まんが道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
まんが道
ジャンル 自伝漫画
漫画:まんが道(立志編・青雲編)
作者 藤子不二雄
出版社 少年画報社
その他の出版社
中央公論新社
掲載誌 週刊少年キング
発表号 1977年46号 - 1982年22号
漫画:愛…しりそめし頃に…
作者 藤子不二雄
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックオリジナル増刊
発表号 1989年12月号 - 2013年5月号
テレビドラマ
原作 藤子不二雄
脚本 大久保昌一良
制作
放送局 NHK総合
放送期間 1986年11月17日 - 12月5日
話数 15
テレビドラマ:まんが道 青春編
原作 藤子不二雄
脚本 布勢博一
演出 森平人
制作
放送局 NHK総合
放送期間 1987年7月27日 - 8月14日
話数 15
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画テレビドラマ
ポータル 漫画テレビドラマ

まんが道』(まんがみち)は、藤子不二雄の自伝的漫画作品、及びそれを原作としたドラマ作品。作者は藤子不二雄漫画家を目指す2人の少年の成長を描いた長編青春漫画である。続編的作品である『愛…しりそめし頃に…』を含めると、藤子不二雄によるシリーズとしては最長連載作品で、シリーズの連載は43年間の長期にわたり続いたが、2013年に完結した。

概要[編集]

1970年(昭和45年)から1972年(昭和47年)まで、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)に連載されたマンガ入門講座「チャンピオンマンガ科」4ページ分のうち2ページ分が「マンガ道」として掲載された。その後、1977年(昭和52年)から1982年(昭和57年)まで『週刊少年キング』(少年画報社)に連載される。掲載誌の休刊に伴って未完のまま終わったが、その後『藤子不二雄ランド』(中央公論社)の巻末連載まんがに引き継がれた。1995年から、続編の『愛…しりそめし頃に… 満賀道雄の青春』が『ビッグコミックオリジナル増刊』(小学館)で2013年4月まで連載された。

実話を軸に創作を織り交ぜた形(作者曰く「実話7割、フィクション3割」とのこと)になっており、掲載誌の変遷に伴い自伝的性格を強めていることも指摘されている。手塚治虫をはじめとして、主人公をとりまく当時の漫画家たちの多くが実名で登場し、出版社や雑誌もそのまま描かれているため、戦後漫画草創期の貴重な記録にもなっている。また、この作品を読んで漫画家を目指した者も多いと言われている。

また作中には、藤子不二雄が当時描いたいくつかの作品(「西部のどこかで」「海抜六千米の恐怖」「ある日本人留学生からのローマ便り」など)がそのままの形で収録された。それらの作品はいずれも単行本に収録されていなかった。ただし、「天使の玉ちゃん」などについては当時掲載されたままの形ではなく、作者が連載時に改めて描き直したものとなっている。

1986年1987年NHK銀河テレビ小説でドラマ化。2006年秋には、同ドラマがDVD Vol.1&Vol.2として発売された。

2014年、第18回手塚治虫文化賞特別賞を続編を含めて受賞した。

あらすじ[編集]

大長編であり、年代順に「あすなろ編」「立志編」「青雲編」「春雷編」「愛…しりそめし頃に…」となっている。富山県高岡市定塚小学校に転校してきた主人公の満賀道雄(まが みちお、作者藤子不二雄自身がモデル)が、才野茂(さいの しげる、藤子・F・不二雄がモデル)と出会い、漫画を通して意気投合し、同人誌を出したり漫画雑誌に合作を投稿したりしながら、ついにプロ漫画家としてデビュー。その後、「満才茂道(まさい しげみち、藤子不二雄がモデル)」として活躍するまでを描く。

あすなろ編[編集]

『週刊少年チャンピオン』に1970年8号から1972年30号に連載された。元々はマンガ入門講座「チャンピオンマンガ科」の枠内で「マンガ道」というタイトルで連載されており、「あすなろ編」というタイトルは後日付けられたものである。この「あすなろ」という言葉は、最後のコマに掲載された井上靖『あすなろ物語』の一節より採られている。

2人の出会いから、宝塚手塚治虫宅訪問までを描く。シリーズの中で最もフィクション色が強く、半自伝的な趣である。

立志編・青雲編[編集]

『週刊少年キング』に1977年46号から1982年22号に連載された。手塚先生訪問から、満賀の新聞社就職、足塚茂道として漫画家デビュー、上京、トキワ荘引越、原稿大量落とし事件、『漫画少年』廃刊、満才茂道改名までを描く。書かれた時期によって順番に『立志編/青雲編/青春編/奔流編/再生編』となり、単行本では「立志編」を除く4編をあわせて「青雲編」としている。『週刊少年キング』に連載されたため「キング編」とも呼ばれる。「あすなろ編」のラストと「立志編」の最初に書かれている手塚宅訪問は内容が重複している。なお、手塚訪問の話は手塚側の作品には登場しない。『週刊少年キング』の休刊に伴い、連載が終了した。そのためか、巻末には「未完」と書かれている。

春雷編[編集]

NHK銀河テレビ小説』でのドラマ化を受け、1986年から1988年に『藤子不二雄ランド』NO.115 - NO.188の巻末に月1回ペースで連載された。全24話。「キング編」の最終回から続く形となっており、鈴木伸一アニメーターになるためトキワ荘を出ていくまでを描く。絵柄は全体的にキャラクターの頭身を下げて丸っこくしてあり、満賀と才野の顔のカラス口も無くなった。

愛…しりそめし頃に…[編集]

続編として『ビッグコミックオリジナル増刊』に掲載されていた作品。1989年12月号と1990年4月号に読み切りとして掲載された後、1995年12月号より正式な連載が開始され、2013年4月12日発売の『ビッグコミックオリジナル増刊』2013年5月号で完結した。『愛…しりそめし頃に…』の完結をもって、「あすなろ編」から通算して43年の歴史に幕を下ろした[1]。単行本では『愛…しりそめし頃に… 満賀道雄の青春』というタイトル表記になっている。略称は「愛しり」。

少年誌から青年誌へ連載の舞台が変わったこともあり、キャラクターの風貌がそれまでの少年誌向けの子供っぽいものから、年齢に相応の青年らしいものに変更されている。内容も満賀の私生活のエピソードが中心となり、才野の出番は大幅に減った。

タイトルが暗示する通り、青春時代の満賀の恋愛模様が多く描かれており、夜の繁華街の描写が多数あるなど、『まんが道』の時よりも読者の対象年齢は上がっている。しかし連載終了して間もなく「思ったほど大人向けの色気が少なかったのでわざわざタイトルを変える必要なんてなかったかも。」と語っている。また、エピソードの最後のコマではその回の内容に合わせた詩や歌詞が作者名と共に引用されて締めくくられるが、そのほとんどが藤子不二雄Aの変名による架空のものである[2]

「春雷編」からの続きになっているが、満賀が手塚の手伝いをするシーンで、既になくなったはずの『漫画少年』の原稿を描いているなど過去作との矛盾点も存在する。また、トキワ荘で同じ部屋に暮らしていた満賀と才野が別々の部屋で暮らすようになっていたり、才野の顔の描写が変わっていたり、それまで実名で登場していた「森安なおや」の名前が「風森やすじ」に変更されている[3]。トキワ荘を退去してから描いた『怪物くん』の制作秘話がトキワ荘時代として語られるなど、時系列も実際とは異なる部分が多い。

単行本では巻末附録として、作品中に登場した漫画が雑誌掲載時のまま復刻されていたり、藤子不二雄がスクラップしていた当時のこまごまとした記録が収録される。2巻では『愛…しりそめし頃に…』の連載中に亡くなった藤子・F・不二雄について書かれた「さらば友よ」が収録されている。

藤子不二雄Aが2022年4月7日に逝去した事を受け、追悼企画として『ビッグコミックオリジナル』の同年13号(6月20日発売)にて最終話が再掲載された[4]

まんが道スペシャル[編集]

春雷編開始直前に小学館月刊コロコロコミック』創刊101号記念として1986年9月号に読切で掲載された。その後は長らく陽の目を見ることがなかったが、2007年12月刊行の『熱血!!コロコロ伝説』VOL.5(ISBN 978-4-09-106346-5)に収録された。スペシャル描き下ろし「まんが道30年」を併録。

単行本[編集]

現在絶版のもの[編集]

  • 漫画家修行 まんが道』(秋田書店)全1巻 - 新入門百科シリーズの1冊。「あすなろ編」を収録。
  • 『まんが道』ヒットコミックス(少年画報社) 全19巻 - 「立志編」「青雲編」を収録。
  • 『まんが道』藤子不二雄ランド中央公論社)全23巻 - 「あすなろ編」「立志編」「青雲編」を収録。
  • 『愛蔵版 まんが道』(中央公論社)全4巻 - 「立志編」「青雲編」「あすなろ編」を収録。藤子不二雄ランドと収録順が異なる。
  • 『第二部 まんが道』藤子不二雄ランドスペシャル(中央公論社)全2巻 - 「春雷編」を収録。

現在入手可能なもの[編集]

  • 『まんが道』中公文庫(中央公論新社)全14巻 - 「あすなろ編」「立志編」「青雲編」「春雷編」を収録。ただし「あすなろ編」の終盤(「立志編」との重複部分)は割愛されている。
  • 『愛…しりそめし頃に… 満賀道雄の青春ビッグコミックススペシャル小学館)全12巻 - 巻末には当時の漫画の復刻や資料などが収録されている。
  • 『まんが道』藤子不二雄ランド(ブッキング)全23巻 - 「あすなろ編」「立志編」「青雲編」を収録。
  • 熱血!!コロコロ伝説』Vol.5(小学館) - 「まんが道スペシャル」を収録。
  • 『まんが道』GAMANGA BOOKS(小学館クリエイティブ)全10巻 - 「あすなろ編」「立志編」「青雲編」「春雷編」を収録。四六判。また、カラーページを初収録。各巻には、ファンである漫画家や著名人のインタビューが収録されている。

テレビドラマ[編集]

まんが道
ジャンル テレビドラマ
原作 藤子不二雄
・Fコンビ解消前の作品)
脚本 大久保昌一良(第1作)
布施博一(青春編)
出演者 竹本孝之
長江健次
音楽 堀井勝美
オープニング 竹本孝之
HOLD YOUR LAST CHANCE
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作 NHK
放送
放送局NHK総合
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
まんが道
出演者(共演者)
冨士眞奈美
天地総子
蟹江敬三
放送期間1986年11月17日 - 12月5日
放送時間月曜 - 金曜 21:40 - 22:00
放送枠銀河テレビ小説
放送分20分
回数15
まんが道 青春編
出演者(共演者)
河島英五
水前寺清子
森高千里
放送期間1987年7月27日 - 8月14日
放送時間月曜 - 金曜 21:40 - 22:00
放送枠銀河テレビ小説
放送分20分
回数15
テンプレートを表示

銀河テレビ小説・まんが道[編集]

1986年11月17日から12月5日まで、NHK総合の「銀河テレビ小説」枠で放映された[5]。全15話。

高岡での学生時代から漫画家デビュー、立山新聞社時代を経て、上京するまでをドラマ化したもの。基本的に原作に準じた作品であるが、主人公2人のイメージが入れ替えられており、主役で背の高い満賀を竹本孝之、メガネで背の低い才野を長江健次が演じている。また、満賀・才野両名が高校卒業前に手塚治虫に会いに行く先は、東京のトキワ荘になっている[注 1]

高岡高校の旧校舎がロケに使われた。

2006年9月22日、「まんが道 Vol.1」として、ジェネオンエンタテインメントより2枚組DVDが発売された(定価9,975円)。

2022年8月10日と11日[注 2]に、NHK総合にて再放送が行われた。

キャスト[編集]

立山新聞社[編集]
東京[編集]

スタッフ[編集]

銀河テレビ小説・まんが道 青春編[編集]

1987年7月27日から8月14日まで、前作に引き続き「銀河テレビ小説」枠で放送された。全15話。

前作の続編となっており、一部を除いて主要キャストに変更はない。上京から新漫画党結成、トキワ荘引越、原稿大量落とし事件、再起までをドラマ化したもの。作者である安孫子素雄が2人を激励する飲み屋の客として出演したことが話題となった。また石森章太郎役は実の息子である俳優の小野寺丈が演じた[5]

2006年10月25日に「まんが道 Vol.2 青春編」として、ジェネオンエンタテインメントより2枚組DVDが発売された(定価9,975円)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 藤子不二雄
  • 脚本 - 布勢博一
  • 音楽 - 堀井勝美
  • 主題歌 - 竹本孝之『HOLD YOUR LAST CHANCE』
    • 前作と異なり、2番の歌詞が放映された。
  • 美術 - 金沢譲太郎
  • 撮影 - 吉野照久
  • 照明 - 新藤利尺
  • 演出 - 森平人
NHK総合 銀河テレビ小説
前番組 番組名 次番組
愛の短編ドラマシリーズ
(1986年11月10日 - 11月14日)
まんが道
(1986年11月17日 - 12月5日)
金婚式
(1987年1月5日 - 1月23日)
四捨五入殺人事件
(1987年7月6日 - 7月24日)
まんが道 青春編
(1987年7月27日 - 8月14日)
お入学
(1987年8月31日 - 10月9日)

史実との相違[編集]

『まんが道』は自伝的作品ではあるが自伝そのものではないため、史実と異なる描写や、時系列が異なっていることも多い。以下、主なものを挙げる。

2人の出会い
劇中では戦争が終わってから疎開先である下新川郡から満賀が才野の学校に転校してくるが、実際には1944年(昭和19年)に氷見市で住職をやっていた安孫子の父親が亡くなったため、伯父を頼って高岡に引っ越している[13]。「昭和20年9月」に出会ったことになっている劇中では満賀がマッカーサーの絵を描いているところを才野がほめたことになっているが、実際には終戦前であるため、描いていたのはマッカーサーではなく、チャンバラの絵であった。
手塚治虫を知るきっかけ
劇中では『新宝島』で知ったことになっているが、実際には藤本が「毎日小学生新聞」をとっていて、そこで『マアチャンの日記帳』を読んだのが最初である[13]
中学・高校生活
劇中では満賀と才野は同じ中学・高校に通っているが、実際には安孫子は富山県立高岡高等学校、藤本は富山県立高岡工芸高等学校に進学している。
手塚治虫に見せた原稿
劇中では初めて手塚治虫に会ったときに満賀と才野は『UTOPIA』の原稿を持って行っていき手塚に見せないまま帰宅しているが、史実では持参した原稿は『ベン・ハー』であり、手塚にその原稿を見せている。
才野茂の退社
劇中では才野は就職後1日で会社を辞めているが、実際には藤本は数日務めていた。
『UTOPIA』単行本の最後
実際に鶴書房から出版された『UTOPIA』の単行本は、最後の別の作家の手によるコマが無断で付け加えられており、藤子両名は強い不満を感じていた。
上京時期
劇中では「昭和29年1月20日」となっているが、実際には同年(1954年)6月(劇中でも回想シーンなどで6月に上京したことになっている箇所がある)。
映画公開時期
劇中では上京した「昭和29年」に手塚治虫と一緒に『ヴェラクルス』を見ているが、実際の日本での映画公開時期は翌1955年(昭和30年)。
ジャングル大帝』の描写
劇中では満賀が手塚の『ジャングル大帝』最終回を手伝った際、「アフリカは生きとし生けるものすべてを大自然の中に吸収して…」というナレーションが描かれているが、これは後に『ジャングル大帝』単行本化の際に描き直された最終回である。当時実際に安孫子が手伝った『漫画少年』初出の最終回では「アフリカのふるいものがたりはおわった。でも、もうあたらしいものがたりがはじまろうとしている」というナレーションで幕を閉じている。
作品公開時期
劇中では『バラとゆびわ』と『チビわかまる』を同時に執筆しているが、実際には『バラとゆびわ』は1955年(昭和30年)、『チビわかまる』は翌1956年(昭和31年)で、執筆時期に1年ほどの時差がある。『十字架上の英雄』は「漫画少年」の休刊に伴い掲載されなかったことになっているが、実際には休刊前年の昭和29年11月号に掲載されている。その他、発表時期が史実と異なるものや、合作でないのに劇中では合作として扱われているものが多くある。『怪物くん』に至っては、実際の発表時期とマンガ内の描写に10年近いズレがある。
原稿を大量に落とした時期
劇中では「昭和30年夏」となっているが、実際には同年正月に富山に帰省した際に原稿を落としている。
ペンネーム変更時期
劇中では大量に仕事を落としてしまった後、再起するためにペンネームを「足塚茂道」から「満才茂道」に変えているが、実際には「足塚不二雄」を名乗っていたのは『UTOPIA』など初期だけで、デビュー後1年ほどで「藤子不二雄」に改めており、仕事を落とした際のペンネーム変更はない。
寺田ヒロオの引退時期
劇中では満賀たちがまだトキワ荘で暮らしている時期に寺田は筆を折っているが、実際に完全に引退するのは1970年代。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 史実においては手塚がトキワ荘に転居するのは1953年で、1952年3月時点ではトキワ荘はまだ建物も存在していない。
  2. ^ 当初は8月10日に第1話 - 第8話、11日に第9話 - 第15話をそれぞれ放送予定であった[6][7]。しかし、10日の放送分において、第3話の放送途中であった11日の午前0時35分頃に北海道中川町震度5弱を観測する地震が発生(その後、0時53分頃には同町で震度5強を観測する地震が発生)した[8]ことに伴い、放送途中で打ち切り、報道特別番組に変更。このため、11日に第3話 - 第9話が改めて放送された[9]。第10話 - 第15話については別日に放送予定(放送日未定)[9]
  3. ^ 同時期に、テレビ朝日版『オバケのQ太郎』で主演を務めた。

出典[編集]

  1. ^ “まんが道:43年の歴史に幕 続編「愛…しりそめし頃に…」が完結”. まんたんウェブ (MANTAN). (2013年2月12日). https://mantan-web.jp/article/20130211dog00m200023000c.html 2022年8月11日閲覧。 
  2. ^ 『三栄ムック まんが道大解剖』三栄書房、2017年、P78~80、『「愛…しりそめし頃に…」心に残る結びの詩15選!』
  3. ^ 第9巻で、森安と表記されたが、第10巻では再び、風森に変更された
  4. ^ 藤子不二雄Aさん:「ビッグコミックオリジナル」で追悼企画 「愛…しりそめし頃に…」最終話掲載 「ビッグコミック」表紙も”. MANTANWEB. MANTAN (2022年6月10日). 2022年8月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 番組エピソード|銀河テレビ小説「まんが道」”. NHK放送史|NHKアーカイブス. 日本放送協会. 2022年8月11日閲覧。
  6. ^ a b c d ドラマ「まんが道」全15話、今夜から2日間にわたり一挙再放送”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年8月10日). 2022年8月11日閲覧。
  7. ^ a b 竹本孝之 office TOMORROW [@officeTOMORROW] (2022年8月10日). "『まんが道・再放送』 竹本孝之主演及び主題歌 NHK総合「銀河テレビ小説 まんが道」再放送決定。 【再放送日】NHK総合 8/10(水)23:45~翌日2:28 第1~8回 8/11(木)23:45~翌日2:07 第9~15回<終>…" (ツイート). Twitterより2022年8月15日閲覧
  8. ^ 北海道で震度5強と震度5弱 地震相次ぐ 津波の心配なし”. NHK NEWS WEB. NHK報道局 (2022年8月11日). 2022年8月11日閲覧。
  9. ^ a b NHK広報局 [@NHK_PR] (2022年8月11日). "【「まんが道」の放送について】地震のニュースで中断した「まんが道」ですが、きょう夜11:45から第3話〜9話を放送します。 10話〜15話の放送については、追ってお知らせします。…" (ツイート). Twitterより2022年8月15日閲覧
  10. ^ 冨士眞奈美 - NHK人物録
  11. ^ 天地総子 - NHK人物録
  12. ^ a b c d e f g h 藤子不二雄”となる二人の青年が手塚治虫に憧れて漫画家を目指す物語「まんが道」”. ドラマ情報. 日本放送協会 (2022年7月20日). 2022年8月11日閲覧。
  13. ^ a b 『ワンダーランドスペシャル 藤子・F・不二雄の世界』小学館、1997年、62頁。 

外部リンク[編集]