石坂啓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石坂 啓(いしざか けい、1956年3月28日 - )は、日本漫画家作家愛知県名古屋市出身。女性。雑誌週刊金曜日』の編集委員や、ピースボート水先案内人を務めるほか、テレビにコメンテーターとして出演している。既婚で一児の母。本名、立川啓子。旧姓、福田[1]

人物[ソースを編集]

愛知県名古屋市生まれ。華僑を母に持つ。1976年、父の経営する会社が倒産。名古屋芸術大学卒業。1978年に上京、手塚プロダクションにて手塚治虫に1年ほど師事。ブラック・ジャックの作画などを担当した。デビュー作は第2回マンガ少年新人賞佳作入選の『とろりんなんぼく』(1979年)。青年漫画作品を中心に執筆し、『ビッグコミックスピリッツ』で連載した『キスより簡単』はテレビドラマ化・映画化もされた。1988年にはTBSラジオ深夜放送スーパーギャング』のパーソナリティをつとめるなど多彩な活動を行っていたが、出産を機に漫画家を休業し、以降はエッセイストやコメンテーターとしての活動が主となる。第3回文化庁メディア芸術祭大賞を受賞。

育児体験を著したエッセイ「赤ちゃんが来た」を発表後は、育児や教育に関する発言や講演活動も積極的に行う。『週刊金曜日』の編集委員[2]や『マガジン9条』発起人[3]、「九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人[4]などを務める。

論評・活動等[ソースを編集]

戦争に対する抗議活動[ソースを編集]

湾岸戦争時には都内の寺で抗議のパフォーマンスとしてハンガーストライキ白米パンを抜いた食生活)を行った[5]2003年6月8日小田実姜尚中和田春樹らと「東北アジアの平和を求める日韓市民共同声明」を発表し、「日本政府は、核危機の克服のためにも、また、日本の植民地支配の清算と拉致問題の解決のためにも、北朝鮮政府との中断した国交交渉をただちに、無条件で再開しなければなりません」と訴えた[6]

また、戦時における性暴力に関する一部陣営の取扱いに強い危惧を持っており、戦時における従軍慰安婦の問題や戦時における強姦に関するテーマを『安穏族』などの作品中に取り上げている。

政治的活動[ソースを編集]

2006年9月、加藤紘一宅放火事件に対し、「民主主義にとってテロは敵だ。言論封じのあらゆるテロを許さない」と非難する共同宣言を上原公子らと共に発表した[7]。 2009年10月、フリーター全般労働組合などが主催した「リアリティツアー 62億ってどんなんだよ。麻生首相のお宅拝見」で、無許可デモ及び公務執行妨害の容疑で3人が逮捕されると、これを不法逮捕とする糾弾運動に上原公子らと参加した。

政治家辻元清美とは個人的にも親交が深く、お互いの著書に推薦文や後書きを寄せあったりしている。辻元の秘書給与詐欺事件に際しては灰谷健次郎と共に、「裁判を支える会」の呼びかけ人を務めた。 また、狛江市の市長選挙では河西信美2007年東京都知事戦では、浅野史郎を応援するため「アサノと勝とう!女性勝手連」の呼びかけ人となるなどの活動をしたが、両名とも落選している。

国立メディア芸術総合センターについて[ソースを編集]

日本漫画家協会会長のやなせたかし里中満智子が「劣化が進む貴重なマンガ原画を保存・修復する拠点」として政府に働きかけていた国立メディア芸術総合センターについて、「国費で額縁に原画を飾っても、ありがたがって見に来るマンガ好きはいない。恥ずかしいから私の作品は並べないで」[8]「大家の先生方はマンガが不遇だった時代の人が多いから、国が歩み寄ってくるとうれしく思う人がいるだろう。しかし、お上にほめられて喜ぶ漫画家はいない。むしろ、お上をちゃかすのがマンガの精神。」と批判した[9]。民主党が開催した2009年度補正予算案を検証する勉強会では「世界の若者に我が国のメディア芸術の魅力を発信する拠点となる」と説明する文化庁職員に対して、「お上に『よろしい』と言われて喜ぶより、そういうものをちゃかしたり風刺した作品を見せるのがマンガの精神」と述べ[10]、「漫画家の仲間で好意的な反応をした人はいない」「ものすごくつまらないものになる」と計画の撤廃を訴えた[11]

その他の活動[ソースを編集]

  • 楠瀬誠志郎らと共に「さくらちゃんを救う会」の呼びかけ人を務めた。
  • テレビ朝日放送番組審議会副委員長を務めている。

随筆単行本リスト[ソースを編集]

上記の「赤ちゃんが来た」の続編的エッセイ。
  • 『ちょっとコハレタひと』読売新聞社 1998
  • 『学校に行かなければ死なずにすんだ子ども』幻冬舎、2001 のち文庫 
共著
  • 『尾木ママと考える大震災後を生きる希望のヒント』尾木直樹共著 金曜日 2012

漫画作品リスト[ソースを編集]

  • 下北なぁなぁイズム 1980 朝日ソノラマ
  • 茶番劇 1981 朝日ソノラマ
  • エルフ 朝日ソノラマ 1982 
  • マンチャラ小日向くん 小学館 1983-84 
  • 安穏族 集英社漫画文庫、1984 
  • キスより簡単 小学館、1986-87 1987年国生さゆり主演でテレビドラマ化された。
  • 夢みるトマト 小学館、1988―89 
  • キャリング 堀田あきお共著 小学館、1988―89 
  • アレルギー戦士 小学館、1988 
  • マネームーン 小学館、1990―91 
  • ムスコン 小学館、1990
  • パパイラズ Men's子育て記 堀田あきお共著 小学館 1990.4
  • 正しい戦争 反戦マンガ傑作集 集英社、1991 
  • 私はカラス 小学館、1992 
  • ハルコロ 原作:本多勝一 潮出版社、1992 
  • 新友録 集英社、1993 
  • さよなら家族 イースト・プレス 1994.6
  • アイ'ム ホーム 小学館、1999年、第3回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。2004年NHK夜の連続ドラマで、『アイ'ム ホーム 遥かなる家路』としてテレビドラマ化された。また、2015年4月からテレビ朝日系で、『アイムホーム』のタイトルでテレビドラマ化される。
  • 俺になりたい男 小学館 2000.7
  • セカンドベスト 小学館 2002.1
  • 私のハートパートナー - 1987年テレビ朝日「気ままな女シリーズ」の枠で前後編の2回に分けてドラマ化された。
  • ひみつの箱 堀田あきお共著 小学館、2006 
  • 悪(絵本)大月書店 2009.9
  • ねこミンミ - 『小学一年生』で連載していた。
  • ピョンタくんの楽しい戦争 - 現在編集委員をつとめる『週刊金曜日』誌上で月イチ連載。伏字シーンを登場させて不自由な世の中を表現しているのが特徴。
  • 竜宮家族 小学館 2015.3

イラスト提供作品[ソースを編集]

  • ボーイフレンドはエッチなゆうれい(山中恒 作)偕成社 1986
  • 背後霊内申書(山中恒 作)旺文社 1988
  • 背後霊仕掛人(山中恒 作)旺文社 1990
  • あわてんぼ!めたねこムーニャン(山中恒 作)小学館 1991
  • くいしんぼ!めたねこムーニャン(山中恒 作)小学館 1991
  • 大変身!めたねこムーニャン(山中恒 作)小学館 1992
  • 福引きはネコの手をかりて(山中恒 作)理論社 1994
  • あつがりネコ海へいく(山中恒 作)理論社 1994
  • いじわるネコのひとめぼれ(山中恒 作)理論社 1994
  • いすわりネコはくいしんぼ(山中恒 作)理論社 1994
  • おばぺのヒュータン(山中恒 作)小学館 1996

テレビ出演[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~』第3巻。
  2. ^ 石坂啓 編集委員紹介|週刊金曜日公式サイト”. 週刊金曜日. 2010年12月25日閲覧。
  3. ^ マガジン9とは?”. マガジン9 (2005年3月1日). 2010年12月25日閲覧。
  4. ^ マスコミ九条の会(よびかけ人はだれですか)
  5. ^ 2003年4月28日 毎日新聞
  6. ^ 東北アジアの平和を求める日韓市民共同声明” (2003年6月8日). 2010年12月25日閲覧。
  7. ^ 加藤宅放火事件~「言論封じ」のテロを許さない共同アピールに802人が賛同”. レイバーネット日本 (2006年9月5日). 2010年12月25日閲覧。
  8. ^ 毎日新聞 2009年6月4日
  9. ^ 【日本の議論】建設費なんと117億円「アニメの殿堂」は必要か? 衆院選の結果次第では… (3/5ページ) - MSN産経ニュース [1]
  10. ^ 5月26日20時41分配信 毎日新聞 <石坂啓さん>国の施設批判「額縁にマンガ、恥ずかしい」
  11. ^ 石坂啓さん、アニメの殿堂「つまらぬ」 民主会合で酷評』(朝日新聞2009年5月27日)参照

外部リンク[ソースを編集]