ふしぎ旅行記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ふしぎ旅行記』(ふしぎりょこうき)は、手塚治虫による日本漫画作品。1950年に家村文翫堂から刊行された。


あらすじ[編集]

叔父・ヒゲオヤジと共に世界一周旅行へ出かけたケン一は、飛行機に乗り遅れたため方向舵にしがみついたがために海に落ちて死ぬ。幽霊となったケン一は身体を捜すため天国の案内人・ハロウィンと共に上海インドエジプトイタリアナポリパリアメリカを行く先々の不思議に出くわしながら旅を続ける。そしてナポリで出会った密輸船員の少女・ミリヨンがイタリア移民であったアメリカの富豪であるノネ・ノネモ氏の生き別れた娘であると知ったヒゲオヤジは密輸船船長と氏の執事の二重人格を持つ男と対峙し、彼女の故国であるアメリカの屋敷に連れて行く。

こぼれ話[編集]

  • 幽霊が肉体を探して全世界を駆け巡るというアイディアは映画『幽霊紐育を歩く』を参考にしたものだと手塚は語っている。
  • 物語の冒頭には本作品という映画の撮影風景が描かれ、本作の完成品を読者が出演者であるキャラクター、筆者と共に観覧するという形式になっている。
  • また、初出単行本の見返しには手塚の横顔のシルエットが描かれているが、これは友人であった漫画家・田中まさおによると手塚本人の手によるものではなく、以前2人で大阪高島屋に向かう途中、路上で切り絵をしている男性に切ってくれたものをそのまま使用したものであるという(「ある日の手塚治虫」ふゅーじょんぷろだくと、1999年参照)。

単行本[編集]

外部リンク[編集]