寺田ヒロオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺田 ヒロオ
本名 寺田 博雄
生誕 1931年8月4日
日本の旗 日本 新潟県西蒲原郡巻町
死没 (1992-09-24) 1992年9月24日(61歳没)
日本の旗 日本 神奈川県茅ヶ崎市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
ジャンル 児童漫画少年漫画
代表作 『背番号0』
『暗闇五段』
受賞 第1回講談社児童まんが賞(『スポーツマン金太郎』)
第11回日本漫画家協会賞選考委員特別賞(『漫画少年史』)
テンプレートを表示

寺田 ヒロオ(てらだ ヒロオ、本名:-博雄、1931年8月4日 - 1992年9月24日)は、日本漫画家新潟県西蒲原郡巻町(現:新潟市西蒲区)生まれ、新発田市出身。男性。新漫画党総裁。愛称は「テラ(寺)さん」。

伝説的な「トキワ荘」でのリーダー格で、特に藤子不二雄の自伝的漫画『まんが道』で、頼もしくて理想的な先輩として描かれた。

妻は作曲家・中村八大の実妹。

略歴[編集]

父親は軍人で、5人兄弟の3男だった[1]新潟県立新発田高等学校時代に野球部に所属する。同時期に少年漫画雑誌『漫画少年』と出会い、漫画投稿を始める。卒業後は知人の紹介で地元警察の事務職へ就職するが、電電公社(現:NTT)の電報電話局に転職[2]。電報電話局では社会人野球投手としても活躍し、都市対抗野球大会にも出場した[2]

その後、井上一雄福井英一の漫画『バットくん』に刺激され[2]1953年、22歳の時に漫画家になるために上京し、同年の大晦日[2]東京都豊島区トキワ荘に入居する。入居当初は、向かいの部屋に手塚治虫が暮らしていた[2]。トキワ荘に次々と入居してくる漫画家らと『新漫画党』を結成。漫画誌に合作、競作を発表するなど、様々な活動をする。

面倒見のいいトキワ荘のリーダー的な存在として知られ、後輩である安孫子素雄(藤子不二雄)や赤塚不二夫らは漫画関係だけでなく私生活の相談に乗ってもらったこと、また度々家賃等の金銭を貸してもらった思い出などを語っており、寺田を慕った。特に安孫子の著作である「まんが道」では寺田のそうしたエピソードが多数描かれ、後に実写ドラマ化もされたこの作品が、今日まで語り継がれる「寺田ヒロオ像」を決定づけたといっても過言ではない。一方、創作活動に生真面目な年下の後輩達の前で「頼もしい兄貴分」でいることには相応の心的苦労もあり、唯一そうした悩みを吐露していたのが、投稿漫画で知り合って以来の友人で、寺田とは正反対の無頼漢として知られる棚下照生だった[3][4]1950年代後半から1960年代前半にかけて人気漫画家となった。この間の1957年6月、結婚を機にトキワ荘から退居[5]

しかし、週刊漫画誌の隆盛にともない、どんどん速度を上げていく仕事のペースについていけなくなったという。『週刊少年サンデー』に連載した『スポーツマン金太郎』の終了後には、憂鬱な気持ちになり「もうへとへとだった。やめたい」と申し出たとされる[2]。また、1960年代からの漫画業界は、劇画ブームの影響からリアルで映像的な画調と刺激的なストーリーがもてはやされるようになり、一貫して正統派の児童漫画だけを書き続ける寺田の作風は、時流からも取り残された存在になっていった。寺田は必要以上に劇画ブームへの反感を示し、仲間内での集まりでも度々批判していた。安易な劇画ブームへの批判に同感だった仲間たちも、会う度に批判だけを繰り返す寺田の言動にはかつての頼もしさを感じなくなっていった。その劇画に対する異常なまでの反感が昂じ過ぎて、全く面識のない著名な劇画作家に自分の描いた原稿を送り付け、「あなたはこんな物を描いていては駄目だ。漫画を描くならば、こういった物を描きなさい」と、一方的に諭した事もあったという。最後には自分が執筆している雑誌の編集長に、そうした劇画作品の連載を全て打ち切るように進言するという荒っぽい行動まで出たが、その時期には独善的な考えも目立ったために聞き入れられず、周囲からも反感を買い逆に自分の連載が打ち切られるという顛末となった。寺田は『えすとりあ』季刊2号(1982年)で「ちょうど高度成長の始まりで、大きいことはいい事だ。儲けることは美徳であると、モーレツ時代に突進して行ったわけで、漫画も雑誌もドギツク、エゲツナクなる一方で」と語っている[1]

これらの出来事を積み重ねるうち、昔の生真面目さまで豹変していった寺田は次第に寡作だけとなっていった、まず1964年、『暗闇五段』の終了を最後に、週刊誌の連載から撤退[2]。活動の場は小学館の学習雑誌などの月刊雑誌に限定されるようになったが、作風も正統派の児童漫画とは言えなくなったとの批判が増え、ついに1973年には絶筆。雑誌連載だけではなく漫画そのものから完全に退く際には、手塚がしばらく休んで思いとどまるように説得したものの、もはや耳を貸さなかったという。手塚や他の漫画家仲間も近年の寺田には困っていたが、元々の漫画への真面目な信念と技量を思い、何とか復帰させようとしたが、この後にトキワ荘時代の仲間に送られた手紙に書かれてあったのは、現役時代からは想像もつかないほど弱気な内容で、送られた方も驚いたという。

1981年4月に『漫画少年』の歴史を記録した「『漫画少年』史」(湘南出版社刊、ASIN B000J7TRYE )を編纂・出版した。その後はトキワ荘時代の仲間とすら殆ど会わなくなる生活を送り、トキワ荘の取り壊し直前に当時のメンバーが集うテレビ番組が企画がされた際も、寺田は出演依頼を拒否した。このように人を避ける一方で、助言を求めてきた漫画家志望の若者には、直接会ってアドバイスをすることもしばしばあったという。寺田は晩年の1989年毎日新聞のインタビューに答え、「60年(1985年)にちょっとしたカゼがもとで、全身につぎつぎに病気が出た。手塚さんの葬儀にも出席できなかったぐらいです」と明かし、漫画家仲間との断交は自身の健康問題に起因するものだったことを示唆している[2]

他界する約2年前の1990年6月23日、突然トキワ荘の仲間(藤子不二雄藤子・F・不二雄石ノ森章太郎赤塚不二夫鈴木伸一)を自宅に呼んで宴会を催し、終了後、三々五々去ってゆく仲間たちにいつまでも手を振り続け、「もう思い残すことは無い」と家族に話したという。翌日、藤子は礼を伝えるため寺田宅に電話をかけたが、寺田はもはや電話口に出ず、妻を通じて「今後一切世俗とは関わらない」との旨を伝えた[6][4]。なお、この宴会の模様は鈴木がホームビデオで撮影しており、後年ヒストリーチャンネル制作の番組『20世紀のファイルから-証言・あの時、あの人-』(第29話:マンガがすべてだった・「トキワ荘」の頃)[7]で一部が公開されている。鈴木はこの時に撮影したビデオのコピーを寺田に進呈しており、遺族の話では彼は晩年そのビデオを繰り返し観ていたという。

晩年は一人自宅の離れに住み、母屋に住む家族ともほとんど顔を合わせることはなかった。朝から酒を飲み、妻が食事を日に3度届ける生活を続けていたが、朝食が手つかずで置かれたままになっているのを不審に思い、部屋の中に入ったところ、既に息絶えているのが発見された。妻は晩年の寺田について「身体が悪くなって、病院に行ってくれと頼んでも、行こうとしないんです。色々手を尽くして、あきらめました。この人は、もう死にたいんだなって…」と、ただ見守るしかなかった状況を語っている[4]

墓は茅ヶ崎駅を降りて海とは反対側に車で10分ほどの浄見寺という大岡越前の墓所でもある浄土宗の古刹にある。戒名は「博譽残夢漫歩居士」[1]

週刊少年漫画雑誌週刊少年サンデー』に連載された『スポーツマン金太郎』、『背番号0』などの野球漫画は特に有名。試合の場面に中継アナウンサーのコメントを入れるようにした嚆矢であるとされる。又、不慮の事故で失明記憶喪失となった柔道家を主人公にした作品『暗闇五段』は1965年千葉真一主演で『くらやみ五段』としてテレビドラマ化された[8]

1996年の映画『トキワ荘の青春』では本木雅弘が主人公である寺田を演じ、藤子や石ノ森、赤塚らの後輩を年長者としてサポートしていくなか、徐々に時流から取り残されていく寺田の姿が描写されている。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

単行本化作品が僅少な上に、単行本自体が久しく絶版になっており、「トキワ荘」関連や『まんが道』で、その名前は知られているにも関わらず、作品自体を読む事が出来ないという「幻の作家」の一人であったが、2009年2月、マンガショップから、「寺田ヒロオ全集」と銘打った復刻版が出版され、容易に作品が読めるようになった。

  • 白黒物語(『漫画少年』1955年4月号 - 10月号)
  • 背番号0(『野球少年』1956年1月号 - 1960年4月号、『小学四年生』1961年4月号 - 1962年3月号、『小学五年生』1962年4月号 - 1963年3月号、1967年4月号 - 1968年3月号、『小学六年生』1963年4月号 - 1964年3月号、『ボーイズライフ』1964年4月号 - 11月号)
  • スポーツマン佐助(『野球少年』1957年9月号 - 1959年6月号)
  • ラッキーちゃん(『幼年クラブ』1957年)
  • もうれつ先生(『少年』1958年1月号 - 1961年2月号)
  • 五九郎さん(『おもしろブック』1958年新年号 - 1960年6月号)
  • ホープくん(『ぼくら』1958年 - 1959年)
  • スポーツマン金太郎(『週刊少年サンデー』1959年創刊号 - 1960年32号、1961年14号 - 1963年45号、『小学三年生』1962年4月号 - 1963年3月号、『小学五年生』1966年4月号 - 1967年3月号、『小学六年生』1967年4月号 - 1968年3月号、『小学一年生』1969年3月号、『小学二年生』1969年4月号 - 1970年3月号)
  • わんぱく記者(『少年画報』1959年新年号 - 1960年6月号)
  • ホームラン教室(『冒険王』1959年 - 1961年)※後半は赤塚不二夫作画
  • おやまの金ちゃん(『小学一年生』1960年4月号 - 1961年3月号)
  • タマちゃん野球日記(『こども家の光』1961年)
  • きんちゃん(『小学一年生』1961年4月号 - 1962年3月号)
  • カメラマン金太郎(『小学三年生』1962年1月号 - 3月号、『小学四年生』1962年4月号 - 1963年7月号)
  • 代打者(ピンチヒッター)(『少年』1962年4月号 - 1963年2月号)
  • 暗闇五段(『週刊少年サンデー』1963年46号 - 1964年31号)
  • ロボット兄弟(『小学四年生』1964年9月号 - 1965年3月号、『小学五年生』1965年4月号 - 12月号)
  • チビッ子選手金太郎(『小学四年生』1966年4月号 - 1967年3月号)
  • きんちゃんくろちゃん(『小学二年生』1966年9月号 - 1967年3月号)
  • ノンキ先生まんがノート(『週刊少年サンデー』1968年15号 - 22号)
  • その後の、スポーツマン金太郎(『ビッグコミック』1969年3月号)
  • きんたろう(『小学一年生』1969年4月号 - 1970年3月号)
  • カーブくんドロップくん(『小学二年生』1971年4月号 - 1972年3月号)
  • パー子ペー吉(『幼年クラブ』)
  • トキワ荘青春物語(競作)
  • 寺田ヒロオ編:「『漫画少年』史」,湘南出版社 (1981年04月).

関係者・交流のあった人物[編集]

寺田ヒロオを演じた人物[編集]

参考文献[編集]

  • NHK特集「わが青春のトキワ荘 ~現代マンガ家立志伝~」 (1981年放送,50分間); VHS(ポニーキャニオン、PCVK-30030、発売:1989年12月21日)。
  • 寺田ヒロオ最後のトキワ壮同窓会の映像
  • 梶井純トキワ荘の時代―寺田ヒロオのまんが道』、筑摩書房、 ISBN 978-4480051929 (1993年7月)。
  • 朝日放送の番組「驚きももの木20世紀」1995年1月6日の放送分で「トキワ荘の時代 ~マンガが青春だったころ」。
  • 映画「トキワ荘の青春」(1996年公開、製作:カルチュア・パブリッシャーズ)のVHSテープ(1996年11月1日、1999年4月21日)やDVD(2009年10月28日)はバップ(VAP)から発売された。
  • 丸山昭:「トキワ荘実録―手塚治虫と漫画家たちの青春」、小学館(小学館文庫)、ISBN 978-4094034417 (1997年7月)。
  • ヒストリーチャンネル:番組「20世紀のファイルから-証言・あの時、あの人-」の第29話『マンガがすべてだった・「トキワ荘」の頃』(制作:東北新社/ヒストリーチャンネル・ジャパン)※ 初放送の確定必要。https://www.youtube.com/watch?v=y1w9iP1yWKs

脚注[編集]

  1. ^ a b c 川本三郎「『テラさん』の残した夢『時には漫画の話を』(小学館 2012年pp.62-74)。
  2. ^ a b c d e f g h 寺光忠男『正伝・昭和漫画 ナンセンスの系譜』毎日新聞社、1990年 pp.78-101「『トキワ荘』と新漫画党」
  3. ^ 寺田の死後、棚下は「寺田は自分を律してたから…そして、そこからはみ出してはいけない…っていう。かなり自分の中に重圧があって、苦しんで生きてたと思うんですね。自分で自分に規律を持って、そこからはみ出してはいけない…っていう。私なんか全く反対の人間だから、それが羨ましいって彼は言うんです。逆に私は、寺田の鉄のような部分が羨ましかったんですけど、だけど寺田は私のような八方破りな生き方が羨ましい…っていう。結局、彼は自分がそういう生き方をしたいと思うことを、漫画に描いてみたかったんじゃないでしょうか。寺田は、描いてる人間に自分を同化させようとしてたところがある」と振り返っている。
  4. ^ a b c 特集 寺田ヒロオ(3)「もうれつ先生」”. チンピラ☆バカ一代 (2013年10月7日). 2014年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  5. ^ 武居俊樹 『赤塚不二夫のことを書いたのだ』 文春文庫2007年、106頁。ISBN 978-4167717315
  6. ^ この時の寺田について藤子は「緩慢な自殺」と述べている。またこの時期、棚下によく電話をかけていたという。電話口で泣きながら「会いたい」という寺田に「今すぐ行く」と伝えると「いや、来ないでくれ」「会いたいけど、来ないでくれ」と訴える状況を振り返り、棚下もまた「結局ね、寺田は死にたかったんじゃないかな…。寺田は、ゆっくりゆっくり死んでいったんじゃないかな」と述べている。
  7. ^ ヒストリーチャンネルオリジナル制作番組 過去放送分”. ヒストリーチャンネル. 2014年6月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月26日閲覧。
  8. ^ くらやみ五段”. テレビドラマデータベース. 2014年6月26日閲覧。