負の側面や人類への警鐘などを含めた高尚な内容であったために[2][3]、あまり人気が出ず途中からSF色の薄い作品も描かれるようになり、最終的には全12話で打ち切りとなった。しかしながら、のちのSFに与えた影響は大きく、多くのSF作家がライオンブックスから影響を受けたことを公言している[3]

1971年に、長野からライオンブックス再開の提案があり[2]、月1回のペースで『週刊少年ジャンプ』に掲載された[2]。「安達が原」のような優れたSF作品がある一方で、「ブタのヘソのセレナーデ」に代表されるようなナンセンス・ギャグ的な作品も含まれており、全体に統一性を欠いている。連載当時、手塚は経営の傾いた虫プロの対処に追われており、漫画に集中して取り組むことができなかったのではないかと、二階堂黎人は指摘している[3]

各作品詳細[編集]

おもしろブック版[編集]

来るべき人類
『おもしろブック』1956年8月号
くろい宇宙線
『おもしろブック』1956年9月号
宇宙空港(『オリオン137星』含む)
『おもしろブック』1956年10月号・11月号
緑の猫
『おもしろブック』1956年12月号
恐怖山脈
『おもしろブック』1957年1月号
双生児殺人事件
『おもしろブック』1957年2月号
狂った国境
『おもしろブック』1957年3月号
複眼魔人
『おもしろブック』1957年4月号・5月号
白骨船長
『おもしろブック』1957年6月号
荒野の弾痕
『おもしろブック』1957年7月号

少年ジャンプ版[編集]

安達が原
『週刊少年ジャンプ』1971年3月22日号
白縫
『週刊少年ジャンプ』1971年4月22日号
ブタのヘソのセレナーデ
『週刊少年ジャンプ』1971年5月24日号
あかずの教室
『週刊少年ジャンプ』1971年6月21日号
百物語
『週刊少年ジャンプ』1971年7月26日号・8月23日号・9月27日号・10月25日号
モモンガのムサ
『週刊少年ジャンプ』1971年11月22日号
コラープス
『週刊少年ジャンプ』1971年12月27日号
月と狼たち
『週刊少年ジャンプ』1972年1月17日号
おふくろの河
『週刊少年ジャンプ』1972年2月14日号
マンションOBA(春らんまんの花の色・耳鴉・でんでこでん)
『週刊少年ジャンプ』1972年3月20日号・4月17日号・5月15日号・6月19日号
荒野の七ひき
『週刊少年ジャンプ』1972年7月17日号
泥だらけの行進
『週刊少年ジャンプ』1972年8月14日号
ミューズとドン
『週刊少年ジャンプ』1972年9月18日号・10月16日号・11月20日号
成功のあまきかおり
『週刊少年ジャンプ』1972年12月18日号・12月25日号
はるかなる星
『週刊少年ジャンプ』1973年1月22日号
奇動館
『週刊少年ジャンプ』1973年2月19日号

単行本[編集]

ライオンブックス全話を網羅した単行本は存在しない。「双生児殺人事件」は加筆部分が多かったため長らく掲載されず[3]、2008年発行の復刻名作漫画シリーズにて初収録された。1972年08月14日号収録の「泥だらけの行進」だけは、2008年現在どの単行本にも未収録である[3]

  • ベストコミックス『ライオンブックス』(虫プロ商事)全4巻
    • 週刊少年ジャンプ版を中心に収録しているが、ライオンブックス以外の作品も含まれている[4]
  • 手塚治虫漫画全集『ライオンブックス』(講談社)全7巻
    • 1~5巻(MT61~65)に週刊少年ジャンプ版、6・7巻(MT275, 276)におもしろブック版が収録されている。一部未収録の作品がある。なお手塚治虫漫画全集では、ライオンブックス以外に長野の依頼によって「少年ジャンプ」に掲載された読み切り作品を中心に、「タイガーブックス」と銘打って収録している[2][5]
  • 集英社文庫『手塚治虫名作集2~6、19~20』(集英社
  • 復刻名作漫画シリーズ『おもしろブック版 ライオンブックス』(小学館クリエイティブ)全2巻

アニメ化作品[編集]

手塚プロダクションにおいて、1983年から1993年にかけ、アニメ全6本が「ライオンブックス」シリーズとして製作された。とりあえず26本の作品を製作し、それが揃ったところでテレビ公開するという名目で制作されたが、1989年からOVAとして発売された[6]。「ライオンブックス」と銘打っているものの、漫画版ライオンブックスから取られているのは「緑の猫」と「安達が原」のみである。(ただし、「荒野の七ひき」も企画段階で候補に挙がっていた[6]。)

各作品詳細[編集]

緑の猫
1983年10月完成[6]
雨ふり小僧
1983年12月24日完成[6]
るんは風の中
1985年4月13日完成[7]
山太郎かえる
1986年8月15日完成[7]
安達が原
1991年11月16日完成[8]
悪右衛門
1993年7月16日完成[9]

参考文献[編集]

  • 二階堂黎人『僕らが愛した手塚治虫2』、2008年、小学館。ISBN 978-4-093878258

脚注[編集]

  1. ^ 手塚治虫 講談社全集MT275『ライオンブックス』第6巻、1983年10月、p.5 はじめに、ISBN 4061732757
  2. ^ a b c d e 手塚治虫 講談社全集MT276『ライオンブックス』第7巻、1983年12月、p.222 あとがき、ISBN 4061732765
  3. ^ a b c d e 二階堂黎人『僕らが愛した手塚治虫2』、134-145p
  4. ^ 『僕らが愛した手塚治虫2』、p132
  5. ^ 手塚治虫 講談社全集MT128『タイガーブックス』第8巻、1984年3月、p.212 あとがき、ISBN 4061087282
  6. ^ a b c d 『手塚治虫劇場 手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー』、株式会社手塚プロダクション、1991年初版発行、2006年第3版発行、72p
  7. ^ a b 『手塚治虫劇場 手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー』、p73
  8. ^ 『手塚治虫劇場 手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー』、p94
  9. ^ 『手塚治虫劇場 手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー』、p96

関連項目[編集]