人間昆虫記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

人間昆虫記』(にんげんこんちゅうき)は、手塚治虫による日本漫画1970年から1971年にかけて秋田書店刊『プレイコミック』で発表された中篇のピカレスク漫画。2011年にはWOWOWにてテレビドラマ化された。

ストーリー[編集]

主人公の十村十枝子は、女優、デザイナー、そして作家と、その欲望のまま、まるで昆虫が脱皮を繰り返すかのように次々と華麗な変身を続ける。しかしそれは彼女自身の才能ではなく、彼女に近づいた人間の才能を完璧に模倣したものだった。果たして彼女は神が作りあげた天才なのか、それとも…。

作中の人物名が昆虫に由来するように人間社会を昆虫の社会に模しており、ヒロインが次から次へと他人の特異な才能をコピーしては邪魔になったものを捨てていく様を脱皮に見立てた表現は、若年から昆虫のデッサンを残し、同名の虫を由来にペンネームにも虫の字を入れるほど虫好きの手塚らしい作品といえる[要出典]

全編を通して描かれるのは人間の善性ではなく動物性とも言うべきものであり、それぞれのキャラクターがエゴイズムから行動するものの、、ヒロインの行動はどこか颯爽としていて爽快感を伴うのに対して、それ以外の人間の行動は醜悪さを滲ませているのが興味深い作品である[要出典]

単行本[編集]

  • ハードコミックス『人間昆虫記』(大都社)全1巻
  • 秋田漫画文庫『人間昆虫記』(秋田書店)全2巻 
  • 手塚治虫漫画全集『人間昆虫記』(講談社)全2巻
  • 秋田文庫『人間昆虫記』(秋田書店)全1巻
  • 手塚治虫傑作選集『人間昆虫記』(秋田書店)全1巻
  • 手塚治虫文庫全集『人間昆虫記』(講談社)全1巻

テレビドラマ[編集]

2011年7月31日から9月11日まで、毎週日曜日0:00-0:30(JST)、WOWOWミッドナイト☆ドラマ枠にて連続ドラマが放映された。全7話。主演は美波

キャスト[編集]

  • 十村 十枝子(主人公) / しじみ(水野の妻) - 美波
  • 水野 瞭太郎(デザイナー) - ARATA
  • 西川 敬子(劇団テアトル・クラウ / 女優) - 久世星佳
  • 釜石 桐郎(JBE専務) - 鶴見辰吾
  • 蜂須賀 兵六(劇団テアトル・クラウ / 演出家) - 手塚とおる
  • 青草 亀太郎(週刊放言記者) - 滝藤賢一
  • 蟻川 平八(テロリスト) - 北村有起哉
  • 蚊川 じゅん(釜石の秘書) - 松永京子
  • 臼場 かげり(ライター / 十枝子の友人) - 広澤草
  • 金山 文造(金文商事社長) - 金守珍
  • 甲 雪村(野党議員) - 中村敦夫

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 監督
第一話 2011年7月31日 毛蚕の章 白石和彌
第二話 2011年8月7日 春蝉の章
第三話 2011年8月14日 椿象の章 高橋泉
第四話 2011年8月21日 浮塵子の章
第五話 2011年8月28日 天牛の章・前編 白石和彌
第六話 2011年9月4日 天牛の章・後編
第七話 2011年9月11日 螽蟖の章
  • 初回は無料放送45分拡大版。
  • 最終回は40分拡大版。

外部リンク[編集]