上を下へのジレッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上を下へのジレッタ』(うえをしたへのジレッタ)は、手塚治虫による日本漫画作品。1968年から1969年にかけて、実業之日本社刊行の『漫画サンデー』に連載された。

概要[編集]

空腹時にだけ絶世の美女に変身するという歌手・小百合チエこと越後君子の特異体質を知った門前市郎は一発当てようと画策する。チエの彼の山辺音彦は門前ともみ合ううちに事故でビルの地下に閉じ込められてしまい、極限状態の中で自分の妄想を他人に伝達すると言う能力に目覚めることになる。その妄想世界は「ジレッタ」と呼ばれた。

単行本[編集]

舞台[編集]

妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』のタイトルで、2017年5月から6月にBunkamura シアターコクーン森ノ宮ピロティホールで上演。脚本・演出は倉持裕、主演は横山裕[1]

キャスト
スタッフ

脚注[編集]

外部リンク[編集]