プレイコミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プレイコミック
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 青年
刊行頻度 月刊(毎月25日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 497円
出版社 秋田書店
刊行期間 1968年6月1日 - 2014年7月25日
レーベル プレイコミック・シリーズ

プレイコミック』は、秋田書店の発行していた男性(社会人)向け漫画雑誌1968年6月1日創刊(月2回刊)。2010年月刊化され、2014年7月25日休刊。

概要[編集]

『プレイコミック』は、1968年6月1日に創刊され、創刊編集長は織田訓好が務めた。 創刊より永らく月2回刊誌として刊行されていたが[1][2]2010年8月25日発売の同年10月号より月刊誌としてリニューアルされた[3]。 発売日については、月2回刊の時代は毎月第2・第4金曜日であり[1][2]、リニューアル後は毎月25日発売(前々月発売)となった[3]

青年漫画誌としては最古参の一角であり、1967年創刊の『漫画アクション』(双葉社)や『ヤングコミック』(少年画報社)、翌1968年創刊の『ビッグコミック』とともに新しい市場を開拓していった[4]。 長い歴史の中で売り上げの低迷に伴い、風俗ものやエロものがかなりの部分を占めていた時期もあった。2006年には同年No.1より大幅なリニューアルが行われ、立原あゆみによる新連載や平田弘史による時代物短編などを掲載し、正統派青年漫画誌への回帰が図られた。 なお、お色気路線の行き過ぎによって成人向け漫画化する傾向は、前述の『漫画アクション』および『ヤングコミック』にも見られる。『漫画アクション』は2003年に一旦休刊したものの2004年に復刊し、青年漫画誌としてリニューアルを果たした。『ヤングコミック』は1984年に4コマ漫画誌としてリニューアルされ実質的に消滅(後継誌も1987年に休刊)、1990年成年コミック誌として再創刊されている。

2014年7月25日発売の9月号(通巻1072号)をもって休刊となった[5][6][7]。休刊直前の8月号に開始された新連載『徒然ホロ酔い散歩めし』などを含め、大半の掲載作品が最終9月号にて完結しているが、一部の作品は移籍して継続されている。2014年9月30日に新創刊された『別冊ヤングチャンピオン』には『奮闘! びったれ』(同誌創刊号から『びったれ!!!』として再開)と『キューピー外伝 我妻涼』(同誌創刊号に2話連続掲載で完結。第2号:12月号から『QP 我妻涼 〜Desperado〜』として続編開始)の2作品が移籍。2014年10月21日に始動したWebコミックチャンピオンクロス』には『優駿の門 チャンプ』(「菊花賞」編プロローグ:10月28日配信)が移籍となっている。

休刊時の連載作品[編集]

以下の項目は、最終号となった2014年9月号時点での掲載作品(読み切りを含まず)。※印の作品は最終号にて完結。

その他の連載作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 秋田書店 プレイコミック 2010年No.14 ※月刊化の前々号。
  2. ^ a b 秋田書店 プレイコミック 2010年No.15+16 ※月刊化直前の合併号。
  3. ^ a b 秋田書店 プレイコミック 2010年10月号 ※月刊化後の初回号。
  4. ^ 少年画報社公式サイト「少年画報社のあゆみ」ヤングコミック (初期劇画雑誌バージョン) - データなし(2006年7月10日時点のインターネットアーカイブ
  5. ^ 秋田書店 プレイコミック 2014年9月号 - 秋田書店 2014年7月25日
  6. ^ 秋田書店のプレイコミックが次号で休刊、46年の歴史に幕 - コミックナタリー 2014年6月25日
  7. ^ プレイコミック休刊、連載作の移籍先など発表 - コミックナタリー 2014年7月25日

外部リンク[編集]