スーパー太平記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スーパー太平記』(スーパーたいへいき)は、手塚治虫による日本SF漫画作品。1958年から1959年にかけて、少年画報社刊行の『少年画報』に連載された。

概要[編集]

本先は江戸時代末期の日本で育ち未来人の両親を持つ少年が、奇想天外発明品を作って悪人と戦うSF活劇。作品の原型となったのは、1952年に少年画報の別冊付録として描かれた『ピストルをあたまにのせた人びと』で、そこに登場する発明マニアの少年・栗助が、本作の駒助に発展した。[1]

あらすじ[編集]

時間機械で未来から江戸時代にやって来た加賀美博士夫妻は、機械の事故により、赤ん坊を置き去りにしてしまう。その赤ん坊は、女スリのコンニャクお伝に拾われ、駒助と名づけられて育てられる。その後元気な少年に成長した駒助の前に、両親だと名乗る不思議な男女が現われ、彼らから未来の科学の本をもらい……。

登場人物[編集]

  • 駒助
  • コンニャクのお伝
  • 小原庄之助
  • への屋茂平次
  • 加賀美博士
  • 加賀美鏡子
  • ウナどん
  • キズ六
  • けんか長屋の大家
  • ゲッソリ右門
  • からくり儀右衛門
  • 不知火

単行本[編集]

  • キングコミックス『スーパー太平記』(少年画報社
  • 手塚治虫漫画全集『スーパー太平記』(講談社
  • 小学館叢書 手塚治虫中期傑作集11『スーパー太平記』(小学館)
  • カラー完全版『スーパー太平記』(チクマ秀版社)
  • 手塚治虫文庫全集『スーパー太平記』(講談社)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 手塚治虫 講談社全集MT51『スーパー太平記』、1977年10月、p.236 あとがき。

外部リンク[編集]