手塚粲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

手塚 粲(てづか ゆたか、1900年明治33年) - 1986年昭和61年)5月14日[1])は、日本の写真家丹平写真倶楽部のメンバー。手塚治虫の父[2]としても知られる。

概要[編集]

司法官・手塚太郎の子として東京に生まれる[2][3]

1921年大正10年)、中央大学法学部を卒業後、大阪住友倉庫に入社する[4]。後に、住友伸銅鋼管(1935年〔昭和10年〕、住友金属工業となる)に異動となる[4]。同社にて勤務する一方、当初は東京写真研究会関西支部に所属、その後、丹平写真倶楽部へと参加した[5]。前衛的な写真家であったとされ[6]、丹平写真倶楽部においては、その実験的作風によって台頭し、丹平十傑の一人とされた[5]

「写真家四十八宜(しゃしんをうつすひとよんじうはちよろし)」[7]は、48箇条にわたって写真家の心得をまとめたもので、丹平写真倶楽部の会員であった安井仲治によって光芒亭主人の名で発表されたが、これは同じく同倶楽部の会員であった手塚とともに考え出したものとされる[8]

1941年(昭和16年)3月、ナチス・ドイツの迫害から逃れて神戸に滞在していたユダヤ難民を、安井仲治、川崎亀太郎、河野徹、椎原治、田淵銀芳ら丹平写真倶楽部のメンバーと共に撮影した[9][10][11]。この時、当時12歳の手塚治虫が同行していた写真が『大阪人』2002年10月号に掲載されている[12]。撮影された一連の写真は、同年5月に開催された第23回丹平展において、「流氓ユダヤ」シリーズとして発表された[9]

同月、手塚は太平洋戦争(第二次世界大戦)による召集を受け、満州朝鮮フィリピン、オランダ領スマトラに出征する[13]。そのため、写真家としての活動は途切れた[5]1946年(昭和21年)1月復員し、戦後には、「手塚北風」の名で再び作品を発表した[5][14]。後年ヴィジュアリスト・映画監督となった孫の手塚眞にも、写真や8ミリ映画の撮り方を教えるなどして影響を与えた[5]

関連書籍[編集]

演じた俳優[編集]

  • 三浦友和(「天空に夢輝き 手塚治虫の夏休み」1995年)
  • 宝田明(「永遠のアトム 手塚治虫物語」1999年)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 1980代:年譜:手塚治虫について:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト
  2. ^ a b 手塚治虫 近現代・系図ワールド〜
  3. ^ 藤本明男『愛よ命よ、永遠に』10頁(文芸社、2007年) ISBN 9784286026923
  4. ^ a b マンガ・アニメの“神様”--手塚治虫はどのようにして生まれたのか(5/5) - Business Media 誠
  5. ^ a b c d e 東京都写真美術館 監修、日外アソシエーツ 編『日本の写真家:近代写真史を彩った人と伝記・作品集目録』271頁〔手塚粲の項〕(日外アソシエーツ、2005年) ISBN 4816919481
  6. ^ 『朝日新聞』2007年9月8日朝刊24面「写真が語る戦争」
  7. ^ 初出は『丹平写真倶楽部会報』7号(1940年)。『日本の写真家9 安井仲治』(岩波書店、1999年)及び『写真とことば』28-30頁(集英社、2003年)に再録
  8. ^ 飯沢耕太郎『写真とことば:写真家二十五人、かく語りき』32-33頁(集英社、2003年) ISBN 4087201767
  9. ^ a b 『朝日新聞』2008年7月12日朝刊25面「写真が語る戦争」
  10. ^ 南博、社会心理研究所『昭和文化 1925〜1945』446頁(勁草書房、1987年) ISBN 4326600497
  11. ^ 菅谷富夫「美術都市大阪発見 第1回 前衛的写真家たちのモダン都市」
  12. ^ 大阪都市協会『大阪人』2002年10月号(56巻10号)特集「昭和の前衛写真 丹平寫眞倶楽部」に手塚粲の写真が載っており、また手塚眞が手塚粲を語っている
  13. ^ 『愛よ命よ、永遠に』150-151頁
  14. ^ 『愛よ命よ、永遠に』151頁
  15. ^ 【グランフロント大阪店】トークインベント「オオサカがとんがっていた時代 戦後大阪のアヴァンギャルド芸術」(7-30) 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

関連項目[編集]

外部リンク[編集]